毎年、冬に美瑛に行く際の悩み事は、いつ行くかということ。
 毎度のことながら、是非見たいのは、真白な十勝岳とダイヤモンドダスト。

 ダイヤモンドダストは、12月~3月くらいまでの間に見れるチャンスがありますが、凍れるような気温を考えると、やはり1~2月に見れる確率が高そうです。
 また、十勝岳やダイヤモンドダストを見るには、晴れること前提となりますが、美瑛の冬の日照率は、12月<1月<2月<3月と、冬後半になるほど晴れる日が多くなっていく傾向にあります。
(参考までに、私が過去の美瑛の気象状況を分析した結果、冬の晴れの特異日と言えそうな日は、2月24日・25日、3月9日・10日、3月28日・29日です。)

 ということで、凍れるような寒さと晴れる確率のバランスを考えると、2月が望ましいということになりますが、今年のカレンダーでは、2月8・9日は旭川冬まつり、2月15・16日は宮様国際スキーマラソンがありましたので、必然的にその翌週ということで、今年は2月21日~24日の3泊4日ということになりました。


 旭川空港到着後、レンタカーを借り早速美瑛へ。まず最初に美瑛神社で交通安全と晴天祈願。
_2211429

 最近、ひそかに人気スポットとなりつつある『イチャイチャの木』
_2211433

 新栄の丘より。青空はありますが、十勝岳連峰は残念ながら厚い雲の中です。
_2211443

 ランドカフェ付近より『第二のマイルドセブンの丘』
_2211483

 美田夕張付近より。雲がなく晴れていると旭岳が眺望できる場所です。
_2211486

 夕陽の木。雪の上にスノーモービルの跡があるのは、3月2日~3日に全日本スノーモビル選手権が「ウィズユー・四季彩の丘特設コース」であり、農家の方がその練習のため畑を走り回っているためでしょうか?
_2211499

 丘めぐりの定番、『ケンとメリーの木』。雲がなければバックに十勝岳連峰が綺麗に見えるはずなのですが。
_2211510

 夕方、クリスマスツリーの前に行くと、平日にもかかわらず大勢のカメラマンがおり、木と太陽が重なるポジションで撮ることができませんでした。
_2211514

 ふと反対側の丘に目を写すと、夕陽に照らされた雪がとても綺麗でした。
_2211517

 夕暮時の哲学の木。
_2211525

 黄昏時の三本の木。
_2211541

 夕食は、だいまるさんで「カレーうどんつけ麺」を戴きました。
IMG_3753

 2月17日~23日が「美瑛カレーうどん ありがとう感謝週間」でしたので、なんと600円で写真のセットを戴くことができました。

 夕食後、ふじスーパーで買物し、空を見上げると星が見えたので、丘に向かうことに。

 ところが哲学の木に到着すると雪が降ってきて星は見えなくなってしまいました。

 そこで街に戻り、駅前のロータリーへ。

 しんしんと雪が降り続く「ハートのツリーイルミネーション」
_2211551


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!