丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。
※リンクフリーです。
※当ブログに掲載している写真や記事の無断引用は、固くお断りしております。

旅行記

道東をめぐる旅~2019冬編~ 最終日

 最終日の朝。

 6時に大津海岸に到着すると、海岸近くの駐車場は、既にほぼ満杯。

 海岸沿いもこのような感じで、大勢の方々が早朝から来られていました。
IMG_5560@

 私も、ジュエリーアイスの元となる氷を見つけてきては積み上げて、日の出を待ちます。

 そして、日の出へ。
P2170323@

 陽射しが強くなりはじめると、ジュエリーアイスが美しく輝き出します。
P2170379@
P2170398@
P2170410@

 別のジュエリーアイスでもう一枚。
P2170430@

 帰り間際に、振り返ってもう一枚。
P2170431@

 今回の旅の目的が達成できたので、ひとまずホッと一息。

 宿に戻って朝食を摂って、温泉で凍れた身体を暖めてきました。


 チェックアウト後、飛行機の時間までブラブラ。

 旧愛国駅に行ってみると、蒸気機関車にはブルーシートがかかっていました。
IMG_5562@
IMG_5561@


 昼食は、初のインディアンカレー。
IMG_5565@


 今週末は、また丘に戻ってきますよ!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2019冬編~ 2日目

 2日目の朝。

 4時半に起きて、空を見ると星が見えたので朝活決行。

 5時に宿を出発すると、外気温計は-15℃を指していました。

 大津海岸に到着。
P2160157@

 東南東から南にかけて、雲がかかっていましたが、微かに日の出が見えました。

 良く見ると、四角い太陽でした。
P2160163@

 波しぶきを浴びる太陽
P2160166@

 すると、陽射しは雲の中へと消えていってしまいました。
P2160189@

 海上からは、けあらしが立ち上がっていました。
P2160197@

 -15℃程度の気温は、冬の美瑛で慣れているつもりでいても、やはり海岸は風があるので、体感温度は-20℃以下に感じるほどの寒さでした。

 朝日に輝くジュエリーアイスは、明日の朝にリベンジしに来ます。


 宿に戻り、朝食を摂って、温泉でまったり。

 アメダスを見ると、9時半頃から陽射しが射し込むようになったようなので、午前中にもう一度行ってみました。
P2160230@
P2160260@

 日が射し込むと、まさしくジュエリーアイスですね。

 遅めの昼食は、帯広まで出て、ぱんちょうさんで元祖豚丼。
IMG_5549@

 7ヵ月ぶりに来ましたが、いつもの如く、とても混んでいました。


 帯広市街に来てビックリしたのが、道路の悪さ。

 十勝地方の幹線道路は、ほぼドライな路面で走りやすいのですが、帯広市街だけはデコボコ・ツルツルの別世界状態。

 きっと、道路脇に集められた除雪の山が、日中の陽射しで融けて道路に流れ出して、建物の日陰になると凍る。

 この繰り返しが、このような路面を作り出してしまったのでしょうね。


 昼食後は、旧幸福駅へ。
P2160285@


 今日は早めに宿に戻って、温泉に浸かり、明日の朝のリベンジに備えたいと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2019冬編~ 初日

 今回は、冬の十勝の旅。

 今年こそは、ジュエリーアイスを見るために、この時期を選択。

 とかち帯広空港から、明日朝の下見を兼ねて、大津海岸へ直行。
P2150043@
P2150044@
P2150036@

 ホームページに掲載されていた今朝の状況では、もっと氷がたくさんあるように見えましたが、ほとんど氷がありませんでした。

 夕方だったためか、海水に流されてしまったのかもしれませんね。

 夜中に十勝川の氷がたくさん海岸に打ち上げられることを期待して、明日の朝にまた来ます。


 そして、夕陽ははるにれの木へ。

 到着すると、なんと観光バスが2台止まっており、残念ながらこの有様でした(^-^;)
P2150075@
P2150086@

 今宵の宿は、幕別温泉。
IMG_5530@

 ロビーには、1929年型A型フォード・カブリオレのレプリカが展示されています。

 早めに夕食を済ませ、十勝が丘公園で開催中の彩凛華へ。
P2150115@
P2150117@

 観光バスもたくさん来ており、かなりの賑わいでした。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

美瑛の丘をめぐる旅~2019冬編①~ 最終日

 最終日の朝。

 6時の気温は-5℃なので、アレは期待できず。

 6時半に出発するも、曇天の空。

 日の出時刻になると、雲に少し隙間がでてきたので、雪原が綺麗な場所で待機。

 雲間から朝日が射し込み、雪原を美しく染めてくれました。
P1280730@

 そして、天使の梯子が丘に輝きを与えてくれました。
P1280740@

 朝活を終え、フォテージイン美瑛に戻り、朝食を摂ってチェックアウト。

 丘に戻ると、雲間は消えてしまい、ヴェールのような半透明雲が、太陽の位置を示してくれていました。
P1280754@

 赤い屋根の小屋には、雪がたっぷり乗っていました。
P1280766@

 実は、赤い屋根の小屋には、冬でも雪が乗っていないことが結構あるのですよ。
P1120033@
 (2018年1月12日撮影) 

 もうひとつあった小屋は、昨年9月上旬の台風の影響で、悲しいことに倒壊してしまいました。

 空港に向かう前に、びえい「丘のくら」に行き、美瑛町写真映像協会の写真展示に癒されてきました。
IMG_5475@

 そして最後は、びえい豚テキディッシュ。
IMG_5478@


 次回は、2月下旬に戻ってくる予定です。

 目標は「十勝岳連峰を背景にしたサンピラーを撮る」こと。

 目標を現実のものにするため、美瑛神社で「丘の神様」にお参りしてから臨みたいと思います(笑)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

美瑛の丘をめぐる旅~2019冬編①~ 3日日

 3日目の朝。

 5時の気温は-10.7℃。

 また天気予報に裏切られたような気温の高さでしたが、明け方にかけて、放射冷却で冷え込むことを期待して、朝活の準備。

 6時に出発した時の気温が-11.8℃。

 今シーズンは「十勝岳を背景にしたサンピラーを撮ること」を目標にしていましたので、まずは新栄の丘で状況確認。

 山の上空は抜けているものの、山には雲がかかっており、霧氷もいっさいない状態。

 この状況では、「十勝岳を背景にしたサンピラーを撮る」のは無理かもしれないと思ってしまい、気が付いたら、例の場所に来てしまっていました。


 案の定、日の出とともに放射冷却で急激に気温が下がり、出るには出ましたが、「十勝岳を背景にしたサンピラーを撮る」というチャレンジを避けて、安全パイを選択してしまった自分に、いささか後悔の念。
P1270392@

 フォテージに朝食を摂りに戻る途中、雲ひとつない青空のもと、十勝岳連峰が綺麗に見えている光景を見た瞬間、なぜチャレンジせずに安パイに逃げてしまったのか、その後悔の念がより一層強くなってきました。
 (もちろん、小さなサンピラーを撮れたこと自体は嬉しいのですが...)


 ここ最近、この橋の上の混在状況はかなり酷く、今日も日の出の時刻には、既に橋の両端からはみ出すほどの車が止まっていました。

 その上、この橋を通行する車が来ても、道路の真ん中からよけなかったり、撮影してる人の後ろに三脚置いて、道路にかなりはみ出して撮影するなど、とても公道で撮影しているとは思えないようなマナーの悪い人も見かけるようになってきました。

 この状況では、ここを生活道路として通行している人にとっては、迷惑以外の何物でもありませんよね。

 これ以上、迷惑を掛けないようにするためにも、そして安易に安パイに逃げないようにするためにも、もうここで撮影するのは止めようと思いました。


 今回の宿泊先である、フォテージイン美瑛さんでバターロールと美瑛牛乳を頂いた後、再び丘へ。
P1270507@

 2時間前に、ここで撮影していたら、たとえアレが出なかったとしても、後悔の念に駆られることは、きっとなかったのではないかと思いました。

 午前中は、旭岳もクッキリ。
P1270498@
P1270530@

 キタキツネの足跡と、真冬の青空
P1270518@

 お昼近くになっても、霧氷が残っている樹木がありました。
P1270544@

 午後に入ると、山に雲がかかってしまったため、一気にモチベーションが下がってしまいました。

 日没前、十勝岳連峰の一部に陽が射し込み、ピンクに染めました。
P1270627@


 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで、豚丼。
IMG_5471@


 tenki.jpを今見たら、明日の朝に晴れマークが付きました。

 しかし、気温、湿度、風速とも今一つなので、過度の期待はせずに、朝活に臨もうと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

美瑛の丘をめぐる旅~2019冬編①~ 2日目

 2日目の朝。

 ウェザーニュース vs tenki.jp の対決は、tenki.jpに軍配。

 しかし、気温については、-9℃までしか下がらなかったので、どちらも大外れ。

 つまり、キラキラとは程遠い朝になってしまいました。

 ブルーモーメントの丘
P1260080@

 冬の間だけかもしれませんが、ここはもう、日が出ていない時間帯にしか、落ち着いて撮ることができなくなってしまいました。

 そして、日の出の時刻。
P1260123@
P1260122
P1260139@

 山の稜線と雲の隙間から、薄っすらと光が見えましたが、丘に光りが射し込むことはありませんでした。

 その後、午前中はずっとこのような感じの空模様。
P1260199@

 昼食は、bi.yell cafeさんで、スープカレー。
IMG_5449@

 午後に入ると、ようやく青空が広がり始めました。
P1260216@
P1260285@

 動物たちの足跡
P1260251
P1260315@

 雪原に走る光と影
P1260298@

 フェルムラテール美瑛さんで、ティータイムセット。
IMG_5455@

 しかしその後、急速に雲が空を覆い始めてしまいました。

 時間が経つにつれて、さらに雲が広がり、そのまま夜の帳が下りてきました。


 明日は、どの天気予報も、-15℃以下の晴れ予報。

 きっと、あそこは大混雑するのでしょうね。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
             

美瑛の丘をめぐる旅~2019冬編①~ 初日

 今年初の美瑛。

 昨日までは、風もかなり強く荒れたお天気だったようですが、旭川空港を降りると、空は曇っていますが、ほぼ無風状態。

 まずは、美瑛神社で旅の安全祈願。
IMG_5429@

 曇天ですが、陽のぬくもりが多少感じられる空模様でしたので、雪原の丘に暗さはあまり感じません。
P1250010@

 昨日まで雪が降っていたためか、丘の雪原には動物たちの足跡もいっさいありませんでした。


 昼食は、2ヵ月半ぶりに、じゅんぺいさんでトンカツ定食。
IMG_5430@

 店内は、ほぼ韓国人の方々で埋め尽くされていました。


 日本風景写真協会北海道支部写真展2019が、bi.yellで開催されていたので、暫し鑑賞。
IMG_5431@

 どれも素晴らしい作品ばかりで、癒しと元気を頂いてきました。

 午後に入っても、変わらぬ空模様。
P1250023@
P1250033@

 それにしても、雪原を白く撮るのはとても難しいです。


 その後は、図書館に行って、昨年秋に放送されたブラタモリで、冒頭に紹介されたルベシベのお勉強。
IMG_5437@

 畑だけでなく、町道も南北・東西に走っているのが分かりますね。
IMG_5436@

 参考までに、ブラタモリの冒頭の場所はルベシベ4線で、朝霧の撮影スポットとして有名です。

 また、美瑛のルベシベは、留辺蘂ではなく瑠辺蘂ですので、お間違えのないように。


 日が傾いてくると、東と北の空に、少し青空が見えてきましたが、焼けることはありませんでした。
P1250067@
P1250072@

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで、味噌野菜ラーメン。
IMG_5440@

 2カ月半ぶりの懐かしい味に、大満足でした。

 明日は、ウェザーニュースとiPhone天気が晴れ予報なのに対し、tenki.jpとYahoo天気は曇の予報。

 -15℃以下になるのは確実そうなので、もしかしたらアレが見れるかもしれませんね。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
            

美瑛の丘をめぐる旅~2018晩秋編②~ 最終日

 最終日の朝。

 起きてすぐにアメダスを見ると、最低気温が3.2℃。

 観測地点(美瑛町原野5線)でこの気温では、青い池周辺も氷点下になることはなさそうなので、初雪の青い池は期待薄。

 日の出前に新栄の丘に上がってみるも、東~南東の空は厚い雲に覆われていたため、朝焼けや日の出も期待できない状態。

 ダメ元で青い池に行ってみました。
PB120351@

 昨夜をはじめ、ここ数日、雨が降っていたわりには、幻想的な青さを保っていました。

 加え、ライトアップに備えて池の掃除が行われたためか、落葉がほとんど見当たらない綺麗な池。
PB120366@

 風もほとんどなかったため、リフレクションも楽しむことができました。
PB120389@

 宿に戻り、朝食を摂っていると、薄っすらと陽が射し込んできたので、飛行機の時間までカラマツ探しへ。
PB120416@

 若年カラマツと熟年カラマツの共演。
PB120424@


 これで今年の北海道&美瑛の旅は終了。

 数えてみると、今年は北海道には14回、うち美瑛に10回来たことになります。

 滞在日数でいうと、何と北海道に72日間、うち美瑛に44日間(約1ヵ月半?)滞在したことになりました(笑)


 来年は、今年のようにたくさん来れることはないと思いますが、美瑛の丘やフォテージで、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
  

美瑛の丘をめぐる旅~2018晩秋編②~ 2日目

 2日目の朝。

 天気予報は曇で、ほぼ雲で覆われた空でしたが、微かに星が見える箇所もあったので、朝活決行。
PB110224@

 微かにほんのりした空になりましたが、焼けるまでには至りませんでした。

 宿に戻り、美味しいパンと美瑛牛乳を頂きながら暫し休憩。

 少し青空が出だしたので、10時前に出発。

 昨日と同様に、終焉を迎えつつあるカラマツ探しへ。
PB110232@

 まだ背の低い若いカラマツは、まだまだ綺麗に黄葉している場所もありました。
PB110240@

 その後、美瑛選菓で小休憩して外に戻ると、少し青空が見える中、小雨が降り出してきました。

 これはチャンスと思い丘に出ると、すぐに鮮烈な虹が出てきました🌈
PB110245@
PB110260@

 その後、昨夜のイベントに参加した方々と、Café BIEI -good day- カフェ美瑛~ランドマンたちの空庭さんでランチ。
IMG_5250@

 食事中、ほぼ虹が出っぱなしでした。

 昼食後、外に出ると、すっかり虹が消えてしまっていました。

 その後、ここで虹待ちするもなかなか出てこず、動き出して暫くしだしたら虹が出るという悪循環の繰り返し。
PB110273@
 
 陽射しがなかなか期待できない空模様になってきたので、再びカラマツ探しへ。
PB110287@

 まだまだ見頃と言える場所も残っていました。

 そして日没へ。
PB110329@

 微かに染まりだした雲もありましたが、これ以上焼けることはなく、夜の帳が下りていきました。

 その後、丘のまち美瑛 景観・写真国際フォーラム2018の写真展が行われているビエールへ。
IMG_5255@

 素晴らしい数々の作品に、心打たれました。

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで、みそ野菜ラーメン。
IMG_5258@

 寒くなってくると、美味しいラーメンが五臓六腑にしみわたります(๑´ڡ`๑)


 明日は、今年最後の美瑛。

 初雪の青い池は、果たして見ることができるでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

美瑛の丘をめぐる旅~2018晩秋編②~ 初日

 この秋5回目の北海道。

 今回の目的は、フォテージイン美瑛さんで開催される秋の特別企画「風景写真と料理を愉しむ集い」への参加。

 朝一の便で旭川空港に到着。

 外に出ると、この時期とは思えない生暖かい風。

 もう11月中旬にもなろうとしているに、今年は全く雪が降っていないそうです。

 いつもの如く、美瑛神社で旅の安全祈願。
IMG_5231@


 その後は、終焉を迎えつつあるカラマツ探しへ。

 この秋最後のカラマツの輝きでしょうか。
PB100060@
 
 カラマツのトンネルと言われる場所の多くは、落葉ロードとなっていました。
PB100056@

 早めの昼食は、じゅんぺいさんでいつものトンカツ定食(๑´ڡ`๑)
IMG_5233@

 オフシーズンに突入したせいでしょうか、かなり空いていました。

 午前中は陽ざしがありましたが、午後に入ると一気に雲が広がり、ポツポツと雨が降ってきました。

 すると、一瞬の虹が🌈
PB100076@

 その後は、雲と太陽の攻防。
PB100097@

 午後3時近くになると、厚い雲で空がかなり暗くなりましたが、十勝岳連峰だけに陽射しが当たるという不思議な天気。
PB100105@
PB100107@

 そして一気に雨が降り出してきました。

 少し経つと、西の空に雲の隙間から光芒が見えてきました。
PB100136@

 そして、虹祭りの開始🌈
PB100151@

 虹に近いせいでしょうか、24mmではとても全貌をとらえることができません。

 丘に陽射しが届き始めました。
PB100180@

 すぐ目と鼻の先に、虹が降り注いできました。
PB100187@
PB100192@


 そして宿にチェックイン。

 18時から今日のメインイベント、「ちゃい」さんの絶品中華を楽しみながら、美瑛在住の風景写真家・中西敏貴さんの写真セミナーと写真講評会。
IMG_5236@
IMG_5239@

 気が付いたら、あっという間に22時。

 いやー、中西さんのトークと講評会、とても勉強になりました。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

美瑛の丘をめぐる旅~2018晩秋編①~ 最終日

 最終日の予報は、明け方は曇ですが、7時頃から雨の予報。

 4時頃に雨音が聞こえましたが、その後は止みました。

 少し明るくなってきたので、宿の外に出ると、十勝岳連峰の上側の雲が薄くなっており、朝焼けの予感。

 朝活決行です。

 空一面とまではいきませんでしたが、かなり焼けてくれました。
PA292226@
PA292235@

 天空の城ラピュタのような雲も見事に焼けました。
PA292244@

 その後、地元の方に教えて頂いた、番狐が見守るニオのある場所へ行ってみましたが、残念ながらこの姿。
IMG_5163@

 6時半頃から、本格的に雨が降り出してきたので、朝活終了です。

 フォテージイン美瑛に戻り、パンと美瑛牛乳を頂いて、暫しまったり。


 チェックアウト後も雨が降り続いていたので、丘のくら2階の美瑛町写真映像協会の写真展へ。
IMG_5164@
IMG_5171@
IMG_5170@

 数多くの素晴らしい作品が展示されていました。

 フォテージのスタッフHさんの写真も展示されていますよ。

 その後も雨が降り続いていたので、飛行機の時間まで郷土学館「美宙」へ。
IMG_5205@
IMG_5204@
IMG_5203@
IMG_5202@
IMG_5201@

 もう何度も来ていますが、今回はかつての美瑛グッズを見てみたいと思います。
IMG_5181@

 美瑛デザインのたばこや使い捨てカメラがあったのですね。

 皆さん、小林清美さんが歌うこの曲、聞いたことありますか?
IMG_5179@

 今から22年前、丘のまちフェスティバル96に来られて、この曲の発表会を行ったそうです。

 ここは町立図書館とともに、雨の日の貴重なお供ですね。


 郷土学館「美宙」を出ると、微かに陽ざしが見えたので、虹を確認しに近場の三愛の丘へ。

 到着すると、雨雲に覆われて、また雨が降ってきてしまいました。

 飛行機の時間が近づいてきたので、旭川空港に到着すると晴れ。

 目まぐるしく変わる天気でしたので、今日はきっと大きな虹が出たのでしょうね。


 最後に、悲しいお知らせをひとつ。

 クリスマス前に、フォテージのスタッフSさんが、おやめになるとのこと。

 フォテージに泊まる大きな楽しみのひとつである、Sさんを囲んだ夜の団欒が無くなってしまうのは、とても寂しいですね。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
              

美瑛の丘をめぐる旅~2018晩秋編①~ 3日目

 3日目の早朝。

 宿の前の道路から確認すると、山の稜線がクッキリ。

 新栄の丘に登り周辺を確認すると、ガスっている気配はありませんが、山の上に大きな雲が。

 朝焼け狙いに変更です。

 この丘に到着してから30分、ようやく空が少し焼けてきました。
PA281965@

 空一面の朝焼けを期待しましたが、これ以上焼けることはありませんでした。
PA281995@

 そして日の出へ。
PA282024@

 この後、強い陽射しが射し込んできたので、黄金色に輝くカラマツめぐりへ。
PA282076@
PA282079@
PA282081@

 朝活を終えて、フォテージイン美瑛に戻り、美味しいパンと美瑛牛乳で朝食。

 天気予報では朝9時頃から曇の予報でしたが、青空いっぱいの空模様だったので、丘に戻り再びカラマツの旅。
PA282101@
PA282124@
PA282137@

 赤いモミジが残っている場所もありました。
PA282155@

 その後、11時頃に通り雨があり、虹が出る雰囲気プンプン。

 高台に上がって確認すると、既に終わりかけでした(T_T)
PA282159@

 その後、1時間くらい虹待ちするも、出る気配がなかったので、ビエールカフェさんでランチ。
IMG_5142

 ランチを終えて地上にあがると、小雨が舞っていました。

 そして駐車場に出て、右側を見た瞬間、虹🌈がクッキリ。

 慌ててケンとメリーの木の駐車場へ。
PA282172@
PA282177@

 その後は、陽射しを浴びた丘と雲のコントラストが、晩秋の丘を引き立たせます。
PA282184@
PA282191@

 その後、フェルムラテール美瑛さんで買い物をしていると、空一面を雲が覆ってしまったので、宿に戻りひと休み。

 夕方、丘に再び出ようとしたところ、雨が降り出してきたので、今日はここで終了。

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで豚丼。
IMG_5154

 美味しいのはラーメンだけじゃありません(๑´ڡ`๑)

 最終日の明日は、朝7時から雨の予報。

 早朝に賭けるしかなさそうです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
             

美瑛の丘をめぐる旅~2018晩秋編①~ 2日目

 2日目の天気予報は、曇のち雨で、夕方に雨があがる予報。

 日の出前に丘に出ると、気温が高くて風が強く、朝霧の気配は全くなし。
PA271608@

 丘をブラブラしながら、カラマツを中心に撮影して回ることに。
PA271620@
PA271643@
PA271663@

 美瑛にあるカラマツは、全て人工的に植樹されたもので、このような苗畑で栽培されます。
PA271660@

 美瑛町では、竹内山林緑化農園さんがカラマツの生産者として有名ですね。

 ちなみに、美瑛周辺の生粋の道産子は「カラマツ(落葉松、唐松)」なんて洒落た言葉は使わず、単に「らくよう(落葉)」って呼ぶそうです。

 カラマツの紅葉が進み、丘の道にカラマツの落葉が道路上にかなり目立つようになってきました。

 丘の至る所に、まだ回収されていないビート(甜菜)が山積みされています。
PA271652@

 収穫が終わった農地は整地され、年越しの準備が着々と進んでいます。
PA271635@

 一方、緑肥のひまわりを畑に鋤き込んだままの丘も、所々で見受けられます。
PA271670@

 朝食のため、一度フォテージイン美瑛に戻り、再び丘に戻ると、しとしとと小雨が降り出してきました。

 大降りにならないうちに、青い池へ。
PA271680@

 昨日より、青さが増したように感じます。

 その後も雨が降り続いていたので、北西の丘のギャラリーめぐり。

 昼食は、今年あたらしく美瑛町三笠にオープンした和風創作料理のなかむらさんへ。

 場所は、美瑛の丘のおもちゃ屋さんアトリエnipekさんの中間ぐらいにあります。

 お店に入ると、薪ストーブが焚かれていました。
IMG_5117@

 本日の献立(和食膳)は、前菜5種、天ぷら盛、きのこのホイル焼き、豆乳豆腐、御飯、香の物、デザート、コーヒー。
IMG_5119
IMG_5125
IMG_5129

 どの料理もとても美味しく、値段もリーズナブルなので、コスパがとても高いと思いました。

 冬季も営業するとのことですので、あの道が完全に除雪されることになり、冬のニペックさんへのアクセスがとても良くなります。

 なお、お食事は事前に予約が必要とのことです。

 昼食後、雨がかなり強くなってきたので、拓真館で休憩。

 小降りになってきたので、遠くを見ると、微かに青空が。

 すると雨が上がり、丘が明るくなってきました。
PA271689@

 虹を期待できる天気になってきたので、とある高台で虹待ち。

 一瞬、虹が出ましたが、すぐに消えてしまいました。

 その後、遠くに陽射しが射し込む場所が見えたので、そちら方面に行ってみることに。

 太く短い虹が出ていました。
PA271707@

 その後は、徐々に陽射しが丘に射し込むようになり、カラマツが黄金色に輝き出しました。
PA271748@
PA271756@

 夕方は、久しぶりにクリスマスツリーの木へ。
PA271796@

 日が沈む時、オレンジの光芒が燃え上がるように雲を照らしました。
PA271858@

 その後、劇焼けを期待しましたが、このような感じを最後に、夜の帳が下りてきました。
PA271875@

 夕食は、ごまそば鶴喜さんで野菜カレー蕎麦。
IMG_5132@

 明日は、朝晴れる予報となっていますが、果たして朝霧は出現するでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
            

美瑛の丘をめぐる旅~2018晩秋編①~ 初日

 この秋、3度目の美瑛の旅へ。

 早朝のAirDO便に乗り、羽田を出発。

 8時過ぎに着陸態勢に入ると、富良野~上富良野にかけての一帯が雲海の中。
IMG_5089@

 旭川空港に近づくにつれて、朝霧が晴れてきました。
IMG_5102@

 空港を出発して、最初のルーティンは美瑛神社での旅の安全祈願。
IMG_5107@

 丘に出ると、9時を過ぎているのに朝霧が残っていました。
PA261342@
PA261361@

 白樺の紅葉(黄葉)もまだ健在です。
PA261350@
PA261379@

 カラマツもかなり色付いてきました。
PA261393@

 昼食は、定番のじゅんぺいさんのトンカツ定食。
IMG_5111@

 昼食を終えて外に出ると、かなり雲が多くなってきてしまいました。

 そこで、白金方面に行ってみることに。

 青い池の紅葉。
PA261446@

 午後1時を過ぎると、再び青空が広がり、カラマツ林を黄金色に輝かせ始めました。 
PA261478@

 十勝岳連峰も綺麗に見え始めました。
PA261516@
PA261520@

 十勝岳連峰をバックに、ブルーリバーと紅葉
PA261535@

 美瑛岳とカラマツ林
PA261541@

 そして再び青い池へ
PA261549@
PA261572@
PA261557@

 午後3時を過ぎると、急速に雲が広がり、青空が消えていきました。
PA261578@

 そして日没時刻を過ぎると、空が焼けることなく、夜の帳が静かに下りてきました。

 今宵の宿は、いつものフォテージイン美瑛さん。

 ~美瑛に行こう 美瑛に泊まろう~宿泊クーポン券を利用させて頂きました。
IMG_5109@

 美瑛町内の宿泊施設を予約し、こちらをクリックすると、お一人様3000円分の宿泊クーポン券を申し込むことができますよ!
 
 宿泊クーポン券は、四季の情報館で受け取ることができます(運転免許証などの身分証明書が必要となります)。

 夕食は、定番の旭川ラーメン美瑛店さんで、みそラーメン。
IMG_5112@





↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
           

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編②~ 最終日

 最終日の朝。

 丘に出て高台に登って確認するも、ガスっている気配はなし。

 3日連続の朝霧とはなりませんでした。

 ということで、今朝はヒマワリ狙いに切り替え。

 日の出直前の空。
PA150975@

 微かですが焼けてくれました。

 そして日の出へ。
PA151010@

 朝日がヒマワリ畑を輝かせます。
PA151031@
PA151046@

 別の場所のヒマワリ畑へ。
PA151059@

 白金方面がガスっているように見えたので、紅葉と絡ませたいと思って行ってみることに。

 しかし、時すでに遅しのようで朝霧はありませんでした。
PA151069@
PA151076@

 フォテージイン美瑛さんに戻り、美味しいパンと美瑛牛乳を頂いてチェックアウト。

 まずは、びえい「丘のくら」へ

 道の駅スタンプラリー2018完全制覇の認定証とステッカーを頂きました。
IMG_5050

 その後は、紅葉探しへ。

 白樺の紅葉(黄葉)が見頃ですね。
PA151079@
PA151082@
PA151241@

 紅葉の赤も所々で見られました。
PA151086@

 昼食は、道の駅でびえい豚テキディッシュ
IMG_5052@

 美瑛豚はいつものとおり美味しいのですが、このところ冷めたコーンスープが出てくるのが気になります。

 昼食後は、アップダウンの激しい遊歩道を散策して、ひと気が全くない丘へ。
PA151184@

 雲と影が良い感じに流れていました。

 収穫の秋が進み、丘の彩りも残り少なくなってきました。
PA151245@
PA151261@

 錦秋の丘
PA151270@

 この後、場所を移動している最中に天気雨が。

 これはチャンスと思い、近場の高台へ。

 わずか2~3分程度ですが、綺麗な虹が出てくれました。
PA151289@
PA151283@

 夕方、十勝岳の山頂部がようやく顔を出してくれました。
PA151308@

 夕日に染まるオプタテシケ山と雲。
PA151323@

 この後、急速に西の空に雲がかかってきたため、これで終了。

 次回は、カラマツが黄金色に輝く頃に、また丘に戻ってきます。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編②~ 3日目

 3日目の朝。

 宿の周辺に朝霧は全くなかったので、まずは新栄の丘に行き、高台から状況確認。

 すると、瑠辺蘂から深山峠方面に朝霧が見えたので、そちらを目指すことに。

 日の出直前、燃えるような光芒が雲を照らしていました。
PA140695@

 陽が丘に差し込み始めると、朝霧が黄金色に染まります。
PA140728@

 朝霧に包まれたヒマワリ畑。
PA140746
PA140775@

 青い池の紅葉も見頃ですね。
PA140790@

 僭越ながら、貴公子に寄せてみました(笑)
PA140803@

 その後、フォテージイン美瑛に戻り、朝食。

 朝食後は、再び白金方面に行き紅葉探し。

 皆空窯から白金模範牧場の道は、いつもは紅葉が綺麗なのですが、今年は今一つの感じ。

 白ひげの滝
PA140842@

 ここの紅葉も、今年はあまり映えませんね。

 昼食は、ビエールカフェさんで美味しいスープカレー
IMG_5039@

 昼食後は、富良野方面へ遠征

 麓郷街道の紅葉は見頃を迎えていました。
PA140861@

 麓郷~北布礼別周辺も紅葉真っ盛りです。
PA140877@
PA140881@

 旭野やまびこ高地の紅葉も見頃です。
PA140895@

 美瑛では、豆の収穫の機械化が進み、ニオを見かけることは殆どなくなってきてしまいました。
PA140918@

 今の時期、農家の方々は、ビートの収穫に大忙しです。
PA140905@
PA140923@

 夕方、フェルムラテール美瑛さんでお土産を購入。
IMG_5040@

 西の空の低い位置には雲が立ち込めてきたため、今日は焼けることはないと判断。
IMG_5042@

 早めに切り上げて、トリトン旭神店へ。
IMG_5044@
IMG_5046@
IMG_5048@

 やはり回転寿司はトリトンに限ります(๑´ڡ`๑)

 明日も晴れ予報。

 3日連続の朝霧となるでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編②~ 2日日

 2日目の朝。

 5時前に外を見ると、見事な朝霧。

 今朝は期待できそうです。

 夜明け前の丘
PA130280@
PA130295@

 遠くに朝霧が見えます。

 そして日の出
PA130320@

 朝霧が陽射しを浴びて染まります。
PA130322@

 次は、白虹を目指して朝霧の中に向かって、一目散に車を走らせます。

 到着すると、すぐに白虹が出はじめました。
PA130383@

 24mmだとギリギリ一杯でした。

 この位の方が身の丈に合っています(笑)
PA130412@

 その後は、朝霧を近くで撮影することに。
PA130427@
PA130430@
PA130434@

 フォテージイン美瑛に戻り、美味しいパンと美瑛牛乳を頂いてひと休み。

 そして宿を出発して、天人峡へ。

 ビジター用の駐車場は満車だったので、トンネル手前の駐車場に止めて羽衣の滝に向かいます。

 紅葉に包まれた羽衣の滝
PA130496@
PA130457@

 まさに見頃でした。

 昼食は、ミシュランガイド北海道ビブグルマン掲載店のちゃいさんで担々麵
IMG_5006@
 
 辛さはふつうを選びましたが、さすが本格中華、なかなかの辛さで汗をかいてしまいました💦

 昼食後は望岳台へ
PA130517@

 紅葉は、終焉に向かいつつある感じでした。

 そして再び丘へ。

 明け方ハッキリ見えていた十勝岳連峰は、午前中に山頂部が雲に包まれてしまいましたが、少しずつ雲が晴れてきました。
PA130532@

 今日は、オプちゃん(オプタテシケ山の愛称?)がとても綺麗に見えました。
PA130542@
PA130552@

 午後3時頃になると、十勝岳の雲も取れてきました。
PA130563@

 ヒマワリ畑と十勝岳連峰
PA130587@
PA130574@
PA130577@

 そして夕暮れへ
PA130632@

 夕食は、ごまそば鶴喜さんで、カツとじ定食。
IMG_5019@

 ミニそばも付けてしまったので、お腹がパンパンです。

 明日の朝も、今朝と同じような気温と湿度。

 果たして、今日のような朝霧&白虹の再現はあるのでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編②~ 初日

 3週間ぶりの秋の美瑛。

 旭川空港に到着すると、あいにくの小雨模様。

 まずは、いつもの通り、美瑛神社で旅の安全祈願。
IMG_4984@

 3週間前に、5ヶ所くらいの緑肥ヒマワリ畑を確認してたので、回ってみることに。

 既にFacebookで何ヶ所か鋤かれていたのは知っていましたが、やはりタイミングを逸してしまったようです。
PA120010@
PA120026@

 10時頃には雨は上がり、少しずつ青空が広がりだしました。

 昼食は、じゅんぺいさんで定番のトンカツ定食。
IMG_4989@

 昼食後、丘に戻ると青空がさらに広がり、陽射しも射し込むようになってきました。

 そして5ヶ所目でようやく鋤かれていないヒマワリ畑に出逢うことができました。
PA120091@
PA120047@

 丘の木々は紅葉がかなり進んできました。
PA120094@

 その後、急に雨雲が広がり、本格的な雨に。

 暫くすると止んで、陽射しが射し込むようになってきました。
PA120115@

 この間、実は虹がでたようなのですが、下の道を走っていたため、確認することができず。

 その後、別のヒマワリ畑を発見。
PA120130@

 その後、また雲が広がり小雨が降り出しましたが、すぐに陽射しも出てきました。

 すると、大きな虹🌈
PA120142@
PA120146@

 そしてダブルレインボーへ。
PA120147@

 すかさず場所を移動して、ポプラの木に虹を架けようと試みましたが、残念ながら終わってしまいました。
PA120151@

 夕方、また陽射しが戻ってきて、東の空の雲をピンクに染め始めました。
PA120199@

 良く見ると、雲に陽射しが当たり、天使の梯子が地上に降り注いでいます。
PA120184@

 そして日没へ。
PA120237@

 残念ながら焼けませんでした。

 薄暮の中、東の空を見ると、何と天空の城ラピュタのような雲が出来ているではありませんか。
PA120250@

 日が暮れたので、フォテージイン美瑛さんにチェックイン。

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで、みそ野菜ラーメン。
IMG_4994@

 身体に染み渡る美味しさです。


 明日は晴の予報。

 明け方は5℃まで冷え込み、湿度も高そうなので、朝霧の期待が高まりますね。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

道央をめぐる旅~2018秋編~ 最終日

 最終日は、新千歳空港19時30発の便(ANA078便)を予約しているので、台風24号の影響が心配。

 マイレージで予約しているため、当日の予約変更は空港カウンターのみ。

 早めに空港に入り、早い便に変更しようかと思います。

 双子のサクランボの木
P9300959@

 悲しいことに、右側の木の枝がなくなってしまっていました。

 その後、一路洞爺湖へ。

 浮見堂公園
P9300963@
P9300981@

 日曜日の午前10時だというのに、悲しいことに私以外、観光客は誰一人いませんでした。

 その後、室蘭へ。

 白鳥大橋
IMG_4964@
 
 地球岬
P9300999@

 ここに来ると、やはり地球は丸いんだなってことを実感させてくれます。

 その後、登別から倶多楽湖を目指すも、倶多楽湖線350号が通行止め。

 高速で白老まで行き、ポロトコタンに行ってみると閉鎖中。

 仕方なく空港方面を目指しながら、味の大王総本店で昼食。
IMG_4966@

 カレーラーメンを待っている時、メールを確認すると、ANA078便が欠航とのこと。

 ANAホームページで運航状況を確認すると、17時30分以降の羽田行きの便は全て欠航。

 慌てて、車をレンタカー屋さんに返し、空港へ。

 電光掲示板を見ると、欠航していない17時発までの便はすべて満席。

 そして予想通り、ANAカウンターは大混雑。

 挙句の果てに、欠航に怒って暴れまくっていた中国人は警備員に取り押さえられる始末。

 それを横目に見ながら、プレミアムカウンターに行くと、17時発のプレミアムクラスに1席空席があったので、すかさず予約変更。

 無事、帰路に着くことができました。
IMG_4968@


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道央をめぐる旅~2018秋編~ 2日目

 今日の後志地方は、一日中晴れの予報。

 残り3つとなった道の駅スタンプラリーを、今日で完結させる予定です。

 まずは岩内温泉を出発して約1時間、神威岬へ
P9290820@
P9290825@

 積丹ブルーが綺麗ですね。

 写真を撮るなら、岬の先端に行くよりも、この高台からの方が良いと思っているので、もう何年も岬の先端には行っていません。

 この高台から見下ろすことができる水無しの立岩
P9290834@

 その後は、余市方面へ

 ローソク岩
P9290858@

 いつかはこの岩の火を灯してみたいですね。

 えびす岩・大黒岩
P9290867@

 今日の1つ目の道の駅「スペース・アップルよいち」の隣にあるスペース童夢
IMG_4930@

 これで残りあと2つとなりました。

 今日は車のため、マッサンはパスします(笑)
IMG_4932@

 昼食は、柿崎商店さんで「イトコ丼」
IMG_4933@

 通常、「鮭の親子丼」と呼ばれることが多いと思いますが、そう呼ばないのは、この鮭とイクラが実の親子関係にないからでしょうか?

 そして、道の駅「あかいがわ」
IMG_4938@

 赤井川村のマスコットキャラクター「あかりん」

 超可愛いですね‼

 これで残りあと1つです。

 最後の道の駅に行く前に、ちょっと寄り道

 望羊の丘
P9290883@

 かつて「ツーリングマップル」の表紙を飾ったことがある場所だそうです。

 残念ながら、羊蹄山の山頂部は雲で覆われてしまっていました。

 そして、最後の道の駅「望洋中山」
IMG_4940@

 これで、北の道の駅スタンプラリー2018の完全制覇です‼


 その後は、今日の宿泊地であるニセコへ。

 ニセコ高橋牧場
P9290889@

 ソフトクリームは290円とリーズナブルな価格です。
IMG_4944@

 ニセコアンヌプリゴンドラに初めて乗ってみました。
IMG_4949@

 1000m台地展望台より望む羊蹄山
P9290919@

 下りのゴンドラより望む羊蹄山
P9290936@

 ニセコ大橋より望む羊蹄山
P9290948@

 今日の蝦夷富士は、残念ながら山頂部が雲に覆われたままでした。

 今日の宿泊先は、ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
IMG_4951@


 これで2009年、2010年、2011年に続き、4回目の北の道の駅スタンプラリー完全制覇。

 今宵はゆっくり温泉に浸かった後、祝杯をあげます‼


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

道央をめぐる旅~2018秋編~ 初日

 今回の北の大地の旅は、道の駅スタンプラリー2018の完結編。

 残すは後志の14駅です。

 新千歳空港に降り、支笏湖を経由して後志方面へ。

 まずは「230ルスツ」「名水の郷きょうごく」と道の駅をめぐります。

 京極ふきだし公園
P9280716@

 その後「真狩フラワーセンター」で昼食。

 ゆり根のかきあげ丼を頂きました。
IMG_4916@

 昼食後は、「ニセコビュープラザ」「らんこし・ふるさとの丘」「くろまつない」とめぐり、「よってけ!島枚」へ。
IMG_4919@

 内地ではあまり知られていないと思いますが、夏以降、島牧村には毎日のようにヒグマが出没しているようですね。

 村議会でもヒグマの捕獲奨励金をめぐって、かなり揉めているようです。

 その後、「みなとま~れ寿都」「シェルプラザ・港」「いわない」とめぐり、今日の最後の道の駅は「オスコイ!かもえない」
IMG_4920@

 道の駅には流木アートが置かれています。

 まさに流木ガイコツですね(笑)


 その後は、宿泊先へのチェックイン時間まで雷電国道をドライブ。

 神恵内村にある窓岩
P9280723@

 沼前駐車場より望む神威岬
P9280744@

 そして今日の夕陽は、神恵内村の弁財澗パーキングより
P9280787@
P9280793@
P9280803@

 光芒が日本海に降り注いでいました。

 今宵の宿泊先は、いわない温泉「おかえりなさい」
IMG_4925@

 かつては純和風の高級旅館だったそうですが、今はリーズナブルなお宿。

 ホッケとイカ刺し、美味しかったです。


 北の道の駅完全制覇まで、残りは余市、赤井川、望羊中山のあと3つ。

 明日には完全制覇が達成できそうです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編①~ 最終日

 最終日は曇のち晴れの予報

 4時半頃、外を見ると少しガスっている感じがしたので、朝活決行。

 朝霧の出ている場所が刻々と変化していたため撮影場所を決めかねてしまい、ひたすらグルグル丘をまわってしまう羽目に。 
P9230454@
P9230474@
P9230477@
P9230484@

 今朝の撮影は完全に失敗でした。

 その後、陽射しが強くなってきました。
P9230499@

 7時前、雲海の上に虹が出てくれました。
P9230504@@

 宿(フォテージイン美瑛)に戻り、美味しいパンと美瑛牛乳を頂いてチェックアウト。

 青空が少しずつ広がり、陽射しも強くなってきました。

 今日も、朝から美瑛センチュリーライドが開催されていたため、なるべく邪魔にならない場所へ。

 これから秋にかけての丘の主役は、ビートと豆類ですね。
P9230534@

 11時頃、空一面が雲に覆われてきて、雨雲レーダーに映っていないのに、いきなり雨が降り出してきました。

 その後、陽射しも少し出てきたので、虹を探しに高台をまわりますが、見つけることができず。

 昼食は、ごまそば鶴喜さんで野菜カレー蕎麦。
IMG_4884

 昼食後は昨日に続き、富良野方面へ。

 鳥沼公園
P9230556@

 そろそろ、センチュリーライドの選手たちがゴールしているかと思い、午後3時頃に再び美瑛に戻ってきました。
P9230563@
P9230574@
P9230597@

 ANA最終便に搭乗するため、今日のリミットは17時半。

 西の空に雲が出ていましたが、日没の瞬間、雲間から太陽が現れました。
P9230624@

 日没後、反対側の空を見ると月が出ていました。
P9230668@


 3日間、美瑛を旅してきましたが、何不自由なく丘をめぐることができました。

 唯一、震災の影響と思われたのは、外国人観光客が少ないことだけ。


 厚真町周辺や清田区など、震災により大きな被害を受けた場所は一部ありますが、北海道の大半は「全道ブラックアウト」の影響のみ。

 「節電目標1~2割」から「無理のない範囲での節電」緩和された今、「自粛」こそが北海道復興への最大の妨げです。

 宿泊のキャンセル等、北海道の観光被害は、9月15日時点で292億円にものぼることが発表されており、さらに増え続けているかもしれません。

 北海道の大半は日常を取り戻しています。

 今、北海道に行くことこそが最大の復興支援であると私は思います。


 そして最も自粛すべきことは、被災地である厚真町周辺や清田区などに興味本位で行ったり、そこでピースサインした写真を撮ったりする行為です。


 これからの北海道は紅葉真っ盛りとなります。

 外国人が少ない今だからこそ、皆さんで秋の北海道を目一杯満喫しましょう‼



↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編①~ 2日目

 2日目の朝

 4時半頃に外を見ると、ほぼ曇天の様子。

 日の出前の丘
P9220318@

 十勝岳連峰は見えていますが、朝霧や日の出は期待できそうにありません。

 日の出の時刻を過ぎても、陽射しの気配すら感じられません。
P9220320@
P9220335@

 豆類もかなり色付いてきました。
P9220350@

 キガラシも所々で咲いています。
P9220357@

 宿(今回も勿論、フォテージイン美瑛さん)に戻り、美味しいパンと美瑛牛乳を頂き、暫し休憩。

 今日は、美瑛センチュリーライドで、多くのサイクリスト達が丘を回るため、邪魔にならないように富良野方面に行くことに。

 しかし、富良野に近づくにつれ雨が強くなってきてしまったため、支那虎さんで早めの昼食。
IMG_4872

 ここは、ドラマ「風のガーデン」の撮影で黒木メイサさんが富良野に来られた際に、良く食べに来て、お勧めしていたということで、10年くらい前に大ブレークしたお店。

 いつもは「支那そば」を頂くのですが、今回は「こげ塩」を頂きました。

 昼食後、フラノマルシェでお土産を買っていたら雨があがってきたので、麓郷展望台に行ってみることに。
P9220368@
P9220372@
P9220377@

 ここは曇天でも絵になりますね。

 その後、富良野オルゴール堂さんでお土産を買った後、久しぶりに麓郷の森に行ってみることに。
P9220383@

 五郎の丸太小屋や「'87初恋」で登場した風力発電の家は、昔は無料だったのですが、今は500円の入場料を取ることになったのですね。
P9220403@
P9220391@

 古い建物を維持していくためには必要なことなのかもしれません。

 そろそろ美瑛に戻ることにします。

 本幸のポプラ並木
P9220414@

 ようやくニオを見つけました。
P9220422@

 美瑛に戻り、麦菓堂さんと、フェルムラテール美瑛さんでお土産を購入し、再び宿に戻って休憩。

 5時半頃になると、南から南西の空が少し明るくなってきたので、丘に出てみることに。

 空が少し明るみを増しましたが、焼けることはありませんでした。
P9220436@

 明日は曇のち晴れの予報。

 今回の最大の目的は朝霧なのですが、果たしてみることはできるでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
           

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編①~ 初日

 9月6日に発生した北海道胆振東部地震の後、初の美瑛へ。

 まずは、いつもの如く、美瑛神社で旅の安全祈願
IMG_4852@

 今朝は5℃まで冷え込んだようですが、秋晴れが眩しい朝です。

 気になるものが栽培されていました。
P9210026@

 でも、多分ソッポを向かれてしまうのでしょうね(^-^;)

 青空の色が秋色ですね
P9210033@

 昼食は、じゅんぺいさんでトンカツ定食
IMG_4853@

 外国人がいなくても、11時前にして日本人でほぼ満席でした。

 以前の北町店に初めて来店したのは、21世紀になって間もない頃。
 15年以上変わらない美味しいトンカツ定食、ゴチでした(๑´ڡ`๑)

 昼食後は、十勝岳温泉郷へ
P9210051@

 いつも、この時期は綺麗な紅葉が見れるのですが、見頃はもう少し先でしょうか。

 久しぶりに、日中の青い池に来てみました。
P9210114@

 観光バスも3台止まっており、外国語もチラホラ聞こえてきましたので、復活間近ですね。

 育成牧場から望む十勝岳
P9210125@

 その後は、久しぶりに旧白金GCの前を通り、置杵牛を抜けてきました。
IMG_4856@

 Twitterのフォロワーさんから教えてもらったこの看板。

 以来、この道を通ると、何故かこの看板を撮りたくなってしまいます(笑)
 
 十勝岳に続く道
P9210143@

 今年は3年ぶりに、ここでニオが見れるでしょうか?
P9210154@

 秋撒き小麦の緑が少しずつ見えてきました。
P9210158@

 先日の台風の影響で、ここから2件の小屋を見ることはできなくなってしまいました。
P9210164@

 ここには新しくベンチができたのですね!
P9210176@

 久しぶりに、四季彩の丘に来てみました。
P9210186@

 観光バスが3台来ていましたが、駐車場も結構空いており、人っ子一人映らない写真を撮ることができました。

 夕方になると、雲がかなり出てきました。
P9210213@

 今年最後の牧草ロール
P9210227@

 夕方から作り始めたようですが、後片付けも早いかもしれませんね。

 そして今日の夕焼け
P9210307@

 かなり綺麗に焼けました。

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで、みそ野菜ラーメン。
IMG_4864@

 いつものように優しくて美味いラーメン、ゴチでした(๑´ڡ`๑)


 今日1日、美瑛をまわりましたが、美瑛はとても元気ですよー‼

 今、北海道に来ることこそが、最大の復興支援。
 この秋、今回を含めて美瑛に4回、スタンプラリー完結に1回、計5回来ます‼️
 

↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

北の大地をめぐる旅~2018夏編~ 最終日

 最終日の朝は、寝不足気味であったため、4時半に起床。

 麦稈ロールができているのを期待して、あの丘に行ってみると、麦稈はまだ放置状態。
P7290210@
P7290228@

 この雲の感じなら、4時頃は朝焼けしていたかもしれません。

 今朝は、十勝岳連峰が綺麗に見えたので、牧草ロールとともに。
P7290250@

 蕎麦畑と十勝岳
P7290270@

 早朝の十勝岳連峰
P7290272@

 宿に戻り、身支度をしてチェックアウト。

 25日間も旅をすると、荷物の整理が大変でした(^-^;)

 フェルムラテール美瑛さんでお土産をゲット。
P7290280@
P7290283@

 今日は風があるため、カラッとしていて山が綺麗に見えます。
P7290289@

 午前中の逆光の中でも、十勝岳連峰もクッキリ見ることができました
P7290326@

 美瑛での最後は、丘の神様に感謝のお参り。
IMG_4676@

 この後、道の駅を経由しながら、苫小牧港を目指します。

 道の駅「自然体感しむかっぷ」 
IMG_4680

 これで、道北エリアを完全制覇です‼

 その後、道の駅「樹海ロード日高」を経由して、今回の旅の最後の道の駅「ウトナイ湖」へ
P7290346@

 ウトナイ湖では、2羽の白鳥を見ることができました。

 そして、苫小牧港フェリーターミナルへ
IMG_4691@

 7月5日に北海道に上陸してから今日で25日目、これから北海道を発ちます。

 洞爺湖、幕別、釧路、根室、羅臼、斜里、屈斜路湖、西興部、稚内、豊富、旭川、歌志内、札幌、美瑛と宿泊しながら、道の駅スタンプラリーを行いつつ、各地の風景写真の撮影を行なってきました。

 前半は蝦夷梅雨に完璧打ちのめされて、ほとんど撮影できない日も多くありましたが、美瑛入りしてからは天候に恵まれ、早朝から日没まで忙しく動きまわりました。

 特に美瑛では9泊もしたため、単に撮影だけでなく、多くの方々との出会いにも恵まれま、本当に良い旅になったと思います。

 これからフェリーで約19時間揺られながら、帰路に着きます。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        
プロフィール

丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。


QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

北海道旅行 ブログランキングへ