丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。

道南

道南をめぐる旅~2014年晩秋編~ 2日目(最終日)

 2日目(最終日)の朝。

 窓越しなので、写真では分かりずらいですが、外は少し吹雪いていました。
IMG_6844

 今日は、国道228号(日本海追分ソーランライン)で函館~松前~上ノ国~江差とまわり、国道227号で函館に戻ってくる旅路を予定。
 
 天気予報は曇り時々雪。

 海岸沿いの平地は、強風をさえ気を付ければたぶん問題ないでしょうが、難所となりそうなのが、国道228号の福島峠と国道227号の渡島中山峠あたりでしょうか。

 朝風呂を浴びた後、出発前に「北の番屋」で腹ごしらえ。

 2年半前は確か6時45分開始だったと記憶しているのですが、6時20分開始とかなり早くなっていました。

 6時25分頃に行ったら、少し行列ができていましたが、何とか函館山側の窓際の席を確保することができました。

 待望の朝食バイキングで大好物のイクラ丼
IMG_6847

 朝食後、ホテルをチェックアウトし、雪がシンシンと降る中スタート。

 七重浜にある台風海難者慰霊碑(洞爺丸慰霊碑)
PB150243

 父の両親、すなわち私の祖父母は、父が高校1年生だった1954年9月26日、青函連絡船洞爺丸に乗船中に海難事故の犠牲になりました。
 死者・行方不明者合わせて1,155名(洞爺丸のみ。他に海難事故があった5隻を合計すると1,430名)という、日本海難史上最大の惨事であった洞爺丸事故から今年で60年、この慰霊碑の存在を最近知った私は、是非ここで手を合わせたいと思い、今回の旅路の最大の目的にしました。

 トラピスト修道院
PB150247

 その後、松前方面に向けて車を走らせましたが、懸念していた福島峠は、一部の橋がアイスバーン状態であったのを除けば問題なし。

 北海道最南端の白神岬
PB150254

 福山城(松前城)
PB150266

 今度は桜が満開の時期に是非来てみたいですね。

 その後、上ノ国に向けて北上。

 松前~上ノ国間の約50km区間は、交通量がとても少なく、道路も綺麗で適度なアップダウンがあり、晴れていれば最高のドライブルートなのですが、今日は強風で時々吹雪くという生憎の空模様。

 道の駅「上ノ国もんじゅ」の入口にある風の門
IMG_6857

 昼食は、ここで「てっくい天丼」を戴きました。
IMG_6859

 てっくいとは、ひらめのことだそうです。

 上ノ国は北海道発祥の地と言われ、国道沿い看板が立ってますよ。
PB150268
 
 さらに北上し、江差へ。

 開陽丸
PB150275

 そして、いにしえ街道へ。

 横山家
PB150282

 旧中村家住宅
PB150288

 いにしえ街道散策の後は、函館への帰路に着きます。

 途中の渡島中山峠は、かなりの積雪で緊張を強いられましたが、無事函館の到着。

 旅路の終わりに、金森赤レンガ倉庫で買物をした後、空港に向かいました。

 最後に、函館のお土産といえば、やはりこれですね!
IMG_6874
 
 ふんわりトロトロのチーズオムレット

 金森赤レンガ倉庫や函館空港以外でも、札幌や新千歳空港、そして有楽町でも買えるようですよ!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

道南をめぐる旅~2014年晩秋編~ 初日

 晩秋の道南の旅は、函館を中心に1泊2日と少し短めの旅。

 北海道には大寒波が来ており、名寄や朱鞠内では30cm以上の積雪とのことでしたので、お天気が心配。

 着陸体勢に入った飛行機の中より、雲間から津軽海峡に射しこむ光芒が見えたので、少しは期待が持てるかも。
IMG_6780

 函館空港に到着後、レンタカーで街中に出ると、夜中に2cm程度の積雪があったようですが、道路は全く問題なし。

 そこで街中散策の前に、大沼公園に行ってみることに。

 しかし大沼公園は一面雪で、駒ケ岳の姿も全く見えず。
PB140004

 函館本線もこんな感じ。
IMG_6783

 そそくさと函館市街地に戻り、函館美術館の駐車場に車を止めて五稜郭タワーへ。
PB140014
PB140018

 五稜郭に雪が残っていれば風情があったかもと思いつつ、昼食は味彩の塩ラーメン。
IMG_6790

 五稜郭に来たら、是非お勧めするのは、ここ北洋資料館
PB140046

 館内には、ホッキョクグマやトド、セイウチ、オットセイ、ラッコなどの剥製のほか、北洋漁業の歴史が学べる様々な展示物やビデオがあり、北洋航海体験室では、漁船で約3分間、北洋の波に揺られる体験もできます。

IMG_6800
PB140063
PB140064

 また入場料100円で函館美術館の駐車場が2時間無料となるので、駐車料金もお得ですよ!

 この後、トラピスチヌ修道院へ。
PB140075

 そして、がごめ昆布を買いに、さらに東へ。
PB140095

 がごめ昆布は、主に恵山~南茅部周辺でしか取れない、とても貴重な昆布で、他の昆布に比べ、とても強い粘りが何よりもの特徴です。また、血液をサラサラにし、生活習慣病(成人病)の多くの症状改善に効果があるフコダインを非常に多く含む健康食品でもあります。
IMG_6822

 道の駅なとわ・えさんより、函館市街地に戻り、ベイエリアでちょっと散策。
PB140115

 こんなのもありますよ!
PB140110

 今回の宿泊先は、この写真の右側に見えるホテル。
PB140112

 車ごと北海道に上陸する際は、ほとんど函館を経由するので、このホテルも2008年のオープン以来、かれこれ10回以上は宿泊していますが、ここの名物な何と言っても、屋上の展望露天風呂と朝食バイキング。

 特に露天樽風呂は、ぬるめの温度のため、函館の夜景や函館山の絶景を見ながら、ずっと朝まで浸かっていたい気分になります。

 また、朝食バイキングは、数年前にトリップアドバイザーの「朝食の美味しいホテル日本一」に2年連続で輝いたことで全国的に有名になり、以降、大人気ホテルとして、国内のみならず、アジアからの観光客も多く訪れるようになりました。

 15時過ぎにホテルにチェックイン。そしてすぐに函館山展望台へ。
 
 ここで良い写真を撮るためには、何よりも場所の確保が重要。

 暗くなってからでは黒山の人だかりになってしまいますので、日の入り前の明るい時間に行き、寒さを耐え忍びながら待つこと30分強。

 薄暮から暗くなるまでの夜景の移り変わりを撮ってみました。

PB140177
PB140197
PB140229

 今回は一脚しか持ってきませんでしたが、F値やISO感度を工夫し、風の合間を狙うことで、何とか手ブレを感じることなく撮ることができました。

 暗くなってからの夜景ももちろん綺麗ですが、個人的には薄暮の時間帯の夜景(3つのうち一番上の写真)がとても好きです。

 夕食は、明日の朝食に備えて軽めに済まそうと思い、久しぶりにラッキーピエロ本店へ。
IMG_6829

 注文する際、ラッピのボリューム感をうっかり忘れていたため、チャイニーズチキンバーガーとトンカツバーガーの2つも頼んでしまい、満腹になりすぎてちょっと後悔(^-^;)

 明日の朝までに、スッキリ消化されていますように!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      
北海道、特に美瑛が大好きなシステムエンジニアで、iPhone/iPad用アプリを開発しています。 趣味は、旅行、車、ドライブ、風景写真撮影で、ドラマ「北の国から」の大ファンです。北海道観光マスター。

QRコード
QRコード



北海道旅行 ブログランキングへ