丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。
※当ブログに掲載している写真や記事の無断引用は、固くお断りしております。

北海道

北の大地をめぐる旅~2016春編~ 最終日

 今日は北海道の最終日。

 朝、美瑛を発ち、函館より夕方のフェリーで青森まで行く予定。

 夜中に降った雨も早朝に上がり、ときおり雲間から陽が差し込む幻想的な朝。
P5081685

 聖台ダムの桜も昨日開花したようなので、行ってみることに。
P5081691
P5081699

 まだ咲きはじめですが、いつくかの桜の木で開花していました。
 
 7時前からまた雨が降り出したので、宿に戻り、チェックアウトの準備。

 9時前には綺麗な青空が広がりはじめました。
P5081706
P5081708
P5081715

 美瑛を出発し、南下を開始。

 5月4日から5日連続での上御料の一本桜
P5081729

 やっと満開になりました。

 その後、さらに南下し、占冠ICより道東道に乗り、安平町早来へ。

 社台スタリオンステーションのディープインパクト
P5081737

 昼食は、味の大王総本店で元祖カレーラーメン
IMG_0209

 うどんよりラーメンの方が好きだけど、カレーラーメンよりも美瑛カレーうどんの方が僕は好きだなぁ(笑)

 その後、道央道に乗りさらに南下。

 室蘭ICそばの崎守町の一本桜
P5081748

 風力発電がある緑いっぱいの丘にポツンと立つ一本桜、とても絵になりますね。

 そして、道央道に乗りさらに南下し、函館に到着。

 途中、大沼公園あたりで見えた駒ヶ岳は、雪が完全に融けていました。

 6日前に見たときは、山頂付近は雪で覆われていたのに、季節の移り変わりは早いですね。

 そしで、函館よりフェリーに搭乗。
IMG_0213

 北海道よ、暫しさようなら。
IMG_0215


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

北の大地をめぐる旅~2016春編~ 8日日

 8日目の天気予報は雨のち曇り。

 未明に降っていた雨は明け方には上がっていました。
P5071443
P5071447

 しかし、8時すぎには再び雨。

 そこで、午前中は富良野に桜を見に行くことに。
 
 しかし、富良野に着くと大雨。

 そこで、富良野チーズ工房で雨宿り
IMG_0159

 10時過ぎには雨が上がってきたので、上御料の一本桜へ
P5071476
P5071497

 かなり咲いてきました。

 そして、朝日が丘公園へ
P5071502
P5071519

 太陽と青空も出てきて、ほぼ満開に近くなった桜を美しく照らしてました。

 昼食はパラディさんでおまかせランチ
IMG_0183
IMG_0185
IMG_0187

 どれもとても美味しい料理でした。

 昼食後は、憩ヶ森公園へ
P5071560

 やっと開花しました。

 そして丘めぐりへ
P5071588
P5071611
P5071619
P5071620

 天気予報を覆して青空が広がり、気持ち良い丘めぐりができました。

 そして昨日に続き、「愛を積むひと」ロケ地へ
P5071624
P5071639

 夕方、西の空に雲がかかり、丘に影が走るようになってきました。
P5071658

 その後、空全体を黒っぽい雲が覆ってしまったため、今日はこれで切り上げてトリトンへ
IMG_0200
IMG_0201

 食後は憩ヶ森公園のライトアップへ
P5071671

 小雨が降る中、僕以外は人っ子ひとりいませんでした(^-^;)

 明日は、この旅の北海道最終日で、朝に美瑛を発ち、夕方に函館港からフェリーに乗る予定。

 途中、崎守の一本桜にも寄ってみようと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

北の大地をめぐる旅~2016春編~ 7日日

 7日目は、日中晴れの予報。

 日の出前に外を見ると、厚い雲が。

 6時くらいから少し空に明るさを感じるようになったので行動開始。

 それでも南東の空には厚い雲が。
P5061125

 少し光が差し込むようになってきました。
P5061133

 早速、上御料の一本桜を確認しに
P5051083

 昨日とあまり変わらないかなぁ

 丘に戻ると、雲間から日が差し込み、光が走るようになってきました。
P5061153
P5061154

 青い池に行ってみると、ここ数日の雨か雪融け水の影響か、本来の青さはありませんでした。
P5061168

 憩ヶ森公園の桜はなかなか咲いてくれません(^-^;)
P5061180

 午後に入り、再び上御料の一本桜へ
P5061192

 少し開花してきたかなぁ

 冬と春の狭間にある新富良野プリンスホテル
P5061204

 朝日が丘公園の桜
P5061208

 ふらの五条大橋より望む、朝日が丘公園の桜
P5061215

 その後、再び丘へ

 芦別岳と赤い屋根の小屋
P5061251

 ハートの木の蕾も膨らんできました
P5061259

 駐車場がリニューアルされた「愛を積むひと」ロケ地へ
P5061260
P5061281

 十勝岳が見えてきました
P5061267

 高い雲が空一面を覆っていますが、クッキリ見えてきた十勝岳連峰
P5061289
P5061304

 芦別岳を望む丘
P5061302
P5061307

 十勝岳を望む丘
P5061323
P5061346
P5061351
P5061387

 暮れゆく丘とブルーモーメント
P5061430

 夕食は、戀やさんで久しぶりの美瑛カレーうどん
IMG_0157

 明日は美瑛最終日。桜が開花してほしいなぁ


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

北の大地をめぐる旅~2016春編~ 6日日

 6日日の早朝は雨。

 7時くらいには雨が上がり、空が明るくなってきました。

 そして8時頃には少し陽ざしが差し込むようになってきました。

 朝日に照らされた三愛のポプラ
P5050978

 春の丘と塔のある風景
P5050987
P5051000
P5051010

 秋小の緑と畝のある風景
P5051022
 
 10時頃には再び雨が降ってきたので、丘を離れて旭川方面へ。

 男山自然公園のカタクリ
P5051031
P5051035

 昼食は久しぶりにトリトンでと思い、寄ってみましたが、駐車場が満杯(>_<)
 1つ空いていた駐車スペースには、おばさんが立ちはだかってキープ(^-^;)

 仕方なく、丘に戻ってきました。

 昼食は、ごまそば鶴喜さんでアスパラ蕎麦
IMG_0094

 憩ヶ森公園の桜は蕾が一杯に膨らみ開花寸前
P5051056

 曇っていても美しい丘の景観
P5051066

 上御料の一本桜は明日には見頃になりそうです。
P5051083

 聖台ダムの桜は蕾が膨らんできました。
P5051091
P5051096

 夕方、陽ざしは全くなく、夕陽は期待できなかったので、丘の畝のアート探し。
P5051103
P5051110

 夕食は、じゅんぺいさんでいつものトンカツ定食
IMG_0114

 いよいよ今回の旅も終盤戦。

 明日には美瑛でも桜の開花がみられるかもしれませんね。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

北の大地をめぐる旅~2016春編~ 5日日

 5日日の天気予報は道内全域雨模様。

 朝起きて外を見ると雨が降っていましたが、朝食後は雨が上がっていたので、早速チェックアウト。

 静内二十間道路の桜並木は、昨日よりも開花が進んだようです。
P5040880
P5040882

 この後は、美瑛に向かって北上。

 日高町三岩国道237号線沿いにある岩内不動の滝
P5040893
P5040897

 日高峠を越えて占冠に入ると、本格的な雨が降っていました。

 そして富良野へ。

 上御料の一本桜や朝日が丘公園の桜は、まだ開花していませんでした。
P5040900

 フラノマルシェで買い物&昼食をしようと思い行ってみたところ、駐車場待ちの大行列ができていたため、あえなく退散。

 麓郷に向かうことにしました。

 グラス・フォレストin富良野に入ろうとしましたが、ここも駐車場満杯。

 久しぶりに富良野オルゴール堂に入ってきました。
IMG_0079

 その後、美瑛に向かいましたが、雨が降る中、ワイパーから異音がしてきたため、美瑛を通り越し、旭川のカーショップでワイパーブレードを購入。

 夕方、美瑛に入ると、雨が上がり、山が見えてきました。
P5040907
P5040917

 さらに、夕陽が山を照らし始めました。
P5040938
P5040941

 夕陽が秋小や畝を照らします。
P5040944
P5040953

 その後、急速に雲が増えていき、派手に焼けることなく、黄昏を迎えました。
P5040961

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで、とても美味しいみそラーメン(おまけ付き)を戴きました。
IMG_0083

 明日からの美瑛滞在期間中の天気予報は、あまり芳しくありませんが、丘の天気予報は外れることのほうが多いので、土曜日あたりはきっと晴れてくれるでしょう。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

北の大地をめぐる旅~2016春編~ 4日日

 4日目は、新冠を拠点として、日高地方をめぐる旅。

 朝の判官岬を望む
P5030666

 朝の静内二十間道路の桜並木
P5030671
P5030698
P5030678
P5030669

 浦河サラブレッドロード
P5030705
P5030711

 優駿さくらロード
P5030722
P5030724
P5030731

 こちらは、ちょうど咲き始めたところでした。

 親子岩
P5030745

 襟裳岬
P5030755

 襟裳の春は~あああ~何も見えない春です~♫(笑)
IMG_0043

 悲恋沼
P5030763
P5030776

 庶野さくら公園にある夫婦ざくら
P5030791

 黄金道路
P5030808

 夕方の静内二十間道路の桜並木
P5030813
P5030821
P5030852
P5030876

 かなり満開に近づいてきました。
 
 明日が見頃とのことですが、あいにくの雨予報。

 明日のことを案じても始まらないので、「明日は明日の風が吹く」でいきましょう。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
   

北の大地をめぐる旅~2016春編~ 3日日

 3日目の朝は、今回の旅の楽しみの一つでもある、昨年度北海道1位、2011年・2012年には日本でも1番となった美味しい朝食。

 オープンの6時20分の少し前に「北の番屋」へ。
 
 ところが既に大行列(>_<)

 10分くらい並んで、やっとお盆を持つことができました(^-^;)

 いつもの如く、イクラのてんこ盛り(笑)
IMG_0005

 朝からお腹一杯で苦しくなり、結局、昼食はソフトクリームのみになってしまいました(^-^;)

 朝食が終わり、7時頃に北の番屋から出ると、さらに凄い大行列(>_<)

 オープン前に並んで大正解でした。GW等の混む時期は、6時くらいから並び始めるのが正解かもしれませんね(^-^;)

 朝食後、桜前線に合わせて北上。

 きじひき高原より望む、駒ケ岳と大沼国定公園
P5020560

 日暮山展望台より
P5020571

 その後、道央自動車道に乗り北上。

 途中、室蘭IC近くの「崎守町の一本桜」に立ち寄ったところ、全く咲いておらず(^-^;)

 昼食は、マルトマ食堂でホッキカレーでも食べようと思っていましたが、朝食がなかなか消化できず、まだ満腹状態だったので、ノーザンホースパークでウォーキング(笑)
P5020578
P5020584
P5020588
P5020601

 少しお腹に隙間ができたので、ハスカップソフトを戴きました(笑)
IMG_0015

 そして静内二十間道路へ。

 一昨日、開花宣言が出ていたので、楽しみに行ったところ...
P5020605
P5020608
P5020610

 全体的に見れば、2~3分咲きといったところでしょうか。

 その中でも、かなり咲いていると思われる木でもこんな感じ。
P5020620
P5020625
P5020627

 今日はあまり咲いていなかったので、そそくさと退散(^-^;)

 時間を持て余してしまったので、新冠町のスポット探しに道の駅&レ・コード館へ。
IMG_0026

 確か岩壁に馬の絵が描かれた場所があったと思ったので、観光協会の方に場所を聞き行ってみることに。

 サラブレッド大壁画
P5020651

 サラブレッド銀座駐車公園より、夕陽に照らされた日高山脈
P5020643

 そして今日の最後は、宿泊先からの夕陽
P5020655

 この後、陽は雲の中に沈んでしまったので、焼けることはありませんでした。

 明日は、かなり暖かくなりそうなので、一気に満開になってくれないかなぁ。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

北の大地をめぐる旅~2016春編~ 2日日

 2日目は、森町から、乙部町、江差町、上ノ国町、松前町、木古内町、函館市と、渡島半島を反時計回りにまわるルートで、桜を満喫することに。

 まずは、オニウシ公園の桜。
P5010216

 次に、東洋のグランドキャニオンとも呼ばれている「館の岬」
P5010226

 瓶子岩(へいしいわ)とかもめ島
P5010238

 勝山館跡
P5010258

 そして今回の旅のメインのひとつ、松前公園

 福山城と桜のコラボ
P5010297
P5010306
P5010311
P5010323
P5010341

 桜のトンネルでは、菜の花やチューリップも咲いていました
P5010330

 昼食は、今年新しくオープンした道の駅『みそぎの郷 きこない』で男爵いもカレーパン
IMG_9983

 サラキ岬のチューリップ祭りは間もなく開催されるようです
P5010363

 そして函館へ

 宿泊先に車を置いて、市電の1日乗車券を手に、今回の旅のメインのひとつ、五稜郭へ

 五稜郭タワーより
P5010382

 五稜郭タワー2階より
P5010395

 五稜郭の桜並木
P5010412

 ライトアップまで少し時間があったので、ラッキーピエロでラッキーエッグバーガー
IMG_0002

 そして五稜郭公園のライトアップ
P5010444
P5010463
P5010483

 最後は函館公園のライトアップ
P5010553

 今日は今までの人生で一番桜を満喫できた日かもしれません。

 明日は、函館を発ち、静内二十間道路の桜並木を目指します。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     
 

北の大地をめぐる旅~2016春編~ 初日

 今回の『北の大地をめぐる旅~2016春編~』は、道内各地の桜めぐりが主たる目的。

 昨日、八戸まで移動したので、今日は大間から津軽海峡フェリーで函館に上陸する予定。

 大間に向かう途中、陸奥の桜。
IMG_9915
IMG_9914

 約8kmに渡って桜並木が続き、「来(か)さまい大畑桜ロード」と呼ばれるらしいです。

 八戸から3時間15分(約150km)走り、やっと本州の最北端の大間に到着。
P4300043

 乗船前に「かもめ食堂」さんで二色丼
IMG_9918

 この時期の大間はウニが旬とのことですが、ウニもマグロもメチャ美味しかったです。

 そしてフェリーに乗船
IMG_9919

 フェリーより望む函館山と駒ケ岳(左)、恵山(右)
P4300052

 今日は雪をまとった白い駒ケ岳がよく見えます。

 そして5年ぶりとなる車ごとの上陸。

 函館の例のホテルが明日しか予約できなかったため、今日は七飯町、鹿部町を経由し、森町に向かうことに。

 大沼国定公園より望む駒ケ岳と大沼
P4300096

 道道43号線より望む駒ケ岳
P4300110

 鹿部漁港より望む駒ケ岳
P4300119

 しかべ間歇泉公園
P4300133

 約12分間隔で、500リットルの温泉が吹き上がります。

 3月にオープンした道の駅は大変な賑わいでした。

 本別漁港より望む駒ケ岳
P4300142

 ひょうたん沼と駒ケ岳
P4300149

 出来澗漁港より望む駒ケ岳
P4300155

 砂崎海岸より望む駒ケ岳
P4300162

 駒ケ岳は、見る角度によって全く違った山に見えますね(^-^;)

 ハマナス台場公園より望む駒ケ岳
P4300171

 オニウシ公園の桜は満開までもう少しのようです。
P4300178

 オニウシ公園の桜と駒ケ岳
P4300175

 夕食は、中華の名店「華京」さんを訪ねたところ、予約で既に一杯(^-^;)

 宿泊先のクーポン券が使用できる「雅茶一(がちゃぴん)」さんで戴くことに。
IMG_9945
IMG_9946
IMG_9947

 行者にんにくがとても美味しかったです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     
 

北の大地をめぐる旅~2015秋編~ 4日日

 4日目の朝。

 比布温泉に宿泊したので、今朝は朝食をしっかり戴き、ゆっくり出発(それでも7時40分には宿を出ました)。

 8時15分頃に当麻鐘乳洞に着きましたが、何と9時開園で入ることが出来ず。

 そこまで待っている時間も勿体ないので、丘に戻ることに。

 その前にちょっと寄り道。

 森の神様
P9210347

 この木は、「森の巨人たち100選」に選ばれたカツラの木で、推定樹齢900年だそうです!

 美瑛を舞台にしたドラマ「別に普通の恋」に登場した、あの木です。

 10時頃に丘に戻ると、車も自転車も凄い量!

 真夏の週末を超えるかの凄い混雑で、特に道道966号は美沢小学校付近でも、なかなか車が途切れることがないほどの混雑でした(^-^;)

 なので、青い池は勿論のこと、パッチワークエリアなどの人気スポットは近づかず、藤野、福富、水沢、新星、瑠辺蘂、五稜などの、あまり観光客が来ないような場所を中心にまわりました。

 水沢ダムと青空を浴びて気持ちよさそうに牧草を食べる牛達
P9210358

 遠くに美瑛の街並みを望む丘
P9210370

 なだらかな丘の景観
P9210398

 今年は馬鈴薯でしたが来年は何かな?
P9210407

 ミッキーマウスの木
P9210426

 最近、耳の形が分かりづらくなってきてしまいました(^-^;) 

 丘の所々にキガラシが咲いています。
P9210438

 夕方、十勝岳連峰にモクモクと雲が出来始めました。
P9210445

 すると、瞬く間に西の空も雲に覆われ、丘に陽が届かなくなってしまいました。

 雲間からの光芒
P9210461

 これを最後に、陽が差し込むことはありませんでした(^-^;)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

北の大地をめぐる旅~2015秋編~ 3日日

 3日目の朝の美瑛は霧雨模様。

 天気予報を見ると、十勝地方が晴天のようなので、長距離の往復になってしまいますが、昨日のリベンジを果たすべく、幕別町へ。

 忠類ナウマン象
P9200232

 丸山展望台
P9200240
P9200241

 この展望台に上ると、忠類の街並みを一望できます。

 さらべつカントリーパークと十勝スピードウェイの間あたりから望む十勝の大地
P9200245

 十勝ヒルズ
P9200253
P9200264

 高台にあってとても景観の良い場所です。

 美蔓パノラマパーク
P9200268

 昼食は、ドライブインいとうで山ワサビ豚丼
IMG_9231

 新得町に入り、エコトロッコ鉄道(旧新内駅)
P9200278

 その後、狩勝峠を久しぶりに通り、東山~麓郷~ベベルイ経由で美瑛へ。

 途中、麓郷~北布礼別付近ではかなりの雨が降っており、美瑛のアメダスでも時々雨が降っていたので、虹祭りを期待していましたが、何とカラッと晴れ上がってしまっているではありませんか(^-^;)
P9200280

 小麦や馬鈴薯などの収穫が終わり、この時期の丘の主役は豆とビートですね
P9200288

 牧草ロールがサイレージに巻かれていました
P9200298

 陽に照らされたビート畑が綺麗です
P9200310

 こちらは豆畑
P9200312

 親子の木
P9200321

 今日の宿泊地は比布温泉なので、残念ながら夕陽を待つことなく、最後はここで
P9200327
P9200328


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

北の大地をめぐる旅~2015秋編~ 2日日

 2日目の朝、今日の十勝地方は一日中雨の予報。

 ホテルチェックアウトすると凄い雨(>_<)

 雨雲ズームレーダーはこんな感じ
IMG_9193

 ということで、予定していた十勝めぐりはキャンセルし、とりあえず南富良野に向かうことに。

 その前に、十勝エリアの最後として、400mのベンチがある緑ヶ丘公園
P9190158

 南富良野に着くと、雨は小降りになりましたが、移動中に雨雲が移動してしまったようです(>_<)

 しかたがないので幌舞駅へ
IMG_9196
IMG_9197
IMG_9198

 北に行った方が良さそうだったので、かなやま湖を経由して、富良野に向かうことに。

 かなやま湖
P9190177

 ここにはラベンダー園があるので、シーズンはとても綺麗でしょうね。

 その後、富良野へ行き、昼食と買い物。

 雨は小降りながらも、気にならない程度まで止んできました。

 であればと丘に向かうことに。

 夕方あたりに時々西の空が明るくなってきたので、祭りを期待しましたが、残念ながら願いかなわず(^-^;)

 丘では、曇天で時々雨が舞う中、豆類が黄色く輝いていました。
P9190186
P9190191
P9190193
P9190203
P9190205
P9190211
P9190218
P9190226


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

北の大地をめぐる旅~2015秋編~ 初日 

  つい先日、大雪山系では初雪の便りも届いてきましたが、今回はシルバーウィークを利用して、大雪山系を中心に、上川南部と十勝をめぐりたいと思います。

 羽田空港での積荷トラブルにより、旭川空港到着も20分遅れ。

 旭川空港から車を走らせること約1時間、まずは大雪高原旭ヶ丘へ 
P9180006
P9180018

 次に、層雲峡温泉まで行き、ロープーウェイ、リフトを乗り継いで、黒岳七合目へ
P9180060
P9180072

 銀河の滝
P9180088

 流星の滝
P9180098

 大函
P9180100

 次に、赤岳銀泉台へ行くために、シャトルバス乗り場がある大雪レイクサイド駐車場へ。
 
 バスに揺られること約40分、 赤岳銀泉台へ到着。
P9180114
P9180129
P9180127

 飛行機到着遅れや黒岳で思いのほか時間を費やしてしまい、旅の行程が遅れ気味で50分しか滞在時間が取れなかったので、第一花園の手前で引き返さざるを得ませんでした(^-^;)

 緑深橋より望む松見大橋と雄大な原生林
P9180141

 ここは、日本百名道にも選ばれた場所です。

 今日の最後は、タウシュベツ展望台より望むタウシュベツ川橋梁 
P9180146

 タウシュベツ展望台で撮影を終えようとしたところ、雨が降ってきてしまいました(^-^;)

 この後、ナイタイ高原や十勝牧場を予定していましたが、旅の行程が遅れている上に雨が降って来たため断念し、宿泊地に向かうことに。

 今日の宿泊地は幕別温泉。

 今宵はモール温泉に浸かり、お肌スベスベ、美人になりましたぁ~(笑)
 

↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

北の大地をめぐる旅~2015春編~ 最終日

 最終日の朝、新冠温泉 レ・コードの湯 ホテルヒルズから望む判官岬と太平洋。
P5050006

 今日は、静内二十間道路から平取、占冠、夕張、安平と廻って新千歳空港からの帰路に着く予定でしたが、静内の桜はもう終わってしまったのと、フォロワーさんからの情報で、美瑛の「恋人の木」が見頃だという情報を得たので、予定を変更して北上することに。

 国道236号から国道237号に入り、平取町へ。

 二風谷アイヌ文化
P5050023

 チセ(家)が何ともいえない風情を醸し出しています。

 二風谷湖・湖畔公園
P5050030

 さらに国道237号を北上し、振内鉄道記念館へ
P5050034
P5050037

 久しぶりに見る「デゴイチ」。
 これは、サハリン州鉄道で使用されていたD51だそうです。

 さらに国道237号、国道274号を北上し、占冠村へ。

 赤岩青巌峡
P5050045

 国道274号に戻って北上し、国道38号で富良野市へ。

 東大演習林の桜と芦別岳
P5050056

 青空をバックに桜と雪山の組み合わせは絵になりますね。

 上御料の一本桜
P5050061

 つい2~3日前までは綺麗に咲いてたのをFacebook等で見かけたのですが、見事なまでに葉桜になってしまっていました(T_T)

 朝日が丘公園
P5050071

 こちらの桜もほぼ散ってしまっていました(T_T)

 そして美瑛町へ。

 丘の畝
P5050080

 何ともいえない美しさですね。

 そして『恋人の木』へ。
P5050091

 エゾヤマザクラとスモモの2本の木が寄り添うように立っていることから名付けられた『恋人の木』

 桜とスモモでは、開花時期は桜の方が早いので、なかなか咲き揃った姿を見ることはできませんが、今年はピンクと白に纏った二人の出逢いに立ち会うことができました。

 聖台ダムの桜もほぼ終わっていました(T_T)
P5050111
P5050102

 一輪残っていたエゾヤマザクラの花を見ていて思ったのですが、もしかしたら昨晩の暴風雨で花が散ってしまったのかもしれませんね。

 かしわ園の桜
P5050120

 こちらもかなり散ってしまっており、道路を挟んだ畑の畝の間には、ピンクの花びらがたくさん落ちていました。
P5050124

 憩ヶ森公園の桜もほぼ終わりでした(T_T)
P5050140

 エゾヤマザクラはソメイヨシノよりも開花が少し早いと言われていますが、開花とともに葉芽も開いてしまうため、花の寿命が短く感じられてしまいますね。

 最後に拓真館の桜
P5050129

 白樺回廊にあるエゾヤマザクラはほぼ終わってたようですが、こちらチシマザクラ(千島桜)でしょうか?
 白い花を咲かせていました。

 この後、内地への短期出張のため、新千歳空港へ。

 スカイショップ小笠原(2FショッピングワールドのセンタープラザJAL側)さんに、5月より、上富良野産はるゆたかを使用したCAMIFLAGラーメンが販売されてますので、お土産にどうぞ!
IMG_7915


 ↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
           

北の大地をめぐる旅~2015春編~ 3日目

 3日目は黒松内から羊蹄山~洞爺湖周辺を経由して、新冠へと向かう旅。

 昨晩の天気予報では、曇天で午後から雨という予報でしたが、朝起きてみると晴れているではありませんか。

 昨日のトラブルを救ってくれた宿を7時半に出発し、国道5号線を蘭越方面へ。

 目名峠付近
P5040441
P5040443

 ここは美瑛の丘を彷彿させるような景観を望める場所なので、この付近に来た時は、いつも立ち寄ってしまいます。

 国道5号線をさらに進み、ニセコへ。

 ポテト共和国から望むニセコアンヌアプリ
P5040448

 道道66号線沿いで見つけた一本桜と羊蹄山
P5040463

 宮田ビューポイントより望む羊蹄山
P5040468

 道道66号線に戻り、真狩へ。

 羊蹄山自然公園にて、エゾヤマザクラとともに
P5040474
P5040486

 フラワーパーキングより
P5040501

 洞爺湖を目指して南下していきます。
 
 洞爺中央公園より、桜越しの洞爺湖と中島(白鳥もいますよ~)
P5040514

 浮見堂公園より
P5040525

 サイロ展望台より望む霧の洞爺湖
P5040534

 お昼近くになると、雲が空を覆い、洞爺湖も霧で包まれてしまいましたが、それが幻想的な雰囲気を醸し出してくれました。

 ザ・ウィンザーホテル洞爺より望む、幻想的な風景
P5040554
P5040544
P5040543

 壮瞥町に入り、昭和新山へ
P5040600

 この後、有珠山ロープーウェイで有珠山山頂へ。

 洞爺湖展望台より
P5040571
P5040567

 伊達市に入り、三階滝公園へ
P5040607

 ここで天気予報を見てみると、新ひだか町付近は今夜大雨の予報。
 静内二十間道路の桜はその雨で散ってしまうと思い、明日朝行く予定を変更して急遽向かうことに。

 サラブレッド銀座駐車公園より
P5040622

 静内二十間道路の桜並木
P5040653
P5040659

 今夜の雨を待たずして、桜はかなり散ってしまっており、ほとんど葉桜になってしまっていました(T_T)

 今日の宿泊先は、新冠温泉 レ・コードの湯 ホテルヒルズ
IMG_7876

 ここは、個人的に道内で3本の指に入るほど贔屓にしているホテルで、日高方面に来た時は必ず泊まるようにしています。
 判官岬に沈む夕陽を見ながらの露天風呂や夕食は最高ですよ~!
 残念ながら、今日は曇天で夕陽は見れませんでしたが(^-^;)


 ↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
           

北の大地をめぐる旅~2015春編~ 2日目

 2日目は留萌から空知の桜の名所を経由して黒松内へと向かう旅。

 まずは、国道233号線で沼田町へ。

 NHKの朝ドラ「すずらん」の舞台となった明日萌駅(JR留萌本線の恵比島駅)
P5030293

 次は、国道275号線で滝川市に向けて南下します。

 道中、目の前に北竜の道の駅が現れたので、2015スタンプラリーの1駅目をゲット(o^^o)
P5030294

 丸加高原の桜
P5030296

 こちらもかなり葉桜になってしまっていました。

 ジンギスカンの本場ならではの羊たちの放牧(≧▽≦)
P5030304

 次は、新十津川町へ。
 国道451号で西へ向かいます。

 吉野小学校裏にある「夢色の森」もかなりの葉桜でした(T_T)
P5030312

 ふるさと公園の桜
P5030316

 国道275号線に戻り、浦臼町に向けて南下します。

 鶴沼公園の桜は終わってしまってたのかな?
P5030321

 次は東に向かい、奈井江町へ。

 にわ山森林自然公園
P5030322
P5030328

 こちらも残念ながらかなり葉桜が進んでいました。

 また国道275号に戻り、月形町に向けて南下。

 皆楽公園
P5030334
P5030339

 こちらの桜は空知地方の中では一番残っていました。

 次は、美唄市に向けて東へ。

 道中、宮島沼が通り道にあったので、立ち寄るもマガンは不在
P5030342

 さらに東に行き、美唄市東明公園へ。
P5030355
P5030369

 こちらも葉桜がかなり進んでいました。

 そして近くにあるアルテピアッツァ美唄へ。
P5030371
P5030373
P5030397
P5030404

 次は道央自動車道を少し南下して三笠鉄道村へ。
P5030409

 家族連れで大混雑でした(^-^;)

 空知を後にし、黒松内に向かう途中、高速を途中下車して室蘭に立ち寄ることに。

 地球岬、金屏風、トッカリショ展望台あたりを廻ろうと思ってましたが、白鳥大橋すら見えないほどガスってたので、スルーすることにしました(T_T)

 黒松内に到着し、歌才森林公園へ。
P5030421
P5030422

 こちらも残念ながら葉桜が進んでいました。

 宿泊地に向かい、チェックインしようとすると、予約台帳に私の名前がない???

 じゃらんで予約してたのですが、私がネットで5月4日に予約してたのを5月3日に変更した際に、宿側のミスで台帳にその変更を記載し忘れてたようです。

 加え、あいにくGWの真っ只中で、今日は満室(>_<)

 近隣の宿を探してくれて、宿泊費は宿側が負担してくれることになりました(^-^;)

 こういうことがあると、忘れられない思い出になりますね!


 ↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
           

北の大地をめぐる旅~2015春編~ 初日

 2カ月くらい前の桜開花予報によると、ゴールデンウィーク後半くらいに見ごろを迎えるとの予報を元に計画した、北の大地をめぐる旅~2015春編~。

 ところが、4月下旬に入ってからの連日の夏日により、ビックリして桜が開花してしまったようで、札幌では4月22日に開花し、26日にはもう満開(^-^;)

 新千歳空港でレンタカーを借り、車を走らせていると、ところどころに桜の木が見えましたが、既にかなり散ってしまっている木が多いように見えました。

 まずは札幌市へ。

 滝野すずらん丘陵公園
P5020024
P5020034

 こちらの桜も、かなり散ってしまったようです。

 さらに北上し、当別町へ。

 当別ふくろう湖
P5020043

 そして日本海側に進路を変え、石狩市へ。

 はまなすの丘公園
P5020056

 ここからはオロロンラインを北上していきます。

 戸田記念墓地公園
P5020073
P5020079

 こちらの桜は、まだ満開には至らず、3~5分咲き程度でしょうか。
 満開は、5月4日の予測らしいで、札幌周辺にお住まいの方で、これから満開の桜をご覧になりたい方は、こちらがお勧めかと思います。

 同じ石狩振興局内でも、桜の開花状況にはかなり差がありますね(^-^;)

 さらに北上し、「恋人の聖地」として有名な厚田公園展望台へ。
P5020100

 裏に回ると、哲学の木によく似たエゾヤマザクラの木を発見しました(o^^o)
P5020104

 そして、高倉健さん主演の「駅 STATION」の舞台になった雄冬岬へ。


 白銀の滝
P5020127

 少し北上し、増毛町へ。

 雄冬岬展望台
P5020148
P5020142

 そして増毛市街地へ。

 国稀酒造
P5020155

 旧商家丸一本間家
P5020161

 そして、再び「駅 STATION」の舞台へ。

 増毛駅
P5020164

 風待食道
P5020167

 風待食堂の前で、健さんのご冥福をお祈りさせて頂きましたm(_ _)m

 さらに北上し、今日の宿泊地である留萌市へ。

 礼受牧場
P5020176
P5020190
P5020187

 以前は風力発電の連なる列を上から見下ろせたのですが、今日はゲートが閉まっていて、上まで行くことはできませんでした。

 千望台
P5020192

 そして今日の最後は、黄金岬の夕陽
P5020251

 夕食は、蛇の目寿司で(o^^o)
IMG_7775

 これはメニューに載っていない「蛇の目スペシャル」というスペシャルメニューなのですが、21貫で2,500円とネタの豊富さを考えればかなりリーズナブル!
 とても美味しかったのですが、お腹いっぱいで苦しい~(笑)


 ↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

今、北海道で一番寒い場所は何処?

 今、北海道で一番寒いのは、果たして何処でしょうか?

 昨日、旭川市江丹別では、-30.5℃を記録し、今冬全国一の冷え込みとなりました。
 
 過去の記録として、気象庁が観測した日本の最低気温記録は、1902年1月25日に旭川市で観測された-41.0℃です。
 この記録が公式な日本記録ですが、アメダスの観測値としては、1978年2月17日に旭川市江丹別で記録された-38.1℃が最低気温記録です。

 尚、観測所の委託職員記録として、1931年1月27日に美深町-41.5℃が記録されています(公務員記録ではないため参考記録)。

 また、気象庁の観測所以外での記録としては、1978年2月17日に幌加内町母子里-41.2℃水銀柱の目視記録。デジタル表示では-44.8℃を記録)が観測され、その記念に母子里クリスタルパークが作られました。

 以上のように、最低気温記録の観測地は全て上川地方ですが、かなり古い記録ばかりですので、最近の状況はどうなのでしょうか?
 また最近、陸別町が「日本一寒い町」として売り出し中ですが、これは本当なのでしょうか?

 このようなことを検証すべく、気象庁のホームページより、過去の気象データ検索よりデータを収集し、分析してみることにしました。

 検証方法としては、以下の2つの視点で調べることにしました。
① 冬に平均的に寒い場所は何処か?
② 近年(過去30年程度の中で)最低気温が最も低かった場所は何処か?

 まず①については、気象庁発表の平年値(年・月ごとの値)の1月と2月の最低気温の平均値を観測地点ごとに比較することにしました。
 気象庁発表の平年値とは、30年間の気象データの平均値をもとに算出されており、10年毎に更新されます。現在の平年値は1981年~2010年までの30年間のデータを基に算出されており、次回2021年に更新されるまで同一データが使用されます。

 分析の結果は以下のとおりでした。

1~2月の月ごとの最低気温(℃)
(気象庁発表の平年値より)

No. 観測地点 1月 2月 平均
1 陸別 -20.2 -19.2 -19.75
2 占冠 -18.8 -18.7 -18.75
3 糠内(幕別) -19.1 -17.9 -18.50
4 川湯(弟子屈) -17.9 -18.2 -18.05
5 阿寒湖畔 -17.7 -17.6 -17.65
6 ぬかびら源泉郷 -17.6 -17.5 -17.55
7 江丹別(旭川) -16.8 -17.2 -17.00
8 佐呂間 -16.8 -17.1 -16.95
9 中頓別 -16.3 -17.5 -16.90
大樹 -16.9 -16.9 -16.90
11 歌登(枝幸) -15.9 -17.1 -16.50
12 下川 -16.3 -16.6 -16.45
13 足寄 -17.0 -15.8 -16.40
14 朱鞠内 -16.1 -16.6 -16.35
生田原(遠軽) -16.3 -16.4 -16.35
16 境野(置戸) -16.4 -16.2 -16.30
17 穂別(むかわ) -16.4 -16.0 -16.20
18 帯広泉 -16.5 -15.6 -16.05
19 芽室 -16.3 -15.8 -16.05
20 名寄 -15.8 -16.2 -16.00
21 駒場(音更) -16.1 -15.7 -15.90
22 美深 -15.6 -16.1 -15.85
23 更別 -15.8 -15.5 -15.65
24 滝上 -15.3 -15.8 -15.55
留辺蘂(北見) -15.6 -15.5 -15.55
美幌 -15.5 -15.6 -15.55
27 本別 -16.1 -14.9 -15.50
28 中徹別(釧路) -15.6 -15.4 -15.50
29 標茶 -15.8 -15.1 -15.45
30 幾寅(南富良野) -15.4 -15.4 -15.40
31 美瑛 -15.3 -15.3 -15.30
32 池田 -15.8 -14.7 -15.25
33 音威子府 -14.9 -15.6 -15.25
34 遠軽 -15.1 -15.4 -15.25
35 麓郷(富良野) -15.3 -15.2 -15.25
36 津別 -15.3 -15.2 -15.25
37 幌加内 -15.0 -15.4 -15.20
38 上札内(中札内) -15.2 -15.0 -15.10
39 富良野 -15.1 -14.9 -15.00
士別 -15.0 -15.0 -15.00

番外編

    観測地点         1月         2月         平均    
札幌 -7.0 -6.6 -6.80
旭川 -12.3 -12.7 -12.50
函館 -6.2 -5.9 -6.05
釧路 -10.4 -9.9 -10.15
帯広 -13.7 -12.6 -13.15
小樽 -6.1 -5.8 -5.95
富士山 -21.7 -21.5 -21.60

 陸別町のうたい文句に偽りはなく、文字通り日本一寒い町でした。
 2位の占冠に1℃もの差を付けているので、ダントツと言って良いかもしれません。

 この結果を見ると、陸別を中心に、道東内陸部の寒さが目立ちます。あくまで推測ですが、道北の上川地方と比べて、冬に晴れる日がかなり多く、そのため放射冷却により冷え込む日が多いというのが、主な理由ではないかと考えられます。

 参考までに、気象庁の北海道内観測所(アメダス含む)で、気温の観測が行われている観測地点は約170箇所あり、1~2月の最低気温平均値が-15℃以下のトップ40を、上記にリストアップしました。

 この中で驚いた点の1つに、むかわ町穂別が17位に入っている点です。胆振地方というと道内でも比較的暖かいイメージがありましたが、道東内陸部と同様に、冬に晴れる日が多く、放射冷却が発生しやすい気候なのかもしれませんね。

 番外編として、道内主要都市と富士山を参考までに記載しています。
 旭川は、日本最低気温を記録した頃は、今の江丹別のようにもの凄く寒い日が多かったのでしょうが、都市化の影響で冷えにくくなっているのかもしれませんね。


 次に②についての分析ですが、こちらの方は、気象庁発表の平年値算出期間にちなんで、1981年以降の観測地点毎の最低気温記録を比較することにしました。

 結果は以下のとおりです。

1981年以降の最低気温レコード(℃)

No. 観測地点 気温 観測年月日
1 江丹別(旭川) -37.1 1985/1/24
2 歌登(枝幸) -37.0 1985/1/24
3 和寒 -36.8 1985/1/25
4 幌加内 -36.1 1987/1/21
5 中頓別 -35.9 1985/1/24
6 占冠 -35.8 2001/1/14
朱鞠内 -35.8 1990/1/28
8 名寄 -35.7 1982/2/2
9 中川 -35.6 1985/1/24
10 幌糠(留萌) -35.4 1985/1/25
11 下川 -35.1 1985/1/25
士別 -35.1 1985/1/25
13 音威子府 -34.9 1982/2/5
14 美深 -34.2 1982/2/5
15 沼川(稚内) -34.0 1985/1/24
16 富良野 -33.6 1985/1/25
17 川湯(弟子屈) -33.4 1985/1/31
幾寅(南富良野) -33.4 1982/2/6
19 滝上 -33.3 1982/2/2
20 陸別 -33.2 2000/1/27
美瑛 -33.2 1985/1/24
22 駒場(音更) -32.1 2000/1/27
23 喜茂別 -31.9 1991/2/20
麓郷(富良野) -31.9 1985/1/25
25 糠内(幕別) -31.8 2000/1/27
26 上富良野 -31.5 1985/1/25
27 比布 -31.4 1985/1/25
28 別海 -31.3 1985/1/25
29 生田原(遠軽) -31.0 1985/1/24
30 西興部 -30.8 1985/1/25
31 天塩 -30.6 1985/1/24
32 阿寒湖畔 -30.5 1984/2/7
芽室 -30.5 1982/2/2
34 ぬかびら源泉郷 -30.3 2000/1/27
35 美幌 -30.2 1985/1/25
空知吉野(新十津川) -30.2 1985/1/25
37 北見 -30.1 1985/1/25
38 志比内(東神楽) -30.0 2003/1/15
39 常呂(北見) -29.9 1982/2/2
40 穂別(むかわ) -29.8 2010/2/4

番外編

    観測地点         気温       観測年月日  
札幌 -16.8 1985/1/25
旭川 -27.8 1985/1/25
函館 -15.5 1996/2/2
釧路 -24.2 1985/1/31
帯広 -26.9 1982/2/2
小樽 -15.2 1985/1/25
富士山 -38.0 1981/2/27

 トップの江丹別をはじめとし、上川地方とその周辺(宗谷・留萌地方の内陸部)がトップ16まで占めており、ここ一番の寒さはやはり上川地方周辺というのは、過去の日本最低気温記録が示す通り、昔から変わっていないようですね。

 道北の上川地方とその周辺地域は、冬は雪が多く晴れる日が少ないため、平均気温で見ると、陸別を中心とした道東内陸部より高くなりますが、晴れて放射冷却が発生した日は、盆地気候も影響してか、強烈な寒さを示すのではないかと考えられます。

 以上の結果をまとめると、陸別を中心とした道東内陸部は寒さのアベレージヒッター、上川地方とその周辺地域は寒さのホームランバッターと例えられるのではないでしょうか(笑)

P2070667


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

初秋の美瑛の旅(丘を離れて道の駅めぐり) 4日目

 今日は台風が近づいているため、1日中雨の予報。
 なので、今日は丘めぐりはあきらめ、道の駅めぐり&スタンプラリーを行うことにしました。

 昼食は、新・ご当地グルメグランプリ北海道2013in十勝芽室で第3位に輝いたグルメに決めていましたので、美瑛から北に向かって反時計回りに周ってくるルートにしました。

 最初の道の駅オープン時刻に合わせて、8時20分に雨が降り続く美瑛を出発。

 でんすけすいかやトマトが有名な当麻町の道の駅 とうま
IMG_2668

 絵本で町おこしを行っている剣淵町の道の駅 絵本の里けんぶち
IMG_2670

 雨雲の動きを見ると、朱鞠内湖以北は雨が降っていないように思えたので、幌加内に行く途中、朱鞠内湖に寄ることに。
_9169646

 予想通り、士別のトヨタテストコース以北は雨は降っていませんでしたので、湖畔をのんびりと散歩できました。

 朱鞠内湖を出てしばらく南下すると、また雨が降ってきました。

 そば生産量日本一の幌加内町の道の駅 森と湖の里ほろかない
IMG_2677

 3連休で且つ新蕎麦の季節にもかかわらず、レストラン「そばの里」は閉まっていました(^-^;)

 ブロッコリーが有名な秩父別町の道の駅 鐘のなるまち・ちっぷべつ
IMG_2678

 道の駅の店員さんにご当地グルメが食べれる場所を聞くと、すぐ隣の秩父別温泉ちっぷ・ゆう&ゆ「レストランはまなす」等3件のお店で食べれるとのこと。ただ人気のグルメで売り切れになることがあるらしく、早く食べに行くべしとのことでしたので、早速隣のレストランへ。

 緑のナポリタン(愛称はミドナポ)。
IMG_2679
 
 パスタには秩父別産ブロッコリーのパウダーが塗してあるらしく、秩父別トマトジュース「あかずきんちゃん」で作ったトマトソースと相まって、めっちゃ美味しかったです!

 参考までに来年の新・ご当地グルメグランプリ北海道は、7月5日(土)~6日(日)、美瑛町の丸山競技場を会場に「新・ご当地グルメグランプリ北海道2014in丘と美食のまち美瑛」が開催される予定だそうです!

 昼食後、雨が少し強くなってきたので、道の駅めぐりをしながら帰路につくことに。
 
 道内有数の米産地である深川市の道の駅 ライスランドふかがわ
IMG_2680

 松尾ジンギスカンのふるさと滝川市の道の駅 たきかわ
IMG_2682

 ガタタンとさくらんぼが有名な芦別市の道の駅 スタープラザ芦別
IMG_2683

 そして最後はわが聖地、美瑛町の道の駅 びえい「丘のくら」
IMG_2685

 今日のルートをGoogleマップで表すと、このような感じです。
route


 夕食はトリトン旭神店へ。
IMG_2687aIMG_2687bIMG_2688IMG_2689IMG_2690IMG_2691

 夕方5時にもかかわらず、待合席まで満席の大混雑。相変わらずの大人気店ですが、一人客の場合、運良くカウンター席が空けばすぐ案内してもらえることもあるので、待つこと3分。案の定、すぐ座ることができました。
 ここは個人的には日本一美味しい回転寿司店と思っています。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
   

北の道の駅グルメ

 前回に引き続き北の道の駅について書きたいと思いますが、今回はスタンプラリーではなくグルメについて。

 道の駅スタンプラリーを行う場合、都市部に宿泊して道の駅めぐりを行うと、昼食時は必然的に郊外を回っていることが多くなります。それに昼食だけのためにできるだけ回り道はしたくないと考えてしましますので、スタンプラリー目的の旅行中は、道の駅で昼食というのがほとんどでした。

 道の駅にはご当地グルメグランプリに登場するようなメニューはあまり見かけませんが、その地の新鮮な農水産物や特産品等を使用して食を提供しているところが多いので、ある意味ご当地グルメよりもその地の素の食を楽しむことができるのではないかと思っています。

 恐らく道の駅だけで50回くらい食したことがあると思いますので、参考までに今まで私が食した中でのベスト10を以下に挙げたいと思います(あくまで主観的な意見なのであしからず。また料理の写真がなくてすみません)。 

 1位は『真狩フラワーセンター』にある食堂「山びこ」のゆり根のかき揚げ丼/ゆり根のかき揚げそば。真狩村はゆり根出荷量日本一で、全国の約70%を出荷しているそうです。その真狩産ゆり根を使用した「ゆり根のかき揚げ丼」「ゆり根のかき揚げそば」は、ホクホクしていて上品な甘みがありとても美味しかったです。

 2位は『あいおい』にある「そば処あいおい」のざるそば。手打ちの十割そばで、蕎麦の風味がとても良く、喉越しも良くてとても美味しく頂けました。北海道は蕎麦の作付面積・生産量とも全国の1/3以上を誇り、幌加内、江丹別、多度志、新得、音威子府など様々な生産地・ブランドがありますが、個人的にはここの蕎麦が一番美味しかったです。

 3位は『くろまつない』にあるパン工房「トワ・ヴェール・ドゥー」のベーグルサンド。本格的なパン屋さんのベーグルと中に入ったハムやチーズの組み合わせはとても美味しかったです。店内は新しく清潔感たっぷりなので居心地もとても良いです。2010年にはピザ屋さんも出来たようなので、次に行く機会があったらピザも食べてみたいです。

 4位は『あぷた』のうに丼。ウニはご飯とは別にうに折に入ったまま出てきますので、自分でご飯の上にウニと薬味をのせ、醤油をかけて召し上がります。ウニは少しミョウバンを使っているような風味がしましたが、1500円(2011年当時)という値段を考えると、コスパは抜群だと思います。

 5位は『もち米の里☆なよろ』にある「風の寄り道」のもちかき揚げそば。餅入りの野菜天がのっていて美味しく頂くことができたと同時に、土日限定のサラダバーもとても気に入りました。またこの道の駅には「ソフト大福」なるものがあって、中の具の種類は10種類以上もあるみたいですね。

 6位は『しらぬか恋問』にあるレストラン「むーんらいと」の炭焼この豚丼(6枚)。テレビでも紹介される等、すっかり有名になった「この豚丼」ですが、岐阜のたまり醤油と相性のいい沖縄黒砂糖をブレンドしたこだわりのタレを使用いるようですが、「ぱんちょう」等の十勝の豚丼とは少し味付けが違うように感じられました。6枚と4枚で値段がさほど違わない(確か100円差?)と思いましたので、迷ったら絶対6枚にすべきと思います。道の駅弁第1号にも認定されていますので、弁当片手に恋問海岸で漁火を見つめながら食べるっていうのも良いかもしれませんね。

 7位は『メルヘンの丘めまんべつ』にある「ほのか」のサクラ豚丼。十勝の豚丼よりもさっぱりした、生姜の風味が効いたタレになっていて、柔らかい豚肉とともに美味しく頂けました。価格も700円(2011年当時)とコスパもなかなかです。

 8位は『森と湖の里ほろかない』にある「そばの里」のざるそば。そばの風味と歯ごたえは、さすが日本一の蕎麦の産地って感じでした。ただ道の駅はオープンしていても「そばの里」が休館ってことが何度かあったので(新そば直前の時期だったからかな?)、食べに行く際は事前に電話で確認した方が良さそうです。

 9位は『なかがわ』のカツ丼。ここにレストランはメニュー豊富で牛トロ丼なるものまで存在します。カツ丼が大好物の私にとって、特に美味しかったという訳ではありませんが、ボリューム満点でコスパはとても良いと思います。まさに道の駅、ドライバーの味方って感じがしました。

 10位は『スタープラザ芦別』にあるレストラン「ラ・フルール」のガタタンラーメン。ガタタンとは、かつて炭鉱で栄えた芦別の炭鉱夫たちが食した料理らしく、白菜、人参、イカげそ、豚肉、山菜、だんご、卵など十数種類の具材がたっぷりで鶏がらスープやとんこつスープにとろみをつけたものです。色々な具が入ってとろみがついているわりにはあっさりした感じの味で、もう少し味が濃くても良いかなと思いました。お腹を空かした炭鉱夫たちが毎日ドカ食いするには、このくらいの味付けの方が良かったのかもしれませんね(^-^;)


 まだ食したことのない中で、食べてみたいのは以下の通りです。
  • 南ふらの エゾカツカレー
  • 忠類 ゆり根あんパン
  • 足寄湖 チーズカレー
  • かみゆうべつ温泉チューリップの湯 オホーツク塩うどん
  • おびら鰊番屋 鰊親子丼
  • マリーンアイランド岡島 鮭親子丼+かに汁
  • おとふけ 中華バイキング
  • 上ノ国もんじゅ てっくい天丼、てっくい天ざる、うに丼
  • マオイの丘公園 クリーンポーク丼(道の駅弁)
  • ピア21しほろ しほろ牛剣先コース
  • さるふつ公園 猿払産帆立フライカレー
  • スワン44ねむろ エスカロップ
  • なとわ・えさん 元祖かごめ昆布ラーメン
  • 知床・らうす 知床ちゃんちゃん焼
  • さらべつ ポテトコロッケ定食
  • てしお 丸っ子てしお しじみのわっぱめし(道の駅弁)
  • ぐるっとパノラマ美幌峠 カニラーメン
  • 鐘のなるまち・ちっぷべつ 天丼、海老天丼
  • 流氷街道網走 網走ザンギ丼、流氷カリー
  • ウトナイ湖 ステーキ丼、和牛カルビ丼
  • おだいとう 別海ジャンボホッキステーキ丼
 
 道の駅の食の完全制覇はもの凄く遠い道のりです(^-^;)
 
P6275727


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
 

北の道の駅スタンプラリー

 北の道の駅スタンプラリーが4月20日から始まりましたね。今年で21回目になるそうです。

 毎年多くの方々が参加されているようで、休日の道の駅のスタンプ前には、数人並んでいるなんてことは良くあります。参加者は老若男女問わずいるようで、内地ナンバーの車も良く見かけますね。中には数年前のスタンプブックを持ちながら、「このスタンプブックを一生かかってでも全部押すんだ!」と意気込んでおられる内地ナンバーのご年配の方にお目にかかったこともあります。

 関東地方でも『関東道の駅スタンプブック』という本があり私も持っていますが、こちらではスタンプラリーを楽しんでいる人はほとんど見かけることはありませんし、多くの道の駅でスタンプがどこにあるか、スタンプブックの何ページ目に当道の駅のページがあるかといった情報を提供していませんし...(^-^;)

 一方、北海道内の道の駅の多くでは、スタンプがある場所を分かりやすく掲示してたり、何ページ目に当道の駅のページがあるかといった情報を、今年のスタンプブックだけでなく昨年版も掲示している道の駅も多くあります。

 また、「空知」や「羊蹄山麓」といった地域限定のスタンプラリーも盛んに行われていますね。

 こういった日頃の努力と、北海道という広大な大地を綺麗な風景を見ながら空いている道路を快適にドライブできる点、道の駅ごとに地場の農水産物や特産品などが楽しめる点が、『北の道の駅スタンプラリー』という文化を年々成長させているのだと思います。

 そのような『北の道の駅スタンプラリー』に私も魅せられ、私事で恐縮ですが2009年に初めて参加して以来、2009年~2011年まで3年連続で完全制覇を達成しました。 
(昨年は時間と予算の都合上、54駅にとどまりました)

 そこで今回は、2009年に初めて完全制覇した際の日程表をご紹介するとともに、私なりに考える完全制覇のポイントを述べたいと思います(合わせて、アプリの紹介も少しさせて頂きます)。

 以下が2009年の完全制覇日程表です。この年は全107駅ありましたが「オスコイ!かもえない」が休館中であったため、全106駅が対象です。   
日付 曜日 道の駅/観光/宿泊地
7/7 函館
しりうち
横綱の里ふくしま
北前船 松前
上ノ国もんじゅ
江差
あっさぶ
ルート229元和台
てっくいランド大成
みなとま~れ寿都
シェルプラザ・港
いわない
神威岬
スペース・アップルよいち
小樽
7/8
よってけ!島枚
くろまつない
らんこし・ふるさとの丘
ニセコビュープラザ
名水の郷きょうごく
真狩フラワーセンター
230ルスツ
望羊中山
フォーレスト276大滝
そうべつ情報館i(アイ)
とうや湖
とようら
あぷた
だて歴史の杜
みたら室蘭
苫小牧
7/9
サーモンパーク千歳
花ロードえにわ
マオイの丘公園
三笠
ハウスヤルビ奈井江
つるぬま
うたしないチロルの湯
スタープラザ芦別
たきかわ
田園の里うりゅう
サンフラワー北竜
鐘のなるまち・ちゃぷべつ
ライスランドふかがわ
あさひかわ
ひがしかわ「道草館」
旭川
7/10
とうま
しらたき
まるせっぷ
絵本の里けんぶち
もち米の里☆なよろ
びふか
森と湖の里ほろかない
びえい「丘のくら」
美瑛
旭川
7/11
おびら鰊番屋
風Wとままえ
ホット♡はぼろ
☆ロマン街道しょさんべつ
富士見
おといねっぷ
ピンネシリ
なかがわ
てしお
稚内
7/12
さるふつ公園
マリーンアイランド岡島
おうむ
おこっぺ
にしおこっぺ花夢
香りの里たきのうえ
オホーツク紋別
かみゆうべつ温泉チューリップの湯
愛ランド湧別
サロマ湖
ぐるっとパノラマ美幌峠
北見
7/13
おんねゆ温泉
オーロラタウン93りくべつ
あいおい
メルヘンの丘めまんべつ
流氷街道網走
小清水原生花園
はなやか(葉菜野花)小清水
摩周温泉
しゃり
斜里
7/14
パパスランドさっつる
うとろ・シリエトク
知床
知床・らうす
スワン44ねむろ
霧多布
厚岸グルメパーク
釧路
7/15
阿寒丹頂の里
しらぬか恋問
ステラ★ほんべつ
あしょろ銀河ホール21
足寄湖
しほろ温泉
ピア21しほろ
うりまく
しかおい
自然体感しむかっぷ
樹海ロード日高
おとふけ
帯広
7/16
南ふらの
なかさつない
さらべつ
忠類
コスモール大樹
みついし
サラブレッドロード新冠
新冠
7/17
むかわ四季の館
YOU・遊・もり
つど~る・プラザ・さわら
なとわ・えさん
函館

 この年は初体験でしたので、「この日はこことここの道の駅を回ってここに泊まろう」というような日付単位での大雑把な計画を立てて出発し、青森まで自走し、フェリーで函館にわたり、函館を起点として11日間の日程で何とか完全制覇を達成しましたが、思い返せばかなり無謀なスケジュールでした。

 その間、ほとんど観光することもできず、ただひたすら道の駅をめぐり、総走行距離は道内だけで5000km弱、これを11日間ですから1日平均400km以上を走り続けたことになります。

 また日程表を良く見ると、7/7に『よってけ!島枚』によらず翌日に小樽から直行していますが、これは完全に事前の調査不足で、休館日である火曜日に立ち寄ってしまったためスタンプを押すことができず、翌日急遽小樽から逆戻りする羽目になったからです。

 結局、完全制覇できたという達成感はあったものの、時間に追われてひたすら道の駅を回るだけで、観光もほとんどできないという、何とも味気ない旅になってしまったので、計画の重要性を改めて認識しました。
 行き当たりばったりでは、完全制覇の達成感はあったものの、苦労と虚しさがの方が大きかったです。

 そこで完全制覇するためのポイントですが、特に私のように内地からの参戦で、年度内にリトライが困難な方は、以下がとても重要なポイントと考えています。
(道内在住の方で年度内に何度もリトライ可能な人は必ずしもこの限りでない項目もあります)
  1. 事前に日単位だけでなく、時間単位・分単位で綿密な計画を立てること
  2. 休館日・開館時間には注意すること(休館日や開館時間外でもトイレ等でスタンプが押せる道の駅もあるので、詳細を必ずチェックすること)
  3. 翌日に疲れを残さない宿泊方法を行うこと
  4. 定期的にコインランドリーのある宿泊場所を選定すること
  5. 車のチェック/メンテナンスを事前に行っておくこと(タイヤの溝、空気圧、エンジンオイルなど)
  6. 無理な追い越しはせず、法定速度に応じて常に一定の速度で走り続けること(安全かつ高燃費を実現する秘訣)
  7. ネズミ捕りには注意すること(特に市街地に入り法定速度が変更された直後、小中学校のそば等)
  8. エゾシカの突然の飛び出しには注意すること
 この中で最も重要と思うのが1の『時間単位・分単位での綿密な計画』。2010年以降、これを実践してからは予定通りに余裕を持って道の駅スタンプラリーを楽しむことができるようになりました。

 参考までに、2010年のスケジュール表の一部を紹介します。
2010北の道の駅スタンプラリー

 ではどうやってこのような綿密な計画を立てれば良いでしょうか?

 2010年の計画を立てた時は、道の駅間の所要時間は前年実績を参考にするこを基本にしましたが、2009年の函館起点ではなく、苫小牧を起点にしようと計画していましたので、別ルートとなる箇所も多々ありました。そのため、MapFanやGoogle Mapを利用して、道の駅間のルートと距離を算出し、そのルートから想定される平均速度を設定し、所要時間を算出するという地道な作業を100箇所以上にもおよぶ道の駅間で行うという、大変労力のかかる作業となってしまいました(2011年も同様の方法で計画しました)。

 北の道ナビというサイトでも距離と時間の検索ができますが、空知・石狩などの交通量・信号の多いエリアでは実際の経験値より速め、その他のエリアでは実際の経験値より遅めにでることが多く、高速道路・高規格道路・国道・一部の道道しかルートの対象としていないので、個人的にはほとんど利用しておりません。

 このスタンプラリーの計画を立てる作業をもっと効率的にできないかと思い、2012年に入って3年分の完全制覇のデータを活用してアプリ開発することにしました。それが以下のiOSアプリです。


 このアプリの最大の特長は、下図のように周辺の道の駅へのルート・所要時間を掲載している点です。

data_33adata_33_73


 これにより、スタンプラリーの計画作成時に地図ソフトで距離を算出してルートの平均速度を想定しながら所要時間を算出するなどという手間のかかる作業が不要になります。
 
 所要時間については、基本的には過去の実績の平均値を用いていますが、詳細は次の通りです。
 石狩、空知などの比較的交通量、信号の多いルートについては、過去の実績の平均値をそのまま使用しています。それ以外の交通量、信号の少ない地域については、過去の実績の平均値にそのルートの法定速度をある程度考慮した上で掲載しています。よって、このアプリに掲載されている所要時間通りに計画したとしても、多くのドライバーにとって少しゆとりのあるスケジュールになると言えるかもしれません。
(道の駅間の所要時間については、休憩時間は一切考慮しておりません。)


 来週末に、エゾヤマザクラが満開?(だったらいいなぁ~)の美瑛にお邪魔する予定ですが、その時に今年のスタンプブックを購入してこようと思っています。今年はいくつ回れるかな?(^-^;)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
プロフィール

丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。


QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード



北海道旅行 ブログランキングへ