丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。
※リンクフリーです。
※当ブログに掲載している写真や記事の無断引用は、固くお断りしております。

旅行記

美瑛の丘をめぐる旅~2018晩秋編①~ 3日目

 3日目の早朝。

 宿の前の道路から確認すると、山の稜線がクッキリ。

 新栄の丘に登り周辺を確認すると、ガスっている気配はありませんが、山の上に大きな雲が。

 朝焼け狙いに変更です。

 この丘に到着してから30分、ようやく空が少し焼けてきました。
PA281965@

 空一面の朝焼けを期待しましたが、これ以上焼けることはありませんでした。
PA281995@

 そして日の出へ。
PA282024@

 この後、強い陽射しが射し込んできたので、黄金色に輝くカラマツめぐりへ。
PA282076@
PA282079@
PA282081@

 朝活を終えて、フォテージイン美瑛に戻り、美味しいパンと美瑛牛乳で朝食。

 天気予報では朝9時頃から曇の予報でしたが、青空いっぱいの空模様だったので、丘に戻り再びカラマツの旅。
PA282101@
PA282124@
PA282137@

 赤いモミジが残っている場所もありました。
PA282155@

 その後、11時頃に通り雨があり、虹が出る雰囲気プンプン。

 高台に上がって確認すると、既に終わりかけでした(T_T)
PA282159@

 その後、1時間くらい虹待ちするも、出る気配がなかったので、ビエールカフェさんでランチ。
IMG_5142

 ランチを終えて地上にあがると、小雨が舞っていました。

 そして駐車場に出て、右側を見た瞬間、虹🌈がクッキリ。

 慌ててケンとメリーの木の駐車場へ。
PA282172@
PA282177@

 その後は、陽射しを浴びた丘と雲のコントラストが、晩秋の丘を引き立たせます。
PA282184@
PA282191@

 その後、フェルムラテール美瑛さんで買い物をしていると、空一面を雲が覆ってしまったので、宿に戻りひと休み。

 夕方、丘に再び出ようとしたところ、雨が降り出してきたので、今日はここで終了。

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで豚丼。
IMG_5154

 美味しいのはラーメンだけじゃありません(๑´ڡ`๑)

 最終日の明日は、朝7時から雨の予報。

 早朝に賭けるしかなさそうです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
             

美瑛の丘をめぐる旅~2018晩秋編①~ 2日目

 2日目の天気予報は、曇のち雨で、夕方に雨があがる予報。

 日の出前に丘に出ると、気温が高くて風が強く、朝霧の気配は全くなし。
PA271608@

 丘をブラブラしながら、カラマツを中心に撮影して回ることに。
PA271620@
PA271643@
PA271663@

 美瑛にあるカラマツは、全て人工的に植樹されたもので、このような苗畑で栽培されます。
PA271660@

 美瑛町では、竹内山林緑化農園さんがカラマツの生産者として有名ですね。

 ちなみに、美瑛周辺の生粋の道産子は「カラマツ(落葉松、唐松)」なんて洒落た言葉は使わず、単に「らくよう(落葉)」って呼ぶそうです。

 カラマツの紅葉が進み、丘の道にカラマツの落葉が道路上にかなり目立つようになってきました。

 丘の至る所に、まだ回収されていないビート(甜菜)が山積みされています。
PA271652@

 収穫が終わった農地は整地され、年越しの準備が着々と進んでいます。
PA271635@

 一方、緑肥のひまわりを畑に鋤き込んだままの丘も、所々で見受けられます。
PA271670@

 朝食のため、一度フォテージイン美瑛に戻り、再び丘に戻ると、しとしとと小雨が降り出してきました。

 大降りにならないうちに、青い池へ。
PA271680@

 昨日より、青さが増したように感じます。

 その後も雨が降り続いていたので、北西の丘のギャラリーめぐり。

 昼食は、今年あたらしく美瑛町三笠にオープンした和風創作料理のなかむらさんへ。

 場所は、美瑛の丘のおもちゃ屋さんアトリエnipekさんの中間ぐらいにあります。

 お店に入ると、薪ストーブが焚かれていました。
IMG_5117@

 本日の献立(和食膳)は、前菜5種、天ぷら盛、きのこのホイル焼き、豆乳豆腐、御飯、香の物、デザート、コーヒー。
IMG_5119
IMG_5125
IMG_5129

 どの料理もとても美味しく、値段もリーズナブルなので、コスパがとても高いと思いました。

 冬季も営業するとのことですので、あの道が完全に除雪されることになり、冬のニペックさんへのアクセスがとても良くなります。

 なお、お食事は事前に予約が必要とのことです。

 昼食後、雨がかなり強くなってきたので、拓真館で休憩。

 小降りになってきたので、遠くを見ると、微かに青空が。

 すると雨が上がり、丘が明るくなってきました。
PA271689@

 虹を期待できる天気になってきたので、とある高台で虹待ち。

 一瞬、虹が出ましたが、すぐに消えてしまいました。

 その後、遠くに陽射しが射し込む場所が見えたので、そちら方面に行ってみることに。

 太く短い虹が出ていました。
PA271707@

 その後は、徐々に陽射しが丘に射し込むようになり、カラマツが黄金色に輝き出しました。
PA271748@
PA271756@

 夕方は、久しぶりにクリスマスツリーの木へ。
PA271796@

 日が沈む時、オレンジの光芒が燃え上がるように雲を照らしました。
PA271858@

 その後、劇焼けを期待しましたが、このような感じを最後に、夜の帳が下りてきました。
PA271875@

 夕食は、ごまそば鶴喜さんで野菜カレー蕎麦。
IMG_5132@

 明日は、朝晴れる予報となっていますが、果たして朝霧は出現するでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
            

美瑛の丘をめぐる旅~2018晩秋編①~ 初日

 この秋、3度目の美瑛の旅へ。

 早朝のAirDO便に乗り、羽田を出発。

 8時過ぎに着陸態勢に入ると、富良野~上富良野にかけての一帯が雲海の中。
IMG_5089@

 旭川空港に近づくにつれて、朝霧が晴れてきました。
IMG_5102@

 空港を出発して、最初のルーティンは美瑛神社での旅の安全祈願。
IMG_5107@

 丘に出ると、9時を過ぎているのに朝霧が残っていました。
PA261342@
PA261361@

 白樺の紅葉(黄葉)もまだ健在です。
PA261350@
PA261379@

 カラマツもかなり色付いてきました。
PA261393@

 昼食は、定番のじゅんぺいさんのトンカツ定食。
IMG_5111@

 昼食を終えて外に出ると、かなり雲が多くなってきてしまいました。

 そこで、白金方面に行ってみることに。

 青い池の紅葉。
PA261446@

 午後1時を過ぎると、再び青空が広がり、カラマツ林を黄金色に輝かせ始めました。 
PA261478@

 十勝岳連峰も綺麗に見え始めました。
PA261516@
PA261520@

 十勝岳連峰をバックに、ブルーリバーと紅葉
PA261535@

 美瑛岳とカラマツ林
PA261541@

 そして再び青い池へ
PA261549@
PA261572@
PA261557@

 午後3時を過ぎると、急速に雲が広がり、青空が消えていきました。
PA261578@

 そして日没時刻を過ぎると、空が焼けることなく、夜の帳が静かに下りてきました。

 今宵の宿は、いつものフォテージイン美瑛さん。

 ~美瑛に行こう 美瑛に泊まろう~宿泊クーポン券を利用させて頂きました。
IMG_5109@

 美瑛町内の宿泊施設を予約し、こちらをクリックすると、お一人様3000円分の宿泊クーポン券を申し込むことができますよ!
 
 宿泊クーポン券は、四季の情報館で受け取ることができます(運転免許証などの身分証明書が必要となります)。

 夕食は、定番の旭川ラーメン美瑛店さんで、みそラーメン。
IMG_5112@





↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
           

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編②~ 最終日

 最終日の朝。

 丘に出て高台に登って確認するも、ガスっている気配はなし。

 3日連続の朝霧とはなりませんでした。

 ということで、今朝はヒマワリ狙いに切り替え。

 日の出直前の空。
PA150975@

 微かですが焼けてくれました。

 そして日の出へ。
PA151010@

 朝日がヒマワリ畑を輝かせます。
PA151031@
PA151046@

 別の場所のヒマワリ畑へ。
PA151059@

 白金方面がガスっているように見えたので、紅葉と絡ませたいと思って行ってみることに。

 しかし、時すでに遅しのようで朝霧はありませんでした。
PA151069@
PA151076@

 フォテージイン美瑛さんに戻り、美味しいパンと美瑛牛乳を頂いてチェックアウト。

 まずは、びえい「丘のくら」へ

 道の駅スタンプラリー2018完全制覇の認定証とステッカーを頂きました。
IMG_5050

 その後は、紅葉探しへ。

 白樺の紅葉(黄葉)が見頃ですね。
PA151079@
PA151082@
PA151241@

 紅葉の赤も所々で見られました。
PA151086@

 昼食は、道の駅でびえい豚テキディッシュ
IMG_5052@

 美瑛豚はいつものとおり美味しいのですが、このところ冷めたコーンスープが出てくるのが気になります。

 昼食後は、アップダウンの激しい遊歩道を散策して、ひと気が全くない丘へ。
PA151184@

 雲と影が良い感じに流れていました。

 収穫の秋が進み、丘の彩りも残り少なくなってきました。
PA151245@
PA151261@

 錦秋の丘
PA151270@

 この後、場所を移動している最中に天気雨が。

 これはチャンスと思い、近場の高台へ。

 わずか2~3分程度ですが、綺麗な虹が出てくれました。
PA151289@
PA151283@

 夕方、十勝岳の山頂部がようやく顔を出してくれました。
PA151308@

 夕日に染まるオプタテシケ山と雲。
PA151323@

 この後、急速に西の空に雲がかかってきたため、これで終了。

 次回は、カラマツが黄金色に輝く頃に、また丘に戻ってきます。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編②~ 3日目

 3日目の朝。

 宿の周辺に朝霧は全くなかったので、まずは新栄の丘に行き、高台から状況確認。

 すると、瑠辺蘂から深山峠方面に朝霧が見えたので、そちらを目指すことに。

 日の出直前、燃えるような光芒が雲を照らしていました。
PA140695@

 陽が丘に差し込み始めると、朝霧が黄金色に染まります。
PA140728@

 朝霧に包まれたヒマワリ畑。
PA140746
PA140775@

 青い池の紅葉も見頃ですね。
PA140790@

 僭越ながら、貴公子に寄せてみました(笑)
PA140803@

 その後、フォテージイン美瑛に戻り、朝食。

 朝食後は、再び白金方面に行き紅葉探し。

 皆空窯から白金模範牧場の道は、いつもは紅葉が綺麗なのですが、今年は今一つの感じ。

 白ひげの滝
PA140842@

 ここの紅葉も、今年はあまり映えませんね。

 昼食は、ビエールカフェさんで美味しいスープカレー
IMG_5039@

 昼食後は、富良野方面へ遠征

 麓郷街道の紅葉は見頃を迎えていました。
PA140861@

 麓郷~北布礼別周辺も紅葉真っ盛りです。
PA140877@
PA140881@

 旭野やまびこ高地の紅葉も見頃です。
PA140895@

 美瑛では、豆の収穫の機械化が進み、ニオを見かけることは殆どなくなってきてしまいました。
PA140918@

 今の時期、農家の方々は、ビートの収穫に大忙しです。
PA140905@
PA140923@

 夕方、フェルムラテール美瑛さんでお土産を購入。
IMG_5040@

 西の空の低い位置には雲が立ち込めてきたため、今日は焼けることはないと判断。
IMG_5042@

 早めに切り上げて、トリトン旭神店へ。
IMG_5044@
IMG_5046@
IMG_5048@

 やはり回転寿司はトリトンに限ります(๑´ڡ`๑)

 明日も晴れ予報。

 3日連続の朝霧となるでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編②~ 2日日

 2日目の朝。

 5時前に外を見ると、見事な朝霧。

 今朝は期待できそうです。

 夜明け前の丘
PA130280@
PA130295@

 遠くに朝霧が見えます。

 そして日の出
PA130320@

 朝霧が陽射しを浴びて染まります。
PA130322@

 次は、白虹を目指して朝霧の中に向かって、一目散に車を走らせます。

 到着すると、すぐに白虹が出はじめました。
PA130383@

 24mmだとギリギリ一杯でした。

 この位の方が身の丈に合っています(笑)
PA130412@

 その後は、朝霧を近くで撮影することに。
PA130427@
PA130430@
PA130434@

 フォテージイン美瑛に戻り、美味しいパンと美瑛牛乳を頂いてひと休み。

 そして宿を出発して、天人峡へ。

 ビジター用の駐車場は満車だったので、トンネル手前の駐車場に止めて羽衣の滝に向かいます。

 紅葉に包まれた羽衣の滝
PA130496@
PA130457@

 まさに見頃でした。

 昼食は、ミシュランガイド北海道ビブグルマン掲載店のちゃいさんで担々麵
IMG_5006@
 
 辛さはふつうを選びましたが、さすが本格中華、なかなかの辛さで汗をかいてしまいました💦

 昼食後は望岳台へ
PA130517@

 紅葉は、終焉に向かいつつある感じでした。

 そして再び丘へ。

 明け方ハッキリ見えていた十勝岳連峰は、午前中に山頂部が雲に包まれてしまいましたが、少しずつ雲が晴れてきました。
PA130532@

 今日は、オプちゃん(オプタテシケ山の愛称?)がとても綺麗に見えました。
PA130542@
PA130552@

 午後3時頃になると、十勝岳の雲も取れてきました。
PA130563@

 ヒマワリ畑と十勝岳連峰
PA130587@
PA130574@
PA130577@

 そして夕暮れへ
PA130632@

 夕食は、ごまそば鶴喜さんで、カツとじ定食。
IMG_5019@

 ミニそばも付けてしまったので、お腹がパンパンです。

 明日の朝も、今朝と同じような気温と湿度。

 果たして、今日のような朝霧&白虹の再現はあるのでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編②~ 初日

 3週間ぶりの秋の美瑛。

 旭川空港に到着すると、あいにくの小雨模様。

 まずは、いつもの通り、美瑛神社で旅の安全祈願。
IMG_4984@

 3週間前に、5ヶ所くらいの緑肥ヒマワリ畑を確認してたので、回ってみることに。

 既にFacebookで何ヶ所か鋤かれていたのは知っていましたが、やはりタイミングを逸してしまったようです。
PA120010@
PA120026@

 10時頃には雨は上がり、少しずつ青空が広がりだしました。

 昼食は、じゅんぺいさんで定番のトンカツ定食。
IMG_4989@

 昼食後、丘に戻ると青空がさらに広がり、陽射しも射し込むようになってきました。

 そして5ヶ所目でようやく鋤かれていないヒマワリ畑に出逢うことができました。
PA120091@
PA120047@

 丘の木々は紅葉がかなり進んできました。
PA120094@

 その後、急に雨雲が広がり、本格的な雨に。

 暫くすると止んで、陽射しが射し込むようになってきました。
PA120115@

 この間、実は虹がでたようなのですが、下の道を走っていたため、確認することができず。

 その後、別のヒマワリ畑を発見。
PA120130@

 その後、また雲が広がり小雨が降り出しましたが、すぐに陽射しも出てきました。

 すると、大きな虹🌈
PA120142@
PA120146@

 そしてダブルレインボーへ。
PA120147@

 すかさず場所を移動して、ポプラの木に虹を架けようと試みましたが、残念ながら終わってしまいました。
PA120151@

 夕方、また陽射しが戻ってきて、東の空の雲をピンクに染め始めました。
PA120199@

 良く見ると、雲に陽射しが当たり、天使の梯子が地上に降り注いでいます。
PA120184@

 そして日没へ。
PA120237@

 残念ながら焼けませんでした。

 薄暮の中、東の空を見ると、何と天空の城ラピュタのような雲が出来ているではありませんか。
PA120250@

 日が暮れたので、フォテージイン美瑛さんにチェックイン。

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで、みそ野菜ラーメン。
IMG_4994@

 身体に染み渡る美味しさです。


 明日は晴の予報。

 明け方は5℃まで冷え込み、湿度も高そうなので、朝霧の期待が高まりますね。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

道央をめぐる旅~2018秋編~ 最終日

 最終日は、新千歳空港19時30発の便(ANA078便)を予約しているので、台風24号の影響が心配。

 マイレージで予約しているため、当日の予約変更は空港カウンターのみ。

 早めに空港に入り、早い便に変更しようかと思います。

 双子のサクランボの木
P9300959@

 悲しいことに、右側の木の枝がなくなってしまっていました。

 その後、一路洞爺湖へ。

 浮見堂公園
P9300963@
P9300981@

 日曜日の午前10時だというのに、悲しいことに私以外、観光客は誰一人いませんでした。

 その後、室蘭へ。

 白鳥大橋
IMG_4964@
 
 地球岬
P9300999@

 ここに来ると、やはり地球は丸いんだなってことを実感させてくれます。

 その後、登別から倶多楽湖を目指すも、倶多楽湖線350号が通行止め。

 高速で白老まで行き、ポロトコタンに行ってみると閉鎖中。

 仕方なく空港方面を目指しながら、味の大王総本店で昼食。
IMG_4966@

 カレーラーメンを待っている時、メールを確認すると、ANA078便が欠航とのこと。

 ANAホームページで運航状況を確認すると、17時30分以降の羽田行きの便は全て欠航。

 慌てて、車をレンタカー屋さんに返し、空港へ。

 電光掲示板を見ると、欠航していない17時発までの便はすべて満席。

 そして予想通り、ANAカウンターは大混雑。

 挙句の果てに、欠航に怒って暴れまくっていた中国人は警備員に取り押さえられる始末。

 それを横目に見ながら、プレミアムカウンターに行くと、17時発のプレミアムクラスに1席空席があったので、すかさず予約変更。

 無事、帰路に着くことができました。
IMG_4968@


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道央をめぐる旅~2018秋編~ 2日目

 今日の後志地方は、一日中晴れの予報。

 残り3つとなった道の駅スタンプラリーを、今日で完結させる予定です。

 まずは岩内温泉を出発して約1時間、神威岬へ
P9290820@
P9290825@

 積丹ブルーが綺麗ですね。

 写真を撮るなら、岬の先端に行くよりも、この高台からの方が良いと思っているので、もう何年も岬の先端には行っていません。

 この高台から見下ろすことができる水無しの立岩
P9290834@

 その後は、余市方面へ

 ローソク岩
P9290858@

 いつかはこの岩の火を灯してみたいですね。

 えびす岩・大黒岩
P9290867@

 今日の1つ目の道の駅「スペース・アップルよいち」の隣にあるスペース童夢
IMG_4930@

 これで残りあと2つとなりました。

 今日は車のため、マッサンはパスします(笑)
IMG_4932@

 昼食は、柿崎商店さんで「イトコ丼」
IMG_4933@

 通常、「鮭の親子丼」と呼ばれることが多いと思いますが、そう呼ばないのは、この鮭とイクラが実の親子関係にないからでしょうか?

 そして、道の駅「あかいがわ」
IMG_4938@

 赤井川村のマスコットキャラクター「あかりん」

 超可愛いですね‼

 これで残りあと1つです。

 最後の道の駅に行く前に、ちょっと寄り道

 望羊の丘
P9290883@

 かつて「ツーリングマップル」の表紙を飾ったことがある場所だそうです。

 残念ながら、羊蹄山の山頂部は雲で覆われてしまっていました。

 そして、最後の道の駅「望洋中山」
IMG_4940@

 これで、北の道の駅スタンプラリー2018の完全制覇です‼


 その後は、今日の宿泊地であるニセコへ。

 ニセコ高橋牧場
P9290889@

 ソフトクリームは290円とリーズナブルな価格です。
IMG_4944@

 ニセコアンヌプリゴンドラに初めて乗ってみました。
IMG_4949@

 1000m台地展望台より望む羊蹄山
P9290919@

 下りのゴンドラより望む羊蹄山
P9290936@

 ニセコ大橋より望む羊蹄山
P9290948@

 今日の蝦夷富士は、残念ながら山頂部が雲に覆われたままでした。

 今日の宿泊先は、ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
IMG_4951@


 これで2009年、2010年、2011年に続き、4回目の北の道の駅スタンプラリー完全制覇。

 今宵はゆっくり温泉に浸かった後、祝杯をあげます‼


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

道央をめぐる旅~2018秋編~ 初日

 今回の北の大地の旅は、道の駅スタンプラリー2018の完結編。

 残すは後志の14駅です。

 新千歳空港に降り、支笏湖を経由して後志方面へ。

 まずは「230ルスツ」「名水の郷きょうごく」と道の駅をめぐります。

 京極ふきだし公園
P9280716@

 その後「真狩フラワーセンター」で昼食。

 ゆり根のかきあげ丼を頂きました。
IMG_4916@

 昼食後は、「ニセコビュープラザ」「らんこし・ふるさとの丘」「くろまつない」とめぐり、「よってけ!島枚」へ。
IMG_4919@

 内地ではあまり知られていないと思いますが、夏以降、島牧村には毎日のようにヒグマが出没しているようですね。

 村議会でもヒグマの捕獲奨励金をめぐって、かなり揉めているようです。

 その後、「みなとま~れ寿都」「シェルプラザ・港」「いわない」とめぐり、今日の最後の道の駅は「オスコイ!かもえない」
IMG_4920@

 道の駅には流木アートが置かれています。

 まさに流木ガイコツですね(笑)


 その後は、宿泊先へのチェックイン時間まで雷電国道をドライブ。

 神恵内村にある窓岩
P9280723@

 沼前駐車場より望む神威岬
P9280744@

 そして今日の夕陽は、神恵内村の弁財澗パーキングより
P9280787@
P9280793@
P9280803@

 光芒が日本海に降り注いでいました。

 今宵の宿泊先は、いわない温泉「おかえりなさい」
IMG_4925@

 かつては純和風の高級旅館だったそうですが、今はリーズナブルなお宿。

 ホッケとイカ刺し、美味しかったです。


 北の道の駅完全制覇まで、残りは余市、赤井川、望羊中山のあと3つ。

 明日には完全制覇が達成できそうです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編①~ 最終日

 最終日は曇のち晴れの予報

 4時半頃、外を見ると少しガスっている感じがしたので、朝活決行。

 朝霧の出ている場所が刻々と変化していたため撮影場所を決めかねてしまい、ひたすらグルグル丘をまわってしまう羽目に。 
P9230454@
P9230474@
P9230477@
P9230484@

 今朝の撮影は完全に失敗でした。

 その後、陽射しが強くなってきました。
P9230499@

 7時前、雲海の上に虹が出てくれました。
P9230504@@

 宿(フォテージイン美瑛)に戻り、美味しいパンと美瑛牛乳を頂いてチェックアウト。

 青空が少しずつ広がり、陽射しも強くなってきました。

 今日も、朝から美瑛センチュリーライドが開催されていたため、なるべく邪魔にならない場所へ。

 これから秋にかけての丘の主役は、ビートと豆類ですね。
P9230534@

 11時頃、空一面が雲に覆われてきて、雨雲レーダーに映っていないのに、いきなり雨が降り出してきました。

 その後、陽射しも少し出てきたので、虹を探しに高台をまわりますが、見つけることができず。

 昼食は、ごまそば鶴喜さんで野菜カレー蕎麦。
IMG_4884

 昼食後は昨日に続き、富良野方面へ。

 鳥沼公園
P9230556@

 そろそろ、センチュリーライドの選手たちがゴールしているかと思い、午後3時頃に再び美瑛に戻ってきました。
P9230563@
P9230574@
P9230597@

 ANA最終便に搭乗するため、今日のリミットは17時半。

 西の空に雲が出ていましたが、日没の瞬間、雲間から太陽が現れました。
P9230624@

 日没後、反対側の空を見ると月が出ていました。
P9230668@


 3日間、美瑛を旅してきましたが、何不自由なく丘をめぐることができました。

 唯一、震災の影響と思われたのは、外国人観光客が少ないことだけ。


 厚真町周辺や清田区など、震災により大きな被害を受けた場所は一部ありますが、北海道の大半は「全道ブラックアウト」の影響のみ。

 「節電目標1~2割」から「無理のない範囲での節電」緩和された今、「自粛」こそが北海道復興への最大の妨げです。

 宿泊のキャンセル等、北海道の観光被害は、9月15日時点で292億円にものぼることが発表されており、さらに増え続けているかもしれません。

 北海道の大半は日常を取り戻しています。

 今、北海道に行くことこそが最大の復興支援であると私は思います。


 そして最も自粛すべきことは、被災地である厚真町周辺や清田区などに興味本位で行ったり、そこでピースサインした写真を撮ったりする行為です。


 これからの北海道は紅葉真っ盛りとなります。

 外国人が少ない今だからこそ、皆さんで秋の北海道を目一杯満喫しましょう‼



↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編①~ 2日目

 2日目の朝

 4時半頃に外を見ると、ほぼ曇天の様子。

 日の出前の丘
P9220318@

 十勝岳連峰は見えていますが、朝霧や日の出は期待できそうにありません。

 日の出の時刻を過ぎても、陽射しの気配すら感じられません。
P9220320@
P9220335@

 豆類もかなり色付いてきました。
P9220350@

 キガラシも所々で咲いています。
P9220357@

 宿(今回も勿論、フォテージイン美瑛さん)に戻り、美味しいパンと美瑛牛乳を頂き、暫し休憩。

 今日は、美瑛センチュリーライドで、多くのサイクリスト達が丘を回るため、邪魔にならないように富良野方面に行くことに。

 しかし、富良野に近づくにつれ雨が強くなってきてしまったため、支那虎さんで早めの昼食。
IMG_4872

 ここは、ドラマ「風のガーデン」の撮影で黒木メイサさんが富良野に来られた際に、良く食べに来て、お勧めしていたということで、10年くらい前に大ブレークしたお店。

 いつもは「支那そば」を頂くのですが、今回は「こげ塩」を頂きました。

 昼食後、フラノマルシェでお土産を買っていたら雨があがってきたので、麓郷展望台に行ってみることに。
P9220368@
P9220372@
P9220377@

 ここは曇天でも絵になりますね。

 その後、富良野オルゴール堂さんでお土産を買った後、久しぶりに麓郷の森に行ってみることに。
P9220383@

 五郎の丸太小屋や「'87初恋」で登場した風力発電の家は、昔は無料だったのですが、今は500円の入場料を取ることになったのですね。
P9220403@
P9220391@

 古い建物を維持していくためには必要なことなのかもしれません。

 そろそろ美瑛に戻ることにします。

 本幸のポプラ並木
P9220414@

 ようやくニオを見つけました。
P9220422@

 美瑛に戻り、麦菓堂さんと、フェルムラテール美瑛さんでお土産を購入し、再び宿に戻って休憩。

 5時半頃になると、南から南西の空が少し明るくなってきたので、丘に出てみることに。

 空が少し明るみを増しましたが、焼けることはありませんでした。
P9220436@

 明日は曇のち晴れの予報。

 今回の最大の目的は朝霧なのですが、果たしてみることはできるでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
           

美瑛の丘をめぐる旅~2018秋編①~ 初日

 9月6日に発生した北海道胆振東部地震の後、初の美瑛へ。

 まずは、いつもの如く、美瑛神社で旅の安全祈願
IMG_4852@

 今朝は5℃まで冷え込んだようですが、秋晴れが眩しい朝です。

 気になるものが栽培されていました。
P9210026@

 でも、多分ソッポを向かれてしまうのでしょうね(^-^;)

 青空の色が秋色ですね
P9210033@

 昼食は、じゅんぺいさんでトンカツ定食
IMG_4853@

 外国人がいなくても、11時前にして日本人でほぼ満席でした。

 以前の北町店に初めて来店したのは、21世紀になって間もない頃。
 15年以上変わらない美味しいトンカツ定食、ゴチでした(๑´ڡ`๑)

 昼食後は、十勝岳温泉郷へ
P9210051@

 いつも、この時期は綺麗な紅葉が見れるのですが、見頃はもう少し先でしょうか。

 久しぶりに、日中の青い池に来てみました。
P9210114@

 観光バスも3台止まっており、外国語もチラホラ聞こえてきましたので、復活間近ですね。

 育成牧場から望む十勝岳
P9210125@

 その後は、久しぶりに旧白金GCの前を通り、置杵牛を抜けてきました。
IMG_4856@

 Twitterのフォロワーさんから教えてもらったこの看板。

 以来、この道を通ると、何故かこの看板を撮りたくなってしまいます(笑)
 
 十勝岳に続く道
P9210143@

 今年は3年ぶりに、ここでニオが見れるでしょうか?
P9210154@

 秋撒き小麦の緑が少しずつ見えてきました。
P9210158@

 先日の台風の影響で、ここから2件の小屋を見ることはできなくなってしまいました。
P9210164@

 ここには新しくベンチができたのですね!
P9210176@

 久しぶりに、四季彩の丘に来てみました。
P9210186@

 観光バスが3台来ていましたが、駐車場も結構空いており、人っ子一人映らない写真を撮ることができました。

 夕方になると、雲がかなり出てきました。
P9210213@

 今年最後の牧草ロール
P9210227@

 夕方から作り始めたようですが、後片付けも早いかもしれませんね。

 そして今日の夕焼け
P9210307@

 かなり綺麗に焼けました。

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで、みそ野菜ラーメン。
IMG_4864@

 いつものように優しくて美味いラーメン、ゴチでした(๑´ڡ`๑)


 今日1日、美瑛をまわりましたが、美瑛はとても元気ですよー‼

 今、北海道に来ることこそが、最大の復興支援。
 この秋、今回を含めて美瑛に4回、スタンプラリー完結に1回、計5回来ます‼️
 

↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

北の大地をめぐる旅~2018夏編~ 最終日

 最終日の朝は、寝不足気味であったため、4時半に起床。

 麦稈ロールができているのを期待して、あの丘に行ってみると、麦稈はまだ放置状態。
P7290210@
P7290228@

 この雲の感じなら、4時頃は朝焼けしていたかもしれません。

 今朝は、十勝岳連峰が綺麗に見えたので、牧草ロールとともに。
P7290250@

 蕎麦畑と十勝岳
P7290270@

 早朝の十勝岳連峰
P7290272@

 宿に戻り、身支度をしてチェックアウト。

 25日間も旅をすると、荷物の整理が大変でした(^-^;)

 フェルムラテール美瑛さんでお土産をゲット。
P7290280@
P7290283@

 今日は風があるため、カラッとしていて山が綺麗に見えます。
P7290289@

 午前中の逆光の中でも、十勝岳連峰もクッキリ見ることができました
P7290326@

 美瑛での最後は、丘の神様に感謝のお参り。
IMG_4676@

 この後、道の駅を経由しながら、苫小牧港を目指します。

 道の駅「自然体感しむかっぷ」 
IMG_4680

 これで、道北エリアを完全制覇です‼

 その後、道の駅「樹海ロード日高」を経由して、今回の旅の最後の道の駅「ウトナイ湖」へ
P7290346@

 ウトナイ湖では、2羽の白鳥を見ることができました。

 そして、苫小牧港フェリーターミナルへ
IMG_4691@

 7月5日に北海道に上陸してから今日で25日目、これから北海道を発ちます。

 洞爺湖、幕別、釧路、根室、羅臼、斜里、屈斜路湖、西興部、稚内、豊富、旭川、歌志内、札幌、美瑛と宿泊しながら、道の駅スタンプラリーを行いつつ、各地の風景写真の撮影を行なってきました。

 前半は蝦夷梅雨に完璧打ちのめされて、ほとんど撮影できない日も多くありましたが、美瑛入りしてからは天候に恵まれ、早朝から日没まで忙しく動きまわりました。

 特に美瑛では9泊もしたため、単に撮影だけでなく、多くの方々との出会いにも恵まれま、本当に良い旅になったと思います。

 これからフェリーで約19時間揺られながら、帰路に着きます。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

美瑛の丘をめぐる旅~2018夏編~ 9日日

 今朝は3時過ぎに起床。

 外を見ると、山が薄っすら見えていたので、朝活決行。
P7280382@

 日の出直前、雲が少しありますが、東の空がオレンジ色に。
P7280425@

 日の出とともに、山に雲がかかってきてしまいました。
P7280446@

 雲が十勝岳連峰にも流れ込んできました。
P7280478@

 少し朝霧も出ています。
P7280473@

 早朝からの農作業、ご苦労様です。
P7280490@

 様々な色の小麦畑
P7280507@

 美瑛で収穫される秋小は「きたほなみ」と「ゆめちから」だそうです。

 奥の小麦畑は、左が「きたほなみ」、右が「ゆめちから」、手前の小麦が春小の「春よ恋」といったところでしょうか??

 8時をまわるとスッキリした青空が広がりました。
P7280007@

 農家さんたちは、今日もコンバインで小麦の収穫に大忙しです。
P7280053@

 動画に収めてみました。

 小麦の収穫が終わった丘では、酪農家さんが麦稈ロールを作成し始めます。
P7280035@

 昼食は、ビエールカフェさんで焼カレー
IMG_4604@

 昼食後に、先ほど麦稈ロールが作成中であった丘に行ってみると...
P7280062@

 そして、3度目のオルテの丘へ
P7280127@

 手前の濃紫早咲は摘み取られたようですが、おかむらさきはまだ残っていました。
P7280081@
P7280091@

 その後は、今年初めての美瑛ファームさんへ
IMG_4616@

 今日は15時過ぎくらいまでは、バックに雲があるものの、十勝岳連峰がクッキリ見えていました。
P7280138@
P7280150@

 今日の夕陽も小麦畑とともに(品種は「ゆめちから」かな?)
P7280175@
P7280188@

 美瑛最後の夜は、旭川ラーメン美瑛店さんで味噌ラーメン
IMG_4626@

 明日は、お昼前には美瑛を発ち、道の駅を経由しながら苫小牧港を目指します。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

美瑛の丘をめぐる旅~2018夏編~ 8日日

 3時過ぎに目が覚めて、南東の外を見ると曇。

 寝不足気味だったので、朝活は止めて二度目の就寝。

 6時に起きて、再び南東方向を見るとこんな感じ。
P7270172@

 7時を回っても晴れる気配がなかったので、今日は取りこぼした道の駅のリカバリーを行うことに。

 対象は、オホーツクエリアの「しらたき」「まるせっぷ」「香りの里たきのうえ」「おうむ」の4駅。
 
 この順番で回っていくことにします。

 まずは「しらたき」へ
IMG_4582@

 旭川紋別自動車道の奥白滝ICに、白滝PAとしてこの道の駅があります。

 次に「まるせっぷ」へ
IMG_4583@

 木芸館には木のぬくもりを感じる木工芸品が多数置いてあるので、ここに来た時は必ずと言っていいほど買ってしまいます。

 今回は猫ちゃんのキーフックに一目惚れしました。
IMG_4584@

 せっかく丸瀬布まで来たので、森林公園いこいの森まで行ってみることに。
P7270178@

 雨宮21号に乗ってみたかったのですが、夕陽の丘に間に合わなくなってしまうため、今回はパス。

 次に「香りの里たきのうえ」へ
IMG_4586@

 滝上といえば芝桜で有名ですよね。

 そして最後は「おうむ」
IMG_4590@

 これでオホーツクエリアを完全制覇です!

 現在、103駅制覇したので、残り17駅。

 今回の旅の最終日に、「自然体感しむかっぷ」「樹海ロード日高」「ウトナイ湖」を経由して苫小牧港に向かう予定ですので、残りは後志地方のみとなります。

 13時半頃に雄武町を出発して丘へ向かいます。

 16時半頃に丘に到着すると、まだ30℃もあり、ガスって山も満月も見えませんでした。
P7270196@

 しかし農家さん達は、暑さにも負けず小麦の収穫作業。
P7270218@

 牧草ロールも丘にはまだたくさん転がっています。
P7270262@

 こちらの丘には、明日にでも麦稈ロールができるかもしれません。
P7270245@

 夕陽を一杯に浴びながらの牧草ロールの作成。
P7270278@

 秋小の収穫がかなり進んできたので、今日の夕陽は春小とともに...
P7270293@
P7270345@

 宿に戻ると、窓から赤い満月が見えたので、外に出て撮影。
P7270355@

 すると、ファインダーの中にいきなり飛行機が入ってきました。
P7270376@

 F値を絞り露出を明るくしていたので、不思議な物体になってしまいました(^-^;)



↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

美瑛の丘をめぐる旅~2018夏編~ 7日日

 連日の早起きで寝不足気味であったため、今朝は4時起き。

 フォテージのテラスのある窓から外を見ると、青空が広がり少し焼けていたので、慌てて丘へ。

 最初に目指したポイントでは、既に他の人が撮影していたためスルー。
 
 水沢ダム横の道を走りながら東を見ると、ダム湖に朝焼けが写っていたため、今朝のポイントはここにしました。
P7262167@

 陽が昇り始めると、湖面に写った太陽がサンピラーのように輝き出しました。
P7262196@

 その後は青い池へ。

P7260011@

 このところ雨が降っていたかったので、見事な美瑛ブルーでした。

 宿に戻り、朝風呂に入って、麦菓堂のパンと美瑛牛乳入りのカフェオレを頂いて、チェックアウトの準備。

 6泊もすると、ここを離れるのが名残惜しくなりますね。

 フォテージイン美瑛さん、美瑛で主に風景写真を撮られる方や一人旅の方に、とてもお勧めの宿だと思いますよ。

 丘に出ると、麦稈ロールを所々で見かけるようになりました。
P7260043@
P7260050@

 昼食は、トリトン旭神店
IMG_4544@
IMG_4546@
IMG_4547@

 ここのネタは何でも美味しいのですが、特にイクラが絶品。

 トリトンのお陰でイクラが大好物になりました。

 丘に戻ると、気温は軽く30℃超え。

 暑さから逃れるため、暫し図書館で前田真三さんの作品に触れてきました。
IMG_4575@

 ここは、雨が降った時の時間潰しや、緊急に仕事をしなければならない時には良く利用させて頂いているのですが、カンカン照りの時に来たのは初めてです。

 今日はそれほどの暑さを感じました。

 陽が傾き始めて再び丘に出ると、丘の至る所でコンバインが大活躍中でした。
P7260076@
P7260079@

 小麦収穫の今の時期は、先導車のあとにコンバインが道幅一杯に走ってくるのに出くわすことが良くあります。

 先導車は道路の中央を走ってきたり、窓を開けて右手で通せんぼしたりして、後ろからコンバインが来る合図をしてくれますので、速やかに道を空けるよう宜しくお願いいたします。前進して空けられない状況なら、空けられるところまでバックして戻って下さい。

 十勝岳連峰を背景にした収穫風景を撮影したかったのですが、残念ながら山頂部が雲に覆われていました。

 今日は西の空がピーカンなので、焼けではなく強い西日との真っ向勝負。

 夕陽を浴びた収穫直前の小麦畑はとても綺麗に輝きます。
P7260122@

 そして夕陽との真っ向勝負。
P7260125@

 結局、傘の使い方がわかりませんでした(笑)

 このくらいまで陽が沈めば、傘がなくても大丈夫ですね。
P7260150

 今日から3泊、昔からの定宿にお世話になり、そして内地への帰路につくことになります。

 22時現在で、美瑛としては珍しく22℃もありますので、今宵は一晩中エアコンのお世話になりそうです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

美瑛の丘をめぐる旅~2018夏編~ 6日日

 日の出前の丘
P7251818@

 あたりには朝霧が漂っていました。
P7251824@

 朝霧に包まれながらも青空は見えます。
P7251839@

 日の出が近づくにつれて朝霧が濃くなってきました。
P7251841@
P7251847@

 十勝岳連峰のシルエットが見え始めました。
P7251868@

 日の出直前、東の空がオレンジ色に染まります。
P7251896@

 そして日の出へ
P7251935@

 朝霧に包まれた日の出
P7251956@

 陽が昇り、光が降り注ぎ始めると、丘の雰囲気も一変します。
P7251959@
P7251979@
P7251984@

 このような絶景に出逢わせてもらったので、美瑛神社に感謝を告げにお参りしました。
IMG_4530@

 宿に戻り、ひと風呂浴びて朝食をとった後は、暫しカメラを手にせずにドライブしたり、寝不足解消のため丘の片隅で昼寝をしたり等、まったりと過ごしました。

 午後4時近くになると、十勝岳が顔を出しそうになってきたので、オルテの丘へ。
P7251993@

 ここに到着した時、私と同じ地域ナンバーの車が止まっていたので、その方とお話しさせて頂いたところ、一昨日の私のブログをご覧になってオルテの丘に来られたとのこと。

 このような出会いがあると、北海道に来た時はできるだけその日のうちに欠かさずブログを書くというほんの小さな努力が、多少なりとも人のお役に立てているのではと思い、とても嬉しくなりました。

 夕陽に染まる小麦畑と十勝岳連峰
P7252110@

 もう数日で満月になりますね。

 そして今日の夕陽
P7252145@

 上空に雲があったので、もう少し焼けるかなと思いましたが、そのままトワイライトタイムへと時が流れてしまいました。

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで初の豚丼
IMG_4533@

 ラーメン屋さんで丼ものを頼むなんて邪道と思っていましたが、これは癖になりそうな美味しさですね。

 豚肉好きな私にとっては、嬉しい発見でした。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

美瑛の丘をめぐる旅~2018夏編~ 5日日

 今朝は1日中晴れの予報。

 前夜も早めに就寝し、朝活に備えましたが、目覚ましかけ忘れて起きたら4時(^-^;)

 宿の窓から見た空は曇天。

 丘がどうなっているか確認するために、5分で飛び出して新栄の丘に行ってみると、綺麗な朝焼けが広がっていました。
P7241383@

 山の上に雲の隙間が少し見えたため、場所を移動してみると運良く日の出の瞬間に出逢うことができました。
P7241392@

 しかし、雲間から見える陽射しは弱く、収穫直前の小麦畑を朝日で染めるまでには陽射しが続きませんでした。
P7241410@

 朝日が射し組んだ時間は、わずか1~2分程度でした。

 その後、宿に戻り、朝風呂に入って朝食。

 午前中は天気があまりよくなさそうであったため、富良野へドライブ。
P7241432@

 そして麓郷展望台へ
P7241441@
P7241445@

 丘に戻ると、雲が多いものの青空が広がってきました。
P7241459@

 昼食は、恒例のトンカツ定食。
IMG_4520@

 美瑛入り5日目にしてやっとありつけるとのことで、気合が入り過ぎてオープン10分前に着いてしまいました。

 それでも、私より前に待たれていた客は2組いましたよ。

 お昼を過ぎると、青空の面積が増えましたが、山は隠れたまま。
P7241469@

 今日も飽きずに、牧草ロールが群居する丘へ。

 ようやく牧草ロールの回収作業が始まっていました。
P7241477@
P7241496@

 久しぶりに赤羽の丘へ
P7241503@

 ここは収穫期に車で訪れると、カルビーのおじさん(カールおじさんではありませんよ)に邪魔扱いされますので注意しましょう。

 陽が傾き始めると、小麦畑が赤く染まっていきます。
P7241542@

 夕陽待ちの時、上空をAIR-DO機が旭川空港に向けて旋回しながら着陸態勢に入ろうとしていました。
P7241578@

 今日の夕暮れは、西の空にほとんど雲がなくて陽射しが強く、十勝岳連峰が雲に覆われているという、私の腕ではかなり苦手なパターン。

 つまり、焼ける要素(雲)が殆どなくて、十勝岳連峰の撮影に逃げることもできず、強い西日との真っ向勝負。

 何とか木陰を利用して、西日との真っ向勝負を避けました(笑)
P7241656@
P7241670@

 今宵は第30回の那智美瑛火祭り。

 前回の十勝岳噴火から30年も経つのですね。

 「オウリャ」という掛け声の中、約40kgの松明を持った12人の男たちが、火花を散らしながら美瑛神社へと向かっていきました。
P7241759@
P7241761@
P7241811@



↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

美瑛の丘をめぐる旅~2018夏編~ 4日日

 早朝3時半過ぎに丘に出ると、晴れ予報に反して曇天の空模様。
P7230995@
P7230997@

 南東の空に多少の明るさを感じるものの、日の出は無理と判断して白金方面へ。

 青い池
P7231014
P7231001@

 湖面上空に少し霧がかかり、幻想的な雰囲気でした。

 白ひげの滝
P7231043@

 こちらの方が霧が濃く、滝が少し霞んで見えました。

 その後、宿に戻り、シャワーを浴びて朝食を摂っていると、一気に青空が広がりだしました。

 慌てて宿を出て、一昨日から3度目となる牧草ロールが群居する丘へ。
P7231065@

 やはり青空があると、ロールが一層引き立ちますね。

 その後は、一般観光客が丘にたむろす前に青空をバックにした著名ポイントと転々と。
P7231107@
P7231115@
P7231103@

 両親が枝葉をいっぱいに付けてとても健康そうなのに対して、子供はやせ細って成長不良?
 養子縁組に失敗したのでは?(笑)

 東の空は相変わらず雲だらけなので、山が全く見えません。
P7231119@

 ジャガイモの花がこのように数多く咲いている丘も、まだ幾つかありました。
P7231130@

 長旅の外食続きで胃が張ってきたため、昼食はコレのみ。
IMG_4507@

 トウキビの花が咲き出した丘も出てきました。
P7231143@

 カボチャの花も見つけました。
P7231156@

 なかなか山が見えてこないので、4度目の牧草ロールが大量に群居する丘へ。
P7231162@

 丘の起伏の影に隠れているロールもまだ多数あります。

 15時~17時くらいまでは、雲が陽射しを遮っていましたが、17時を過ぎると一気に強い夕陽が丘に降り注ぎ始めました。

 そして18時頃から待ちに待った十勝岳連峰が徐々に顔を出し始めたので、オルテの丘に行ってみることに。

 そこには、十勝岳連峰や大雪山をバックにしたラベンダー畑という、美瑛ではここでしか見ることができない絶景が広がっていました。
P7231251@
P7231234@
P7231246@
P7231267@
IMG_4518@

 オーナーさんはとても親切な方で、ラベンダーの切り株や絵ハガキ、オルテの丘のパンフレット、こぼら会の美瑛マップを頂きました。

 こぼら会の美瑛マップにオルテの丘の場所が記されていますので、行かれる方は確認してくださいね。

 目印は、この道を1度でも通ったことがある人はきっと忘れることがない、このオレンジ色の橋です(笑)
IMG_4479@

 この橋の数十メートル先右側にオルテの丘への入り口があります。
IMG_4480

 オルテの丘は、入り口にOPENの札が掛かっている時は、自由に出入りして良いとのことです。

 頂いたラベンダーの切り株は、今フォテージイン美瑛のギャラリーに飾りました。

 恐らく枯れるまでは、ラベンダーの香りをギャラリー内に漂わせてくれることでしょう。

 そして今日の夕陽は、気になる十勝岳も撮影できるポイントへ。
P7231314@

 夕陽が丘に沈むと、間もなく十勝岳の山頂部と噴煙が夕陽に染まり、美しく輝き出しました。
P7231332@

 そして夕焼けタイムへ。
P7231351@

 夕焼けが終焉を迎えようとしていた時、振り返ると美瑛岳をめがけてかすかな光が射し込んでいるのが見えました。
P7231374@

 果たして、これは何という自然現象なのでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

美瑛の丘をめぐる旅~2018夏編~ 3日日

 天気予報を信じて昨晩遅くまで呑んでいたため、今朝は6時に起床。

 窓の外を見ると、小雨が降っていたため朝寝坊に一安心。

 午前中は、長旅でたまった洗濯物をフォテージイン美瑛さんのランドリーで洗濯させて頂いたため、コーヒーを何杯も飲みながら、まったりと過ごしました。

 11時前に宿を出発し、1時間ほど丘を一回りすると、少し青空が見え始めました。

 天気予報通り、午後からは晴れてきそうです。

 昼食はすずらんさんで昔ながらのナポリタン
IMG_4487@

 モチモチ麺と懐かしいケチャップ味が絶妙にハーモニーして、とても美味しかったです。

 午後に入ると、美瑛の夏らしい青空が広がりました。
P7220636@

 昨日、牧草ロールを作成していた丘に再び行ってみました。
P7220652@
P7220676@

 何と優に300は超えるような牧草ロールが、広大な牧草地に置かれていました。

 その後は雲が多くなり、丘に光と影が流れるようになりました。
P7220717@
P7220723@

 陽が傾きはじめると、小麦も色濃く輝きます。
P7220756@

 そよ風が吹くと、小麦が優雅にたなびきます。

 夕方、西の空の雲が多くなり少し心配しましたが、日の入り直前に、雲間から夕陽が小麦畑に射し込んでくれました。
P7220851@

 そして日没後、空が激しく燃えました。
P7220950@
P7220968a

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで塩野菜ラーメン
IMG_4503@

 燃える空の後の美味しいラーメン、大満足の1日でした。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

美瑛の丘をめぐる旅~2018夏編~ 2日日

 今朝は朝日が全く期待できない空模様でしたので、昨日夕方に見つけた絵本の木周辺の牧草ロールを撮影しに行くことに。

 ここの牧草ロールは、近年ロール作成から回収までが非常に速いため、運が良ければ回収作業に出逢えるかもしれません。

 四季の交流館駐車場に車を止めて、裏手(駐車場の奥側)にある遊歩道を歩いて行きます。
P7210217@

 単独行動なので、美瑛の丘とはいえ、熊鈴はもちろん装着しています(笑)

 ひと山越えて間宮岳に近づくと、左側の視界が開けてきて、水溜まりポイントがあります。
P7210233@

 何度もこの遊歩道を通っていますが、よほど晴れの日が続かない限り、この水溜まりは乾かないようです。

 そして間宮岳を越えると、今度は右手の視界が開け、遠くに絵本の木が見えてきます。

 以前は別ルートで絵本の木にアクセスできましたが、今は地主さんの許可がない限り、そのルートは立入禁止になっていますので、「四季の交流館裏手の遊歩道ルート」が現在における唯一のアクセス方法となります。

 撮影ポイントに近づくと、牧草ロール運搬用のトラックがありましたので、これから回収作業が始まりそうです。
P7210250@

 すると、トラクターが登場し、牧草ロールをトラックに積んでいきます。

 その作業工程を写真とともに説明すると、以下のような感じです。

 まず、1つの牧草ロールを釘刺しにします。
P7210310@

 次に、近くに置いてある牧草ロールの横に、牧草ロールを並べます。
P7210312@

 横に並んだ牧草ロール2つをいっきに釘刺しにして、トラクターで運びます。
P7210314@

 トラックに荷台に牧草ロール2個をまとめて載せます。
P7210317@

 以上の作業工程を動画に収めてみました。

 もし、トラクターで運んでいる最中に牧草ロールのラップが剥がれると、手作業で直す必要があるようです。
P7210358@

 その後は、宿に戻り、お風呂&朝食。

 昨日のブログで紹介するのを忘れていましたが、今回の宿泊先もフォテージイン美瑛さん。

 今回は6泊させて頂く予定です。

 お風呂には新たに「ラベンダーの香り」のバスラボが用意されましたので、リラックスして頂くことができました。
IMG_4462@

 とてもアットホームな宿で、美瑛通のスタッフさんが観光協会では絶対に入手できないような有益な情報を色々と教えて下さいますので、美瑛の丘めぐりに来られる際は、拠点としてお勧めします!

 朝食後は再び丘へ。

 少し小雨が舞う天気でしたが、丘は牧草ロールのオンパレード。
P7210377@

 ラベンダーの時期なので、観光客で混み始めない早めの時間にファーム富田へ。
P7210411@

 品種で言うと「おかむらさき」がちょうど満開の時期。

 今年は長引く蝦夷梅雨の影響でしょうか、近くで見ると色付きの良くない花が所々で見受けられます。
P7210447@

 お昼前後は、少し陽射しが射し込み、影ができる時もありました。
P7210495@

 昼食は、久しぶりにパラディさん。
IMG_4467@
IMG_4469@
IMG_4470@

 前菜もメインもデザートも、どれも美味しかったです。

 午後に入ると、再び曇天へ。

 それども、丘の至る所で牧草ロールの大博覧会。
P7210584@

 昨日に続き、ロールベーラーによる牧草ロール作成現場に出逢うことができました。
P7210579@
P7210577@

 手持ち撮影ですが、動画にも収めてみました。
 

 ということで、今日は夕陽が期待できないため、ここで終了。

 まだまだ丘旅は続きますので、スカッとした青空が広がるのを気長に待つことにします。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

美瑛の丘をめぐる旅~2018夏編~ 初日

 札幌を朝8時に出て、2時間40分後には美瑛へ。

 まずは、旅の安全祈願。
IMG_4455@

 あと4日後には、那智美瑛火祭りですね。

 神社では着々とその準備がされていました。

 朝食を食べていなかったので、ビエールカフェさんでブランチ。
IMG_4456@

 実は、この前に純平さんに寄ったのですが、外国人観光客が大挙して押し寄せていたため、とても入れる雰囲気ではありませんでした(^-^;)

 その後は丘めぐりへ。

 もう7月20日だというのに、ジャガイモの花がまだ綺麗に残っている畑もありました。
P7200015@

 長い蝦夷梅雨の影響で、農作物の成長があまり進んでいないのかもしれませんね。
 
 それでも、秋小に近づくと、この時期恒例の独特の甘い香りが漂ってきます。
P7200030@

 こちらの丘では、もうすぐ牧草ロール作りが始まるかもしれませんね。
P7200034@

 パノラマロード江花
P7200088@

 ちょうどロールベーラーによる牧草ロール作りが行われている真っ最中でした。
P7200096@
P7200097@
P7200098@
P7200099@

 この時期のとうきびの葉は、日が当たるととても綺麗ですね。
P7200121@

 陽が傾き始めると、小麦畑も赤みを帯びてきます。
P7200171@

 そして今日の夕陽
P7200180@

 帰り際に先ほどの丘に立ち寄ってみると、牧草ロールが出来上がっていました。
P7200201

 明日朝まで残っていたら、遊歩道を散策してみようかな?

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで味噌ラーメン
IMG_4458@

 昨日食べた札幌のけやきよりもずっと旨いですよ!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

北の大地をめぐる旅~2018夏編~ 札幌~南空知

 今日も札幌宿泊ですが、札幌観光ではなく南空知を中心とした道の駅めぐりに。

 道の駅「花ロードえにわ」を経由して「サーモンパーク千歳」へ
IMG_4429@

 この道の駅も最近リニューアルされましたね。

 その後は「マオイの丘公園」を経由して、ゆにガーデンへ
P7190099@

 ここには何度か来ていますが、ようやくリナリアの季節に来ることができました。
P7190134@

 道の駅「夕張メロード」で夕張メロンソフト
IMG_4437@

 その後は、国道452号へ。

 私が道内で一番好きなドライブルートかもしれません。

 シューパロ湖
P7190165@
P7190153@

 そのまま、ゴジラのいる桂沢湖まで来てしまいました。
P7190170@
P7190174@

 札幌に戻り、暫し散策。

 札幌市時計台は、6月から5か月間、建屋老朽化に伴う改装工事中。

 その間、こんな粋な演出をしてくれています(笑)
IMG_4442@
IMG_4443@

 ススキノのシンボル「キング・オブ・ブレンダーズ」
IMG_4451@

 単なるヒゲのおじさんではありません(笑)

 W・P・ローリー卿という方で、ウイスキー・ブレンドの名人だったそうです。

 夕食は、けやき本店で味噌ラーメン(ネギトッピング)
IMG_4449@

 10年ぶり以上でしょうか、以前ススキノで飲んだ後の締めで何度か頂いた、懐かしい味噌ラーメンです。

 明日からは、美瑛に里帰りします。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

北の大地をめぐる旅~2018夏編~ 歌志内~札幌

 かもい岳山頂の朝
P7182310@

 東展望台からは、雲海とまではいきませんでしたが、微かな朝霧と降り注ぐ光芒を見ることができました。

 一方、西展望台からは砂川方面の街並みを遠くに望むことができました。
P7182316@

 宿をチェックアウトし、赤平のズリ山階段へ。

 赤平市にあるズリ山階段は、北炭赤間炭鉱坑内から出る石を積み上げたズリ山で、ズリ山階段としては、日本一の777段あります。

 このような階段をひたすら登っていきます。
P7182321@

 一気に登りきる若さはもうないので、小休止をはさみながらひたすら登っていきます。

 山頂に近づくとまわりの景色が開けてきます。
P7182333@

 やっと山頂に到着!
P7182350@

 眼下には赤平市街が広がります。

 山頂には幸運の鐘が迎えてくれます。
P7182335@

 その後は、上砂川のシンボル、三井砂川中央竪坑へ
P7182356@

 上砂川岳日本庭園
P7182367@

 上砂川にこんな立派な日本庭園があるとはビックリしました。

 上砂川といえば、ドラマ「北の国から」の「'98時代」で、純がシュウちゃんの実家にご挨拶に行った、かつて炭鉱で栄えた町というイメージしかありませんでしたが、結構色々なビューポイントがあるかもしれません。

 その後は、道の駅「三笠」へ
IMG_4388@

 ここは北の道の駅の登録第1号で、スタンプラリーストにとっての聖地です。

 この時点でのスタンプラリー2018のクリア数は93駅。

 残り27駅まできましたが、ここからが本当の正念場です。

 その後は、道の駅「しんしのつ」へ。
P7180011@

 当別ふくろう湖
P7180030@

 青山ダム
P7180035@

 そして新しく厚田公園にできた道の駅、石狩「あいろーど厚田」へ
P7180063@

 恋人の聖地に行くと誰もいなかったので、密かに鐘を鳴らしてきました(笑)
P7180058@

 そして、「北欧の風 道の駅とうべつ」を経由して、今日の宿泊地である札幌へ。

 幌見峠展望駐車場
P7180080@
P7180068@

 ラベンダー越しの札幌の街並み、絶景ですね。

 夕食は、ロビンソン(現ラフィラ)の地下2Fにある魚一心でお寿司を戴きました。
IMG_4411@
IMG_4409
IMG_4408@


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      
プロフィール

丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。


QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

北海道旅行 ブログランキングへ