丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。

道北

利尻山十六景スタンプラリー

 今回のブログは、先日行ったきた利尻島でのスタンプラリーについて記載します。

 正式名称は「利尻山十六景スタンプラリー

 利尻山の絶景を眺望できる16ヶ所のビューポイントを回ってスタンプを押してくるというものです。

 スタンプラリーの台紙は、利尻島の地図と各スポットの場所と写真が記載された丸い用紙で、おしどまり海の駅にある観光案内所(利尻富士町鴛泊)や、利尻 島の駅(利尻町沓形)で、200円で販売しています。
IMG_1869

 チャレンジ方法は、台紙に記載された16ヶ所の利尻山ビューポイントを回ってスタンプを押してくるというもので、時計回りに回ろうが、反時計回りに回ろうが、スタンプを押す順番は任意です。

 スタンプはこのような木でできたスタンプ台の中にありますので、ビューポイントに到着したら、まずはスタンプ台を探してみて下さい。
P6120708@
P6120785@

 ただ、スタンプラリーの知名度は、地元でも???で、おしどまり海の駅の対面にある食堂で昼食をとった際も、店員さんはスタンプラリーの台紙を見て「こんなの初めて見た」と驚いていました。

 それでは、利尻山十六景の絶景をどうぞ!

【一景】沓形岬公園
P6120587@
 ここのスタンプ台は、駐車場とは反対側のフェリーターミナル側の周回路沿いにあります。

【二景】利尻町総合体育館「夢交流館」付近
P6120602@
 ここのスタンプ台は、道道108号沿いにあります。

【三景】長浜大空沢付近
P6120613@
 ここのスタンプ台は、道道108号沿いにあります。

【四景】町立博物館付近
P6120623@
 ここのスタンプ台は、道道108号沿いにあります。

【五景】御崎公園
P6120636@

【六景】南浜湿原
P6090067@
 ここのスタンプ台は、道道108号沿いにあります。

【七景】オタトマリ沼
P6120685@

【八景】沼浦展望台
P6120695@

【九景】石崎灯台付近
P6120712@
 ここのスタンプ台は、道道108号沿いにあります。

【十景】大空沢橋付近
P6120717@
 ここのスタンプ台は、道道108号沿いにあります。

【十一景】野塚展望台・野塚岬駐車場
P6090094@
 ここのスタンプ台は、駐車場の中にあります。

【十二景】姫沼
P6120744@
 ここのスタンプ台は休憩舎の中にあり、十六景の中で唯一室内にあります。

【十三景】ペシ岬・合津藩士碑付近
P6120793@

【十四景】富士野園地
P6120775@
 ここのスタンプ台は、駐車場の中にあります。

【十五景】大磯駐輪場
P6120758@
 ここのスタンプ台は、駐車場内の道道108号沿いにあります。

【十六景】会津藩士の墓
P6120556@
 ここのスタンプ台は、道道108号沿いにあります。

 こちらが全16ヶ所完全制覇したスタンプラリー台紙です。
IMG_2051@

 完全制覇した台紙を観光案内所に持っていくと、記念品がもらえます。
 私は、絵葉書と押し花のしおりを頂きました。
IMG_2056

 利尻島一周は約55km。車で一周するだけなら1時間ちょっとで回って来れますが、スタンプ台を探してスタンプを押したり、写真を撮ったりして回っても、3~4時間あれば十分に完全制覇可能です。

 利尻島にマイカーで行ったり、レンタカーを借りられる方は、利尻富士の絶景を楽しみながら是非チャレンジしてみて下さい。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
            

利尻・礼文をめぐる旅~2017初夏編~ 最終日

 最終日の利尻は晴れの予報。

 しかし、鴛泊付近は雲が多く、利尻富士は雲の中。

 西の方に青空が広がっていたので、まずは沓形方面を目指すことに。

 利尻富士町から利尻町に入ると、利尻山が綺麗に見え始めました。

 利尻山見返台園地より望む利尻富士
P6120576@

 沓形岬公園より望む利尻富士
P6120587@

 沓形岬公園より望む礼文島
P6120591@

 仙法志御崎公園より望む利尻富士
P6120636@

 オタトマリ沼より望む利尻富士
P6120678@
P6120685@

 白い恋人の丘(沼浦展望台)より望む利尻富士
P6120695@
P6120700@

 野塚展望台より望む利尻富士
P6120724@

 野塚展望台より望むペシ岬と礼文島
P6120730@

 姫沼と逆さ利尻富士
P6120743@

 富士野園地より望む利尻富士
P6120779@

 富士野園地より望む礼文島
P6120761@

 ペシ岬展望台より望む利尻富士
P6120785@

 これで、利尻山十六景スタンプラリーの完全制覇達成です!
 写真左下に見えるのがスタンプ台で、この中にスタンプが入っています。

 ペシ岬とカモメ
P6120794@

 ポロフンベ(大磯)より望む礼文島
P6120806@

 ここは、映画「北のカナリアたち」の冒頭に撮影されたロケ地だそうです。

 そして最後は、利尻空港展望デッキから望む利尻富士
P6120820@

 後日、利尻山十六景スタンプラリーの全スポットの写真をブログにアップします!
IMG_2051@


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
            

利尻・礼文をめぐる旅~2017初夏編~ 3日目

 3日目の天気予報は曇。
 ところによっては、一時雨が降るかもしれないとのことです。

 朝起きてみると、雨は上がっていましたが、曇天の空。

 宿泊先をチェックアウトし、桃岩展望台まで行ってみました。
P6110257@
P6110261@

 ガスっていて、視界は数十メートル(^-^;)

 おまけにもの凄い強風で、立っているのもやっとです。

 晴れていればツバメ山まで行こうと思っていましたが、桃岩すら全く見えないので、あきらめて降りることに。

 雨雲レーダーを見ると、午前中は島の南方面に雨雲が来そうな感じだったので、島の北へ。

 礼文きっての絶景スポット、澄海(スカイ)岬
P6110292@
P6110298@

 次回は青空のもとで、この絶景を見てみたいです。

 澄海岬の少し北にある鉄府(テフネフ)漁港
P6110309@

 多くのウニ漁船が停泊していました。

 今年は、6月に入ってから悪天候続きでウニ漁船が漁に出れないため、バフンウニが収穫できていないそうです。

 レブンアツモリソウ群生地
P6110326@
P6110361@
P6110386@

 トド島展望台
P6110393@

 スコトン岬
P6110397@

 運よく観光バスが1台もいなかったので、無人のスコトン岬を撮影できました。

 ここに民宿があるんですね!
P6110398@

 久種湖とカモメ
P6110418@

 高山植物園
P6110452@

 レブンソウが綺麗に咲いていました。

 昼食は、金田ノ岬「あとい食堂」さんでウニ丼
IMG_2032@
IMG_2033@

 前述の通り、バフンウニの収穫はまだなのでムラサキウニですが、こんな美味しいウニを食べたのは初めてです。

 タッパーに入った海苔を巻いて食べると、もう絶品。

 これがさらに濃厚な味のバフンウニだったら...もう想像を絶します(笑)

 昼食後は島の南方面へ。

 桃台猫台より望む桃岩と猫岩
P6110491@
P6110475@

 元地海岸より望む地蔵岩
P6110515@

 礼文の最後は、北のカナリアパーク
P6110517@
P6110526@

 結局、礼文からの利尻富士は見ることができなかったので、次回に持ち越しですね(^-^;)

 フェリーで利尻に戻り、ホテルにチェックイン。

 お風呂あがりに部屋の窓から外を見ると、礼文島方面に天使の梯子が。
P6110539@

 最終日の明日は晴れの予報なので楽しみです。

 そして今宵の夕食
IMG_2040@
IMG_2041@
IMG_2042@

 鮭のちゃんちゃん焼とウニご飯、メッチャ美味しかったです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
           

利尻・礼文をめぐる旅~2017初夏編~ 2日目

 2日目の天気予報は雨

 昨夜遅くから降り始めた雨は、夜が明けると次第に強くなっていったので、朝はゆっくりとホテルで過ごしました。

 今日は雨が小降りになった時しか撮影が出来そうもなかったので、利尻山十六景スタンプラリーの続きを実施。

 少し小降りになってきたので、車の外に出て撮影。

 南浜湿原
P6100165@

 オタトマリ沼
P6100183@

 10時を過ぎると、また雨が強くなってきました。

 その後、姫沼でスタンプを押していると、「本日の新千歳空港~利尻空港の便は欠航」とのアナウンスが。

 鴛泊フェリーターミナルに行ってみると、問題なく運航するとのことでした。
IMG_1880@

 そして礼文島へ。

 礼文島に着くと、ほぼ雨が上がっていました。

 北のカナリアパーク
P6100195@
P6100196@

 ここは、2012年に公開された映画『北のカナリアたち』の舞台となったロケ地がその校舎とともに一般公開されています。

 すると、薄っすらと利尻島が見えてきました。
P6100209@

 その後、桃岩展望台に行こうとしたら、また雨が降ってきたので、船泊方面へドライブ。

 すると、雨が小降りになってきました。

 久種湖
P6100229@

 スコトン岬
P6100237@

 今は全く使われていない礼文空港
P6100244@

 その後、雨がかなり強く降り出してきたので、宿泊先へ。

 明日は礼文島をひと回りし、夕方に利尻島に戻る予定。

 何とか天気が回復して欲しいです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

利尻・礼文をめぐる旅~2017初夏編~ 初日

 今回は初めての利尻・礼文。

 新千歳空港を経由して、空路で利尻島へ。

 機内より望む利尻富士
IMG_1855@


 利尻空港に着陸すると、機長より「飛行機を下りたら、地上係員がすぐにターミナルに入るように言われますが、そんなこと無視して、ごゆっくり飛行機越しの利尻富士をお楽しみ下さい。」という粋なアナウンス。

 なので、一眼レフを取り出して撮影
P6090005@

 他の乗客もこんな感じ
P6090007@

 その後、レンタカーを借りて島めぐり

 姫沼より望む利尻富士
P6090011@

 姫沼展望台より望むペシ岬越しの礼文島
P6090028@

 オタトマリ沼より望む利尻富士
P6090049@
P6090060@

 白い恋人の丘(沼浦展望台)より望む利尻富士
P6090086@
P6090068@

 ここは、かの有名な「白い恋人」のパッケージに使用されているカメラアングルで、オタトマリ沼よりも標高が高く、利尻山の違った姿を眺めることができます。

 南浜湿原より望む利尻富士
P6090067@

 野塚展望台より
P6090090@
P6090094@

 「利尻山十六景スタンプラリー」のシートを買うのをすっかり忘れていたため、おしどまり海の駅でゲット
IMG_1869

 夕日ヶ丘展望台より望むポンモシリ島
P6090099@

 富士野園地より望む利尻富士
P6090110@

 山頂付近が雲で覆われ始めてしまいました。

 大磯駐車公園に着いたら、利尻山は雲の中にスッポリ(^-^;)
P6090114@

 仙法志御崎公園に着いた頃には、空一面が雲に覆われてしまいました。
P6090131@

 沓形岬公園より
P6090161@

 そして宿泊先にチェックイン

 今日のスタンプラリーの成果はコチラ
IMG_1870@

 姫沼、野塚岬駐車場、沼浦展望台、オタトマリ沼、南浜湿原はスタンプシートを購入する前に廻ってしまったので、明日以降に持ち越し(^-^;)

 薄っすらと見える夕陽を見ながらの夕食
IMG_1871@
IMG_1872@
IMG_1875@

 明日は一日中雨の予報なので、朝はホテルでゆっくり過ごそうと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
           

道北の旅~2015夏編~ 3日目

 3日目は晴れの予報。

 今日は、名寄~幌加内~秩父別~芦別~富良野とまわり、ラベンダーめぐりと美瑛の丘を目指す予定。

 朝食を早めに済ませ、名寄を出発。

 母子里クリスタルパーク
P7120306

 ここは、昭和53年2月17日、幌加内町の母子里地区で、日本最寒気温となるマイナス41.2度を記録したことを記念して作られた施設です。

 朱鞠内湖
P7120325

 その後、秩父別まで南下。

 ローズガーデンちっぷべつ
P7120327

 バラが満開でした!
P7120331

 さらに南下し、芦別市へ。

 新城峠
P7120341

 カナディアンワールド公園
P7120352
P7120355

 ここは、19世紀のカナダの風景・小説「赤毛のアン」の建物等を忠実に再現した公園です。

 そして富良野市に入り、ラベンダーめぐりを開始。

 ハイランドふらの
P7120362

 北の峰地区ラベンダー園
P7120374

 彩香の里
P7120386

 濃紫早咲の花
P7120388

 ファーム富田
P7120409

 彩りの畑
P7120401

 ラベンダーイースト
P7120428
P7120430

 フラワーランドかみふらの
P7120439

 そして、美瑛に到着!
P7120444

 晴れてますが、夏空特有の空で、十勝岳は霞んでしか見えません(^-^;)
P7120460

 ジャガイモの花
P7120467

 男爵でしょうか?

 メルヘンの丘と十勝岳連峰
P7120479

 緑の小屋と木のある風景
P7120485

 ジャガイモ畑と十勝岳連峰
P7120486

 赤麦の丘
P7120524

 ジャガイモ畑とともに
P7120518

 セブンスターの木と白樺並木の遠望
P7120557

 「ゆめちから」の小麦畑
P7120561

 ぜるぶの丘
P7120571

 夕方、日暈がでました!
P7120585

 クリスマスツリーの木と日暈
P7120640

 最後は、小麦畑と日暈
P7120648

 
↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

道北の旅~2015夏編~ 2日目

 2日目、稚内の朝は曇り。

 今朝の道内の天気予報では、宗谷地方のみ曇マークが付いていました(^-^;)

 稚内港北防波堤ドーム
P7110202

 稚内駅
P7110209

 稚内市街地を離れ、オロロンラインへ。

 晴れていたら、この上なく気持ち良いでしょうが、残念ながら曇り空。

 こうほねの家
P7110210

 さらに南下し、豊富町へ。

 サロベツ原生花園
P7110228

 所々でカキツバタが咲いていました。
P7110232

 宮の台展望台
P7110237

 大規模草地牧場
P7110239

 ここは、NHKドラマ「坂の上の雲」のロケ地にもなりました。

 さらに南下して、幌延町へ。

 パンケ沼
P7110250

 幌延ビジターセンターより遊歩道を歩き、長沼へ
P7110267

 さらに南下して、音威子府村に入ると、青空が見えてきました。

 北海道命名之地
P7110274

 幕末の探検家、松浦武四郎がこの地でアイヌのアエトモ長老から聞いた話から「北加伊道」を発案し、後に「北海道」が誕生するきっかけとなった、北海道命名ゆかりの地です。

 そして、音威子府駅へ
IMG_8539

 常盤軒さんで音威子府そばを戴きました。
IMG_8541

 さらに南下し、美深町へ。

 びふかアイランド
P7110282

 道中、函岳方面の空を見ると、綺麗な青空が広がっていたので、向かうことに。

 美深歌登大規模林道~町道加須美峠函岳線の約27kmにもおよぶダート道を通り、函岳へ。
P7110286

 山頂からの景観は絶景です!
P7110291
P7110293
P7110295

 そして名寄市へ。

 智恵文沼
P7110297

 そして今日の最後は、ふうれん望湖台自然公園
P7110300

 函岳への往復54km、約2時間にも渡って、慣れないダート道(林道)を走ったので、今日はかなり疲れました(^-^;)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

道北の旅~2015夏編~ 初日

 夏の道北の旅。

 朝一の便で旭川空港に着くと、快晴で十勝岳連峰がクッキリ。

 こんな日こそ、美瑛の丘めぐりをと後ろ髪を引かれつつも、今日の宿泊地は稚内(^-^;)

 泣く泣く、北に向かいました(笑)

 まずは士別市の「羊と雲の丘」
P7100002

 ところが、「羊飼いの家」周辺は工事中のようで、放牧されている羊は一頭もいませんでした(T_T)
P7100007

 次は、レジェンド葛西選手の出身地、下川町の桜ヶ丘公園
P7100014

 ここには約2kmに渡って、北海道版ミニ「万里の長城」があります!
P7100013

 次は、興部町のシンボル「モーモー城と風車」
P7100030

 このお城のような建物は、「オホーツク農業科学研究センター」です。
P7100036

 次は、雄武町日の出岬にある「展望台ラ・ルーナ」
P7100040

 ガラス張りの展望台からは、オホーツク海を一望できます!
P7100043

 次は、枝幸町にある「三笠山展望閣」
P7100050

 展望閣にはカフェがあり、枝幸町の街並みと雄大なオホーツク海が一望できます。
P7100046

 次は、浜頓別町に入り、クッチャロ湖へ
P7100053

 白鳥は見かけませんでしたが、この鳥は何でしょうか?
P7100062

 次は、ベニヤ原生花園へ
P7100081

 展望台からはオホーツク海も一望できます。
P7100085

 次は、猿払村に入り、エサヌカ直線道路
P7100100
P7100101

 ここは、よつ葉乳業「まっすぐローリー」のCMロケ地で、ベニヤ原生花園の近くには、よつ葉乳業の工場があります。

 次は、モケウニ沼
P7100105

 そして、猿払の道の駅に行き、いさりの碑
P7100118

 インディギルカ号遭難者慰霊碑
P7100122

 そして、日本最北端の地、宗谷岬へ。
P7100134
P7100126

 宗谷岬の人気に比べ、坂を上ったところにある宗谷岬公園はいつも通りひっそり。
P7100136
P7100141
P7100142

 宗谷丘陵の周氷河地形
P7100157
P7100159

 そして、今回の目玉のひとつ『白い道』
P7100170
P7100173
P7100182

 この道には、約3㎞の道にホタテの貝殻が敷き詰められています。

 そして今日の最後は、ノシャップ岬
P7100195
P7100190
P7100199

 今日は最高の青空に恵まれ、気持ち良いドライブ日和でした!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         
北海道、特に美瑛が大好きなシステムエンジニアで、iPhone/iPad用アプリを開発しています。 趣味は、旅行、車、ドライブ、風景写真撮影で、ドラマ「北の国から」の大ファンです。北海道観光マスター。

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード



北海道旅行 ブログランキングへ