丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。
※リンクフリーです。
※当ブログに掲載している写真や記事の無断引用は、固くお断りしております。

道東

道東をめぐる旅~2022冬編~ 2日目

 今日も昨日に引き続き晴れ予報。

 欲張って、マジックアワーのはるにれの木と大津海岸での日の出を狙いに。

 今日の日の出時刻は6時20分頃なので、5時前にホテルを出発して5時半に到着。

 夜明け前のはるにれの木
P2190717@

 日の出に間に合わせるため、6時前にここを出発。

 大津海岸に到着し、駐車場まで行くと何と満車。

 仕方なく、少し離れたコミュニティーセンターの駐車場へ。

 大津海岸に到着した時は、日の出の直後となってしまいました。
P2190723@

 凄い人ですね。
P2190727@

 まあ屋外なので、この程度なら問題ないでしょう。

 海はけあらしが上がっていますね。
P2190733@

 波が引いた直後の砂浜が、朝日で輝いています。
P2190746@

 さあ、ここからは、透き通った綺麗な氷探しの始まりです。
P2190728@

 多くの氷がくすんでいたり、泥が付いていたりなので、あまり絵になりそうにないものばかり...

 波打ち際にあるのがベストなのですが、これだけ人が多いと、そのような氷の争いは熾烈です(笑)

 ちなみに私は、氷を持って運ぶなど、人工的に手を加えるようなことは一切しません。

 あくまで自然のなすがままの状態を撮影。

 よって、他の方が綺麗に積み上げた氷を撮影することもありません。

 目に付けたのはこの氷。
P2190750@

 あまり透き通っていませんが、波打ち際にありポジションはベスト。
P2190751@

 打ち寄せる波が様々な光景を演出してくれます。
P2190756@
P2190766@
P2190772@
P2190777@
P2190779@
P2190781@

 次はこちらの氷。
P2190786@
P2190787@
P2190789@

 あまり夢中になりすぎると、朝食と朝風呂を逃してしまうので、ここで朝活終了。


 ホテルに戻って朝食を頂き、「丘の上の美人の湯」でまったり。

 今日は、道の駅めぐりを行うことに。

 ルートは、なかさつない⇒さらべつ⇒忠類⇒コスモール大樹⇒うらほろ。

 実はガチャピンズラリーに密かに参戦しようと思っています。

 まずは、「なかさつない」に行く前に幸福交通公園へ。
P2190798@

 そして「なかさつない」を経由して、「さらべつ」で昼食。
IMG_0692@

 北海道を車で旅していると、必然的に道の駅で食事する機会が多くなりますが、ここもよく利用させて頂いている道の駅。
 
 リーズナブルな価格で本格的な十勝豚丼を戴くことができます。

 次は「忠類」へ。

 ナウマン象記念館に初めて入ってみました。
IMG_0696@
IMG_0698@
IMG_0701@
IMG_0709@

 その後、「うらほろ」に向かう途中、大津海岸に寄り道。

 昨日はピーカンの青空でしたが、今日は薄っすらとした雲が空一面を覆い強い陽射しが期待できない状況。
P2190816@
P2190819@
P2190826@
P2190842@
P2190845@
P2190847@


 その後、「うらほろ」を経由して、早めにホテルへ。

 12階の宿泊者限定「展望大浴場」を独り占めしてまったり。

 夕食はバイキング。
IMG_0711@

 盛り付けが下手なので、見せれるような代物ではありませんが、右下の豚しゃぶは絶品。


 最終日の明日は雪予報。

 はるにれの木まで約30km。

 吹雪くとの予報もあり、フラッシュを焚きにそこまで行く若さもないので、明日は朝活を止めて、温泉三昧しようと思います。

 
↓↓ ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2022冬編~ 初日

 冬の道東、十勝の旅。

 目的はジュエリーアイス+はるにれの木。

 今年のジュエリーアイスは不作との情報があちこちから入ってきたので、今月に入ってからは、ジュエリーアイス通信で日々氷の打ち上がり状況を確認。

 すると一昨日に一気に大量の氷が上がったとの情報が。

 期待を胸に、帯広空港からまっすぐ大津海岸へ。

 情報通り、海岸沿いには一面大量の氷が打ち上っていました。

 ここからは、ライブNDフィルターが大活躍。
P2180590@
P2180614@
P2180620@
P2180649@
P2180659@
P2180672@

 陽が高い時間帯であっても、NDフィルターなしの手持ち撮影で、このような作品が簡単に撮れる時代になってきました。

 今宵の宿に向かう途中、はるにれの木へ。
P2180709@

 茜色の光に包まれていました。


 今回の宿泊先は、ロビーに「A型フォード・カブリオレ」が展示してある幕別町のホテル。
IMG_0678@

 「丘の上の美人の湯」がある温泉宿として知られています。

 幕別町といえば、高木美帆さん菜那さん姉妹の出身地として有名なオリンピアンの町。

 陸上女子短距離の福島千里さんも幕別町出身です。

 昨日の高木美帆さんの金メダル獲得で、さぞかし活気があるかなと思いきや、コロナの影響で宿泊客もほとんどおらず、閑散とした状況。

 「丘の上の美人の湯」にゆったりと浸かって、明日の早起きに備えたいと思います。


↓↓ ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
              

道東をめぐる旅~2021晩秋編~ 最終日

 朝5時。

 昨夜、かなり強い雨に見舞われましたが、空には星が見えたので、朝活決行。

 今日も風連湖にそそぐヤウシュベツ川河口が眺望できる万年橋へ。
PB150645@

 昨日と違い、空に雲があり、河口付近も少し波立っています。
PB150648@

 そして日の出。
PB150661@
PB150662@
PB150663@

 この橋に30分ほどいましたが、国道にもかかわらず、通り過ぎた車はわずか3台。

 静寂で美しい朝を満喫できました。

 そして走古丹へ。
PB150679@

 走古丹原生花園に屯しているエゾシカ。
PB150035@

 今回、エゾシカの写真は全くアップしておりませんでしたが、走古丹の早朝は、道路エゾシカの宝庫です(笑)
PB140500@

 宿に戻り、風連湖のリフレクションにお別れしつつ、チェックアウト。
PB150681@


 初日に羅臼に泊まった時、らうす観光クーポン券を3000円分頂いていたので、ブランチとお土産を買いに。
IMG_0073@

 羅臼に入った途端、フロントガラスに水滴が落ち始めたと思ったら、見事な虹がみえたので、峯浜パーキングへ。
PB150691a@

 純の番屋さんに行ったところ閉まっていたので、道の駅「知床食堂」さんでへ。
IMG_0140@


 飛行機までの時間、野付半島へ。
PB150693@
PB150706@
IMG_0144@


 今回の晩秋の道東旅、光に恵まれたとても良い旅になりました。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2021晩秋編~ 3日目

 日の出前、風連湖にそそぐヤウシュベツ川河口へ。
PB140453@

 鏡のような水面が、空のグラデーションをそのまま映しでしてくれました。

 そして日の出は、本別海一本松が小さく見える場所で。
PB140475@

 すぐに場所を移動し、走古丹の三匹の子ぶたの家へ。
PB140481a@
PB140491@

 根室の戻り、春国岱へ。
PB140526@

 今の季節は、白鳥たちの楽園。

 対岸沿いにタンチョウのつがいが見えました。
PB140003@

 宿の前にも多くの白鳥が。
PB140531@

 朝活を終えて、風呂休憩。

 天気予報では早朝のみが晴れでしたが、10時くらいまで晴れそうな予報に変ったので、霧多布方面に行ってみることに。

 霧多布湿原
PB140536@
PB140541@

 アゼチの岬より
PB140552@

 霧多布岬を望む
PB140555@

 久しぶりの根室車石
PB140570@

 野付湾と違い、やはり太平洋の波は荒々しいですね。
PB140582@


 ランチはマイウイングさんで、ミルフィーユかつのエスカロップ。
IMG_0108@

 暖炉のあるお店って、いいですね。
IMG_0106@


 せっかく根室に来たからには、ここに立ち寄らない訳はいきません。
PB140592@

 雲が多く暗くなってきたので、夕食までの時間潰しに、ドライブがてら旧奥行臼駅逓所へ。
PB140595@

 午後3時過ぎ、走古丹に行くと、西の空が少し明るくなってきました。
PB140598@

 そこで、ヤウシュベツ川河口に行ってみると、夕陽に輝いていました。
PB140606@


 夕食は、根室花まるさんへ。
IMG_0123@
IMG_0116@
IMG_0117@
IMG_0122@
IMG_0120@

 花まるさんも美味しいですが、個人的にはやはりトリトンさんに軍配を挙げたいと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

道東をめぐる旅~2021晩秋編~ 2日目

 夜明け前の根室海峡
PB130031@

 遠くに国後がクッキリ。

 漁船の漁火が灯っています。
PB130037@
PB130049@

 羅臼の街も明るくなってきました。
PB130052@

 もうすぐ陽が昇ってきそうです。
PB130089@

 6時17分、国後からの日の出
PB130119@

 根室海峡にも陽の光があたり始めました。
PB130129@

 上空の雲も陽があたり輝き始めました。
PB130135@

 朝活を終えて、凍れた身体を温泉で温めて、朝食。

 宿をチェックアウトし、一路、野付半島へ。

 今度は南側から国後を眺望。
PB130181@

 野付崎灯台
PB130165@

 そしてトドワラへ。
PB130176@
PB130201@

 ここの木道は狭いので、このように両側に手すりが欲しいですね。
PB130208@

 木道周辺のトドワラは、立木がほどんどなくなってしまいました。
PB130212@
PB130220@

 次はナラワラへ。
PB130229@
PB130231@

 野付半島に囲まれた野付湾は、水深が浅く波立たないので、海本来の青さを感じますね。
PB130259@
PB130274@

 次回は打瀬舟の季節に来ようと思います。

 お昼は、道の駅「おだいとう」で別海ジャンボホタテバーガー。
IMG_0097@

 この地に来ると、北方領土問題を身近に感じますね。
IMG_0099@
PB130287@

 本別海一本松
PB130318@

 そして走古丹へ。
PB130308@

 この三軒の古い番屋は「三匹の子ぶたの家」と呼ばれているそうです。

 そして根室へ。

 この季節、午後2時を過ぎると陽がかなり傾き始めてしまいますね。

 今日の最後は春国岱で。
PB130388@
PB130397@
PB130424@

 今宵の宿泊先は、レイクサンセットさん。
IMG_0103@

 3年前の夏にお世話になった、ログコテージです。
 (車は、今回お借りしているヤリス)

 目の前には風連湖が広がります。
PB130439@
PB130002@



↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2021晩秋編~ 初日

 今回は、晩秋の道東放浪旅。

 宿泊地として羅臼と根室を拠点に、行き先を決めず、気の赴くままの撮影旅。

 根室中標津空港を後にしたのは、既に14時半。

 今日の宿泊地である羅臼を目指します。

 斜里岳はまだ冠雪してませんね。
PB120002@

 一方、知床連山は少し冠雪していました。
PB120010@

 羅臼の道の駅に着くと、夕陽に照らされて国後島が輝いていました。
PB120018@
PB120016@

 そして今宵の宿泊先へである 知床羅臼の宿まるみ さんへ。

 2018年夏に一度お世話になったことがあるので、約3年ぶり。

 閑散期のためか、部屋をグレードアップしていただきました。
IMG_0070@

 まるごとオーシャンビューのお部屋で、岩盤浴つきです。
IMG_0071@

 この宿は、新館8階に展望台があり、遥か国後島を望むことができます。
IMG_0068@

 展望台に出てみると、国後方面は夜の帳が下りてしまいましたが、南西の空が少し焼けていました。
PB120025@
PB120021@


 夕食は御覧の通りの豪勢さ。
IMG_0080@

 お刺身、タラバガニ、ホッケ、魚のフライなどの美味しい海の幸に加え、ジンギスカンまでも。
IMG_0082@

 こうなることを予想して、今日は朝・昼抜きで来ましたが、はち切れんばかりの満腹感。


 明日は晴れ予報。

 8階展望台より、国後から昇る日の出が見れることを願いつつ、これからお風呂と岩盤浴とサッポロクラシックを満喫したいと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2021秋編~ 最終日

 朝4時半

 ホテルの窓から屈斜路湖を眺めると、星が見える空。

 ホテルを出発し、美幌峠に5時半前に到着。

 すでに10名くらいのカメラマンたちがいましたが、一番奥が空いていたので、ベストポジションを獲得。

 日の出直前の屈斜路湖。
PA181057@

 残念ながら朝霧は期待できそうにありませんが、とても美しい夜明け。

 5時44分、陽が出てきました。
PA181070@

 上空に向かって微かにサンピラーが見えてきました。
PA181087@

 屈斜路湖周辺の紅葉を明るく輝かせ始めました。
PA181100@

 その後は、和琴半島へ。

 風がないため、昨日に比べて湖面はとても穏やか。
PA181118@
PA181136@

 しかし、所々でけあらしが湧き上がっていました。
PA181105@
PA181108@
PA181142@

 朝活を終えて屈斜路プリンスホテルに戻り、露天風呂♨️

 そして光あふれる朝食会場で🥞
IMG_9903@
IMG_9901@

 ホテルをチェックアウトし、女満別空港に向かう途中、ちょっと寄り道。

 常呂いっぽんの木
PA181152@

 昨年春にある方から教えて頂いた場所で、女満別空港を経由する際はぜひ立ち寄ろうと思っていたのですが、相次ぐ緊急事態宣言により、オホーツクへの旅は何度もキャンセル。

 ようやく今回、たどり着くことができました。

 イタヤカエデの木、少し紅葉してきましたね。

 反対側には能取湖が広がります。
PA181154@


 女満別空港に着き、搭乗までの間、北見産オニオンリングをつまみに、サッポロクラシックとじゃがいも焼酎「清里」
IMG_9905@

 北見産の玉葱、メッチャ甘くて美味しいですよ。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

道東をめぐる旅~2021秋編~ 2日目

 足寄の朝4時半。

 窓から外を見ると雨。

 雨雲レーダーで確認すると、オンネトー周辺はかなりの豪雨の様子。

 おそらく、7時くらいまで雨が続きそうなので、残念ながら朝活は中止。

 その後、足寄市街はほぼ雨が上がったので、7時半にチェックアウト。

 国道241号線を走行していると、再び雨が。

 そして、オンネトーに近づくと、気温は1℃まで下がり、雪が降ってきました。

 誰もいないオンネトーの静かな朝。
PA170832@

 よく見ると、湖面からけあらしが吹き上がっていました。。
PA170824@
PA170831@

 風が少しあるので、残念ながらリフレクションは持ち越し。

 いったん、オンネトーを離れ、道の駅「摩周温泉」を目指します。

 道の駅で小休憩のあと、900草原へ。
PA170883@

 昼食は、弟子屈総本店さんで、弟子屈辛味噌ラーメン🍜
IMG_9896@

 昼食後は、再びオンネトーへ。

 多少風はあるものの、ようやくリフレクションっぽく見える湖面に出会うことができました。
PA170919@
PA170918@

 展望デッキに行くと、残念ながら少し波立っていました。
PA170937@
PA170938@

 その後は、一路摩周湖へ。
PA170942@

 川湯温泉を抜けてクッシー街道に入ると、砂湯までの数Kmの間、見事なまでの紅葉のトンネル。
 
 屈斜路湖畔の紅葉
PA170948@

 和琴半島から見る屈斜路湖は、風が強くて海のように波立っていました。
PA170972@

 右端に見えるのが、今宵の宿泊先です。

 美幌峠より望む屈斜路ブルーの世界。
PA170992@

 今宵の宿泊先は、屈斜路プリンスホテル。

 チェックイン後、さっそく屈斜路湖畔へ。

 日没後のブルーモーメント
PA171015@

 ライブNDフィルターを使って、手持ちSS5秒の世界。
PA171026@
PA171028@


 今日、美幌峠でデビューを飾った「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」
IMG_9898@

 軽量コンパクトながらも解像度もバッチリ。

 広角ズームでありながらレンズ前玉が飛び出ておらず、フィルター装着可能なのもありがたいです。


 明日の朝、かなり冷え込む予報ですが、雲海でてくれるかな?



↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

道東をめぐる旅~2021秋編~ 初日

 秋の道東の旅。

 今回の目的は、紅葉のオンネトーと屈斜路湖。

 加えて、昨年来の緊急事態宣言で、屈斜路プリンスホテルさんへの宿泊を3回もキャンセルしてしまったので、その懺悔の意味も込めて。

 飛行機のよる来道は、もう数百回以上になると思いますが、たんちょう釧路空港は初めて。
IMG_9872@

 レンタカーを借りて北上。

 まずは、道の駅「阿寒丹頂の里」へ

 当初は、ここで昼食を頂くつもりでしたが、4時頃から雨予報だったので、スタンプ押下とガチャピン購入のみ。

 ここのガチャピンはクセモノで、普通に100円玉を入れても引っかかってるようで右に回りません💦

 ガチャピンと格闘していると、お店の方が気付いたようで、「新しい100円玉と変えて入れてみて」と言われたので、平成30年のピカピカ100円玉を入れてみると、スムーズにくるっと右に回ってガチャピンが出てきました。
IMG_9893@

 なんと、お年寄りの100円玉には見向きもせず、若い100円玉しか受け付けてくれないようです(笑)

 スタンプラリーの次は、密かにガチャピンズラリーに参入しようと目論見中です。

 赤いベレーの前には、たくさんのカボチャがありました。
IMG_9874@

 そして、紅葉のオンネトーへ
PA160793@

 風がとても強く、湖面が波立つ状態。

 紅葉のリフレクションを望むのはとても不可能な気象条件。

 ただ、紅葉はとても綺麗です。
PA160774@
PA160794@

 30分くらい粘って、ようやく雲間から雄阿寒岳が顔を出してくれました。
PA160819@

 ということで、雨雲が押し寄せてくる中、今日は風が収まりそうにないので、オンネトーは明日の早朝にリベンジすることに。

 明け方までに雨が上がってくれることを祈ります。

 その後、足寄の町まで出て、道の駅へ。
IMG_9876@

 道の駅に来ると、どうしてもこういう物に手を出してしまう悪い癖😅
IMG_9884@
IMG_9885@

 今宵の宿泊先は、ホテルレウスアショロさん。
IMG_9880@

 クーポン券を頂きました。
IMG_9881@

 せっかく頂いたクーポン券なので、足寄でしか頂けないものを食べようと、ウッディベルさんへ。
IMG_9894@

 現在は、テイクアウトのみで営業中。

 十勝チーズベーコンバーガー🍔のアメリカンサイズを購入し、宿に戻って開けてみると...

 その大きさたるや破壊的😵 
IMG_9890@

 サッポロクラシック500mLと並べて見ました。
IMG_9892@


 このブログを書いている20時現在、足寄は雨雲の真っただ中。

 明日の早朝、無事雨が上がって、風のない朝を迎えることができることを願っています。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

道東をめぐる旅~2020冬編~ 最終日

 最終日の朝。

 pH1.7という釘が溶けるほど酸性が強い温泉を満喫して、宿を出発。

 川湯温泉駅までバスで行き、そこからは釧網本線で一気に網走へ。

 網走駅からはバスで、「網走流氷観光砕氷船おーろら」の乗り場がある道の駅「流氷街道網走」へ。
P2230275@

 流氷は接岸していませんでしたが、海上に流氷のかけらが残っており、遠くに一面に広がる流氷が見えました。

 そして、12時半発のおーろら号が出航していきました。
P2230274@

 まだ1時間半ほど時間があるので、2階のキネマ館で味噌ラーメン。
IMG_7598@

 そろそろ14時発の受付をしようと窓口に行ってみると、何と強風のため欠航。

 映画「北の桜守」に登場する江蓮食堂のセットの前で、吉永小百合さんに慰めてもらいました。
P2230282@

 その後、欠航となったおーろら号の船内を無料で見学できることになってので、早速乗船。
P2230150@
P2230153@

 船内からの景観
P2230140@

 このように流氷の中を突き進む光景との出会いは、来年以降に持ち越しです。
P2230163


 その後は、女満別空港までバスで移動。

 売店で「赤いサイロ」を探すも、入荷未定の看板。本日分は既に売り切れてしまったのでしょうね。

 搭乗時刻まで3時間近くあったので、レストランPILICAで今回の旅の反省会。
IMG_7603@
IMG_7606@
IMG_7607@
IMG_7608@

 ご当地🍺「流氷ドラフト」や芋焼酎「清里」、麦焼酎「黒和ら麦」などを頂きながら呑んだくれ🥃

 COVID-19は、アルコールで咽頭、喉頭を消毒しながら、気管に入り込まないように胃に流し込み、胃酸でウイルスを死滅させる。これに勝る対策はありませんよ(笑)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

道東をめぐる旅~2020冬編~ 2日日

 2日目の釧路の朝。

 天気予報どおりの曇り空。
P2220188@

 まだ夜明け前なので、釧路川の街灯が燈っています

 7時半くらいになると、薄日が見え始めました。
P2220190@

 朝食は、ラビスタの定番いくら丼(๑´ڡ`๑)
IMG_7566@

 朝からカロリー摂り過ぎですね💦


 遅めに宿をチェックアウトし、釧路駅へ。

 11:05発の「SL冬の湿原号」で標茶まで向かいます。

 10:30過ぎ、まだあまり人だかりがない状態の中、SLが入線してきました。
P2220008@
P2220012@
P2220017@

 暫くすると、乗客たちがゾロゾロと集まってきたので、早めに座席へ。
P2220030@

 なんと、だるまストーブの真ん前、釧路湿原とは反対側の窓際A席でした。

 えきねっとで予約した際、A席だったら湿原側かと思って予約したのですが、4号車は奇数が湿原側、偶数が反対側でした。

 SL撮影している乗客の乗車に手間取ったためか、定刻に少し遅れて出発。

 大人気のSL、やはり満席のようです。

 釧路川の撮影スポットでは、多くのカメラマンが待ち構えていました。
P2220035@

 道中、だるまストーブは大人気。

 スルメイカやコマイを焼きに、次々と乗客が集まってきます。

 釧路湿原と反対側でしたので、なかなか開けたポイントがありませんでしたが、シラルトロ湖あたりはかなり良い景観でした。
P2220050@
P2220063@
P2220067@

 車掌さんが乗客一人ひとりに手渡してくれました😊
IMG_7615@

 終点の標茶駅に到着し、早速SLを撮影しに行こうとしたらこんな状態。
P2220085@

 ここは諦めて、階段を渡って反対ホームに行くと、車両整備のためでしょうか、逆向きに走っていってしまいました。
P2220092@

 昼食は、標茶駅周辺の蕎麦屋さんで山菜蕎麦と🍺、その後は休憩スポットでコーヒーを頂きながら、15:05発の網走行きが来るまで2時間半近く時間つぶし。

 川湯温泉駅からはバスに乗って、チェックイン前に大鵬相撲記念館へ。
P2220127@
P2220096@
P2220111@


 そして今宵の宿にチェックイン。

 川湯温泉に宿泊するのは、なんと33年ぶりです。

 夕食は、季節の山幸会席
IMG_7582@
IMG_7585@
IMG_7587@
IMG_7588@

 ホタテとジャガイモのまるごとチーズ焼きが絶品でした。


 夕食後は、「ダイヤモンドダスト in KAWAYU」の会場へ。

 外気温は何と6℃。
P2220191@

 夜空に向かってライトアップされているこの場所は、下に温泉が流れており水蒸気が湧いているので、夜にダイヤモンドダストが見れるポイントなのですが、見えるのは雨。
P2220239@

 残念ながらダイヤモンドダストの気配は全くありませんでしたが、気を取り直してライトアップ会場へ。

 しずくばし
P2220238@

 灯の森
P2220219@
P2220228@

スノーキャンドルの優しい灯がとても魅力的でした。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         
 

道東をめぐる旅~2020冬編~ 初日

昨年に続いて、冬の道東の旅。

今回の目的は、
 ① 幣舞橋の夕陽
 ② SL冬の湿原号
 ③ ダイヤモンドダスト in KAWAYU
 ④ 網走流氷観光砕氷船 おーろら
の4つ。

たんちょう釧路空港に到着後、まずは本場のザンギで腹ごしらえ。
IMG_7557@
IMG_7558@

ザンギは鶏の唐揚げとどう違うのか、なんてウンチクは決して述べません。道産子にとってザンギはザンギなのですから(笑)


食事中、中富良野小に通う兄弟がCOVID-19に感染したとのニュースが...

いったいどのような感染ルートなのでしょうか?

もう、いつ誰が感染しても不思議ではない状況になってきましたね。


その後は阿寒バスでフィッシャーマンズワーフMOOまで行き、幣舞橋に一番近い宿にチェックイン。

そして、今日のメインイベントへ。
P2210052@

 まだ日の入りまで30分くらいありますが、釧路川に反射する夕陽がとても綺麗です。

 その後、風が出てきて川面が波立ってきてしまいましたが、暫くするとサンピラーが出現。
P2210076@
P2210100@

 そしてクライマックスへ。
P2210119@
P2210135@
P2210146@

 やがて陽が沈み、夜の帳が静かに降りてきました。
P2210170@


 今宵の夕食は、宿近くの「港釧路の炉端焼き 虎や」さんへ
IMG_7561@
IMG_7562@
IMG_7563@

 メインは、柳葉魚、氷下魚、ホッケの半身の釧路港 丸ごと3点セット。

 内地の皆さん、柳葉魚、氷下魚は何て読むか分かりますよね?(笑)

 ちなみにマヨネーズが付いているのは、道産子が大好きなシシャモとコマイを美味しく戴くためですよ。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2019冬編~ 最終日

 最終日の朝。

 6時に大津海岸に到着すると、海岸近くの駐車場は、既にほぼ満杯。

 海岸沿いもこのような感じで、大勢の方々が早朝から来られていました。
IMG_5560@

 私も、ジュエリーアイスの元となる氷を見つけてきては積み上げて、日の出を待ちます。

 そして、日の出へ。
P2170323@

 陽射しが強くなりはじめると、ジュエリーアイスが美しく輝き出します。
P2170379@
P2170398@
P2170410@

 別のジュエリーアイスでもう一枚。
P2170430@

 帰り間際に、振り返ってもう一枚。
P2170431@

 今回の旅の目的が達成できたので、ひとまずホッと一息。

 宿に戻って朝食を摂って、温泉で凍れた身体を暖めてきました。


 チェックアウト後、飛行機の時間までブラブラ。

 旧愛国駅に行ってみると、蒸気機関車にはブルーシートがかかっていました。
IMG_5562@
IMG_5561@


 昼食は、初のインディアンカレー。
IMG_5565@


 今週末は、また丘に戻ってきますよ!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2019冬編~ 2日目

 2日目の朝。

 4時半に起きて、空を見ると星が見えたので朝活決行。

 5時に宿を出発すると、外気温計は-15℃を指していました。

 大津海岸に到着。
P2160157@

 東南東から南にかけて、雲がかかっていましたが、微かに日の出が見えました。

 良く見ると、四角い太陽でした。
P2160163@

 波しぶきを浴びる太陽
P2160166@

 すると、陽射しは雲の中へと消えていってしまいました。
P2160189@

 海上からは、けあらしが立ち上がっていました。
P2160197@

 -15℃程度の気温は、冬の美瑛で慣れているつもりでいても、やはり海岸は風があるので、体感温度は-20℃以下に感じるほどの寒さでした。

 朝日に輝くジュエリーアイスは、明日の朝にリベンジしに来ます。


 宿に戻り、朝食を摂って、温泉でまったり。

 アメダスを見ると、9時半頃から陽射しが射し込むようになったようなので、午前中にもう一度行ってみました。
P2160230@
P2160260@

 日が射し込むと、まさしくジュエリーアイスですね。

 遅めの昼食は、帯広まで出て、ぱんちょうさんで元祖豚丼。
IMG_5549@

 7ヵ月ぶりに来ましたが、いつもの如く、とても混んでいました。


 帯広市街に来てビックリしたのが、道路の悪さ。

 十勝地方の幹線道路は、ほぼドライな路面で走りやすいのですが、帯広市街だけはデコボコ・ツルツルの別世界状態。

 きっと、道路脇に集められた除雪の山が、日中の陽射しで融けて道路に流れ出して、建物の日陰になると凍る。

 この繰り返しが、このような路面を作り出してしまったのでしょうね。


 昼食後は、旧幸福駅へ。
P2160285@


 今日は早めに宿に戻って、温泉に浸かり、明日の朝のリベンジに備えたいと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2019冬編~ 初日

 今回は、冬の十勝の旅。

 今年こそは、ジュエリーアイスを見るために、この時期を選択。

 とかち帯広空港から、明日朝の下見を兼ねて、大津海岸へ直行。
P2150043@
P2150044@
P2150036@

 ホームページに掲載されていた今朝の状況では、もっと氷がたくさんあるように見えましたが、ほとんど氷がありませんでした。

 夕方だったためか、海水に流されてしまったのかもしれませんね。

 夜中に十勝川の氷がたくさん海岸に打ち上げられることを期待して、明日の朝にまた来ます。


 そして、夕陽ははるにれの木へ。

 到着すると、なんと観光バスが2台止まっており、残念ながらこの有様でした(^-^;)
P2150075@
P2150086@

 今宵の宿は、幕別温泉。
IMG_5530@

 ロビーには、1929年型A型フォード・カブリオレのレプリカが展示されています。

 早めに夕食を済ませ、十勝が丘公園で開催中の彩凛華へ。
P2150115@
P2150117@

 観光バスもたくさん来ており、かなりの賑わいでした。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

道東めぐる旅~2018春編~ 最終日

 最終日は晴れ予報

 初日に小雨でガスっていた十勝が丘展望台に再び行ってみることに。
P5280763@

 旧愛国駅
P5280780@

 「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズに従い、旧幸福駅に行ってみましたが、外国人観光客に占領されていたため、何も撮影せずにまわれ右(^-^;)

 十勝ヌップクガーデン
P5280789@

 初めて来ましたが、4haの広い敷地に洋風庭園、和風庭園、自然林など見どころ満載です。

 道の駅「なかさつない」で十勝野フロマージュのカマンベールチーズ
IMG_3847@

 札内川園地にあるピョウタンの滝
P5280836@

 そして、初めての場所への冒険。

 一本山展望タワー
P5280866@

 中札内村の道の駅から南西に約10km程度の場所にあり、看板も出ているので比較的分かりやすいですが、最後の約2kmがすれ違い困難な細い砂利道を走らなければならないのと、小高い山を登るために352段の階段を登らなければならないという2つのハードルをクリアする必要があります。

 タワーの頂上からの景観
P5280850@
P5280864@

 そして、今回の旅の最後は八千代牧場
P5280867@
P5280874@

 今回の「道東をめぐる旅」では、各地の風景を撮影しながら、以下20ヶ所の道の駅を制覇することができました。
さらべつ(更別村)
おとふけ(音更町)
ピア21しほろ(士幌町)
足寄湖(足寄町)
あしょろ銀河ホール21(足寄町)
オーロラタウン93りくべつ(陸別町)
あいおい(津別町)
摩周温泉(弟子屈町)
ぐるっとパノラマ美幌峠(美幌町)
ノンキーランド ひがしもこと(大空町)
メルヘンの丘めまんべつ(大空町)
流氷街道網走(網走市)
サロマ湖(佐呂間町)
愛ランド湧別(湧別町)
かみゆうべつ温泉チューリップの湯(湧別町)
おんねゆ温泉(北見市)
しほろ温泉(士幌町)
うりまく(鹿追町)
しかおい(鹿追町)
なかさつない(中札内村)

 既にクリアしている道の駅を差し引いても、完全制覇まであと98ヶ所。

 まだまだ先は長いです(^-^;)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

道東めぐる旅~2018春編~ 3日目

 3日目の朝は曇天

 晴れたら藻琴山にでも行こうかと思っていましたが、たぶん屈斜路湖も見えないと思い断念。

 ということで、道の駅をめぐりながら上湧別を目指すことに。

 卯原内交通公園の蒸気機関車
IMG_3827@

 その後、道の駅「サロマ湖」「愛ランド湧別」「かみゆうべつ温泉チューリップの湯」とめぐります。

 旧中湧別駅
P5270512@

 そして、今回のメインの1つ、かみゆうべつチューリップ公園
P5270571@
P5270615@
P5270610@

 一部摘花が始まっていましたが、まだまだ見頃です‼

 出来るだけ人が写らないように撮っていますが、気にせず撮るとこんな感じの人だかりです。
P5270632@

 チューリップの後は、トリトン遠軽店へ
IMG_3835@
IMG_3838@
IMG_3839@

 トリトンの美味さは全道共通ですね‼

 そして、道の駅「おんねゆ温泉」へ
P5270638@

 手前にあるトンガリ帽子の建物が、世界最大のからくりハト時計塔「果夢林」です。

 昨日から、オホーツク周辺の道の駅で「赤いサイロ」を探しているのですが見つかりません。
 カーリング娘のもぐもぐタイムの影響で、生産が追い付かないのかもしれませんね。

 道の駅の隣の北の大地の水族館(山の水族館)に初めて入ってみました。
P5270640@

 滝つぼから見上げる日本初の水槽
P5270655@

 幻の巨大淡水魚「イトウ」
P5270662@

 創造の森
P5270721@

 新緑の天然林を背景とした清流「シアレベツ川」が絵になります。

 おけと湖
P5270733@

 その後は、道道88号線をひたすら南下。

 北見市留辺蘂から足寄町芽登までの約60km間、信号・ガソリンスタンド・コンビニが全くないのに加え、何とSoftBankの電波は一切通じませんでした。

 その後、道の駅「しほろ温泉」「うりまく」「しかおい」とめぐった後、十勝牧場白樺並木へ。
P5270740@

 今日の宿泊先は帯広。

 夕食は何にしようかとブラブラしながら、混んでいないかな?
 とチョット覗いてみると、直ぐに座れそうだったので入店。

 3年ぶりのぱんちょうさんです。
IMG_3843@

 やはり北海道は、牛ではなくて豚です(笑)

 梅さん(女将さん)も、とても元気そうでしたよ。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東めぐる旅~2018春編~ 2日日

 3日目の天気予報は曇のち晴れ

 曇天の中、早朝の阿寒湖畔を散策
P5260233@

 早朝から観光船が出ていました。

 ボッケ散策路を10分ほど進み、ボッケへ
P5260256@

 ボッケとは、アイヌ語の「煮え立つ」という意味のボフケが訛ったもので泥火山のことをいいます。
 100℃ほどの熱せられた泥が地下から火山ガスとともにボコボコと音を立てて絶えず噴出しています。

 早朝から湖に入り、釣りをしている人がたくさんいました。
P5260261@

 宿をチェックアウトして、まずは道の駅「あいおい」へ
 
 白樺並木に囲まれた相生鉄道公園
P5260297@
P5260279@

 双岳台より望む雄阿寒岳
P5260301@

 雌阿寒岳は残念ながら雲の中でした。

 その後、道の駅「摩周温泉」を経由して、摩周湖へ。

 摩周湖第一展望台
P5260308@

 桜がまだ咲いていました。

 摩周湖第三展望台
P5260328@

 摩周ブルーは独特の濃いブルーですね。

 硫黄山
P5260354@

 硫黄が噴煙を上げながら黄色く輝いて独特の匂いを振りまいていました。

 美幌峠
P5260386@
P5260382@

 屈斜路ブルーと青空のコラボは、いつ見ても絶景です。

 昼食は、道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」で、しじみラーメン。
IMG_3806@

 AIRDO機内誌raporaの今月号で紹介されていたラーメンです。

 あっさりしていますが、大きなしじみが16個も入っており、しじみの旨味がたっぷりでした(๑´ڡ`๑)

 メルヘンの丘
P5260403@

 そして、能取岬へ。
P5260421@

 道内の岬は、どこに行っても風が強いですね。

 その後、道の駅「流氷街道網走」を経由して、今回の目的の1つの場所に。

 ひがしもこと芝桜公園
P5260459@

 満開の芝桜に、終始圧倒されっぱなしでした。
P5260442@
P5260453@

 今日の宿泊先は、ホテルひがしもこと。
IMG_3819@

 昨年オープンした、道の駅「ノンキーランド ひがしもこと」の2階にある宿泊施設です。

 真新しいホテルなので、内装はとても綺麗。

 近くに食事処があるか分からなかったので、夕食は1階のレストラン「くるりんく」で東藻琴産の長芋を使ったねぎとろ長芋丼。
IMG_3818

 メッチャ美味しかったですよ!

 今後、オホーツクエリアに来た際の定宿になる可能性大です。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東めぐる旅~2018春編~ 初日

 春の道東の旅

 今回は、芝桜とチューリップをメインに、十勝~オホーツクエリアをめぐる予定。

 そして今年は、7年ぶりに北の道の駅スタンプラリー完全制覇に挑戦しようと決めましたので、道の駅めぐりも併せて行う予定です。

 今回の起点は、十勝スピードウェイを右手に見下ろしながら着陸する空港。
IMG_3783T@

 まずは、上空から見たサーキットの隣にある道の駅「さらべつ」でスタンプ押下。
IMG_3786@

 生憎の小雨舞う空模様です。

 今日はここから北上していきます。

 十勝が丘公園のハナック
P5250021@

 十勝が丘展望台
P5250012@

 その後、道の駅「おとふけ」でモール温泉の入浴剤を購入。
IMG_3801@

 音更町に関するうんちくを1つ。

 音更町は北海道の町村の中で一番人口が多く、平成30年4月末時点で44,870人。

 これは、稚内市、網走市、根室市、富良野市といった道内の名立たる観光都市よりも人口が多く、音更町より人口の少ない市は18もあります。

 なぜ市に昇格しないのか不思議ですね。

 ちなみに、歌志内市の人口は、平成30年4月末時点で3,385人しかいません。

 天気予報では12時頃から晴れる予報でしたので、昼食は少し早めに場所を移転してリニュアル・オープンした道の駅「ピア21しほろ」で、しほろ牛の生姜焼き。
IMG_3789@
IMG_3788@

 食後は、久しぶりにナイタイ高原牧場へ。
P5250040@
P5250056@

 天気予報通り、ようやく青空が見えてきました。

 その後、道の駅「足寄湖」と「あしょろ銀河ホール21」を経由して、チー様所縁の場所へ。
P5250093@
P5250097@

 大規模草地育成牧場
P5250099@

 足寄にもミルクロードと呼ばれる場所があったのですね。

 道の駅「オーロラタウン93りくべつ」で、ふるさと銀河線りくべつ鉄道を撮影。
P5250115@
P5250114

 そしてオンネトーへ。
P5250130@
P5250192@

 風があったため、湖面は波立ってしまっていましたが、新緑と雌阿寒岳・雄阿寒岳が綺麗でした。

 そして、阿寒湖畔展望台
P5250204@

 今日の宿泊は、阿寒湖温泉。

 夕食は、おしながき+黒牛ステーキ。
IMG_3798@
IMG_E3800
IMG_3799@

 お腹いっぱいで大満足です(๑´ڡ`๑)

 食後に温泉に浸かった後、ブログを書きながら、井上尚弥選手の試合を見ていましたが、さすがモンスター、いや~強い‼

 3階級制覇おめでとうございます‼

 そして、WBSSでの圧倒的な優勝、期待してます‼


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

道東をめぐる旅~2017初秋編~ 最終日

 最終日の朝、阿寒湖の最低気温は6.8℃

 ちょうど「天空ガーデンスパ」で、湯と絶景を満喫している時でした。

 朝食前に阿寒湖畔を散策
P9041300@
P9041322@

 宿をチェックアウトし、阿寒湖畔展望台へ
P9041354@

 オンネトー
P9041365@
P9041380@

 朝は逆光になるので、午後の方が撮影には良いですね。

 その後、帯広を目指し、一気に車を走らせます。

 搭乗時刻まで少し時間があったので、紫竹ガーデンへ
P9041410@
P9041414@
P9041495@

 昼食は、道の駅「さらべつ」で人気の親豚セット
IMG_2408

 今回の旅で、かなりカロリーを体に蓄えてしまったので、今夜から暫くダイエットしないと...(^-^;)

 台風の影響が心配された道東の旅でしたが、「とかちマルシェ」や「釧路大漁どんぱく」など、元々予定していなかったイベントにも偶然めぐり会うことができて、初秋の道東を満喫できました。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

道東をめぐる旅~2017初秋編~ 3日日

 3日目は釧路を出て、浜中町、別海町を経て、阿寒湖までの行程。

 釧路から1時間半、琵琶瀬展望台へ
P9031049@
P9031060@

 台風の影響で風がとても強かったです。

 その後は、ルパン三世めぐりへ。
P9031066@

 茶内駅
P9031063@

 駅前には、ルパン三世が立っていました。

 駅舎内はこんな感じ。
P9031064@

 浜中駅
P9031096@

 駅前には、次元大介と石川五ェ門が立っていました。

 改札口には、峰不二子の妖艶な姿が。
P9031085@

 駅舎内には勢ぞろいしたポスターが。
P9031093@

 ホームには、ルパン三世が立っていました。
P9031089@

 姉別駅
P9031102@

 ルパン三世と銭形警部が銃を打ち合っていました。

 昼食は、ドライブインロマンさんへ
IMG_2397@

 700gは自身がなかったので、400gのミニにしました。
IMG_2398@

 それでも、この肉厚です!
IMG_2399@

 大食い女王アンジェラ佐藤さんは、700gを4皿完食したようです(◎o◎)
IMG_2400@

 昼食後は、カロリーを消費するため、野付半島ネイチャーセンターへ行き、トドワラを目指すことに。
P9031106@

 途中、ススキが生い茂って道が見えなくなる場所もありました。
P9031109@

 歩くこと15分、ようやく到着。
P9031135@

 台風の影響による強風で、細い木道を歩くのはスリル満点(^-^;)
P9031132@

 残念ながら、立ち枯れたトドマツはほとんどなくなってしまいましたね。
P9031124@
P9031121@

 2010年に来たときは、このように立ち枯れたトドマツが何本も立っていました。
P7036469@

 ナラワラ
P9031141@

 ここからは、一気に阿寒湖に向かいます。

 双岳台よりのぞむ雄阿寒岳
P9031155@

 双湖台より望むるペンケトー
P9031170@

 そして、阿寒湖へ
P9031200@
P9031185@
P9031217@

 宿泊先の「天空ガーデンスパ」で、長旅の疲れを癒すことができました。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

道東をめぐる旅~2017初秋編~ 2日日

 2日目は、帯広を出発して釧路に向かいながら、周辺のスポットをめぐる予定。

 台風はどうやら進路が少し東よりに変わったようで、今日はなんとか天気が持ちそうな予報。

 はるにれの木
P9020350@

 いつかジュエリーアイスを見に行くことを想定して、大津海岸の場所を確かめに。
P9020357@

 昆布刈石展望台より
P9020366@

 恋問海岸
P9020376@

 昼食は「鮭番屋」さんでイクラ丼
IMG_2377

 昼食後は釧路湿原めぐりへ

 細岡展望台より望む釧路湿原
P9020388

 コッタロ湿原展望台より望む釧路湿原
P9020413@

 阿寒丹頂の里で「丹頂ソフトクリーム」を戴きました。
IMG_2379

 道の駅は、昨年11月に国道を挟んで反対側にリニューアルオープンしたようですね。

 『釧路大漁どんぱく』を見るために、早めに宿にチェックイン。

 17時からは、小柳ゆきさんのコンサート。

 松山千春の「大空と大地の中で」や大黒摩季の「ら・ら・ら」など、北海道出身アーティストの歌を交えながら1時間歌いつくし、アンコールでは「あなたのキスを数えましょう」を絶唱。

 ちょうどこの時、西の空が真っ赤に焼けていました。
 (写真・動画・録音禁止でしたので、コンサート開始前の写真しかありません)
P9020429@

 そして19時からは花火(三脚は持って行かなかったので、手持ち撮影でした)
P9020842@
P9020856@
P9020865@
P9020850@


 昨日の「とかちマルシェ」にしても、今日の「釧路大漁どんぱく」にしても、そんなイベントがあるとは知らずに旅の計画をしていたので、運が良いのでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2017初秋編~ 初日

 今回の道東をめぐる旅は、帯広、釧路、阿寒湖を宿泊地として、その周辺をめぐる旅。

 帯広空港に到着後、まずは定番スポットへ。

 旧幸福駅
P9010004@
P9010027@
P9010015@

 旧愛国駅
P9010039@
P9010034@

 真鍋庭園
P9010077@
P9010090@
P9010112@

 エゾリスもいました。
P9010094

 昼食は「十勝豚丼いっぴん」さんで定番の豚丼
IMG_2362@

 これで780円(税込み:842円)なので、地元の方々に愛されているお店のようですね。

 「ぱんちょう」のようにパンチのあるタレではありませんが、最後まで美味しく戴くことができました。

 士幌高原ヌプカの里
P9010146@
P9010137@

 糠平湖展望台
P9010152@

 そして、「ひがし大雪自然ガイドセンター」のツアーに参加するために、糠平温泉文化ホールへ。

 手続きを済ませ、いざ出陣。

 タウシュベツ川橋梁
P9010203@
P9010192@

 午後2時からのツアーに参加しましたが、メガネ橋が湖面に映るのは、もっぱら早朝が多いようで、午後にこの光景が見れるのは、とても珍しいとのこと。

 動画も撮ってみました。

 (チャリン、チャリンの音は、ガイドさんの熊鈴です。)

 ちなみに、メガネ(橋のアーチ)は全部で11個あるそうです。

 その中で、真ん中付近の橋は、今年の雪融けの際に、かなり崩れてしまったそうです。
P9010208@
P9010263@

 来年の雪融けの際に橋がさらに崩れてしまう可能性が高いようで、11個のメガネ(アーチ)が連なる姿を見れるのは、今年が最後になってしまうかもしれません。
P9010297@

 ツアーの最後は、幌加駅。
P9010316@
P9010340@

 宿に到着後、とかちマルシェへ。

 黒山の人だかりのため、座ることはもちろんのこと、食べ物や飲み物を置く場所すら確保できません。
IMG_2368@

 立ち食いできる串ものを数品購入し、音楽を聴きながら食べた後、そそくさと撤退してきました(^-^;)
IMG_2371@

 明日以降は台風が心配ですが、思いっきり東にそれてくれないかなぁ...


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

道東をめぐる旅~2016初秋編~ 最終日

 最終日。

 今日は14時35分中標津空港発の便で帰路に着くので、道東めぐりは午前中一杯。

 少し早めに宿を出て、西に向かいます。

 フレトイ展望台より
P9040529@

 北浜駅
P9040537@

 ここはオホーツク海にいちばん近い駅といわれ、「停車場」という喫茶店が駅内にあります。

 白鳥公園
P9040560@

 さらに西に進みます。

 能取湖サンゴ草群落
P9040561@
P9040579@

 これ以上西に進むと帰れなくなってしまうので、ここで折り返して東へ。

 濤沸湖
P9040596@

 そして今度は南へ

 屈斜路湖畔の砂湯
P9040614@
P9040617@

 もうお昼近くなってきましたので、空港方面に向かいます。

 多和平
P9040632@
P9040634@

 そして最後は「しあわせのはちみつソフト」とともに
P9040642@
IMG_0817@

 台風10号の影響が懸念された今回の道東をめぐる旅ですが、交通規制にあったり、雨に降られたりすることなく比較的恵まれた天候で、初秋の道東を満喫できました。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     
 

道東をめぐる旅~2016初秋編~ 2日日

 2日目は、知床半島をめぐる旅。

 斜里町の天気予報は、曇で午後から少し晴れる予報。

 まずは、天に続く道
P9030081@

 ここは、斜里町峰浜から小清水町倉栄までの国道334・244号、農道、町道を結ぶ、空に向かって真っすぐ、天まで続いているように見える道です。

 次に、オシンコシンの滝
P9030088@

 やはり台風の影響でしょうか、流量が多いような気がします。

 そして知床五湖へ。

 今日は大ループが倒木の影響で通行止めのため、小ループをめぐることに。

 フィールドハウスで立入認定書をもらい、レクチャーを受けます。
IMG_0803@

 ヒグマに細心の注意を払いながら、地上遊歩道の小ループに入ります。

 二湖
P9030121@

 そして、高架木道に入り、一湖
P9030150@
P9030167@

 そして、台風10号の影響で昨日まで通行止めになっていた道道93号知床公園線のダート道へ。

 知床五湖からカムイワッカの滝まで約11km間、ダート道が続きますが、フラットで比較的路面が広いため、とても走りやすいダート道です。

 カムイワッカの滝
P9030188@
P9030196@

 帰り道、道路の真ん中にキタキツネが居座っていて、全く退こうとしませんでした(^-^;)
IMG_0790@

 昼食は一休屋さん
IMG_0791@

 11年前に食べたハーフ丼(ウニ、イクラ)の味が忘れられず、とても楽しみにしていたのですが、今年の水揚げが終わったらしく、なんとウニがありません。

 そこで鮭とイクラの親子丼を戴きましたが、とても美味しかったです。

 午後は羅臼町へ。

 クジラの見える丘公園
P9030218@

 天狗岩
P9030230@

 セセキの滝
P9030237@

 セセキ温泉
P9030245@
P9030254@

 ここは、「北の国から2002遺言」で、純とトドが入ったことで有名になった、海岸に岩で囲っただけの露天風呂です。

 そして再び斜里町に戻ってくると、知床自然センター付近に耳標39を付けた可愛いエゾ鹿がいました。
P9030291@
P9030303@

 プユニ岬より望む
P9030362@

 オロンコ岩
P9030381@

 知床観光船おーろら
P9030406@
P9030418@

 夕陽台
P9030486@

 そして最後は天に続く道
P9030514@
P9030502@

 夕食はすし善さん
IMG_0802@

 特上寿司、美味しかったです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     
 
プロフィール

丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。


QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

北海道旅行 ブログランキングへ