丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。
※当ブログに掲載している写真や記事の無断引用は、固くお断りしております。

★★ Category ★★

北の大地をめぐる旅~2018夏編~ 大洗~苫小牧~洞爺湖

 夏の北海道の旅

 仕事がちょうど一段落したので、今回はマイカーでの長旅。

 8年ぶりに商船三井の「さんふらわ」で大洗から苫小牧を目指します。
P7040004@

 昨年に新造船「さんふらわ ふらの」「さんふらわ さっぽろ」(両船とも夕方便)が就航したようで、船内はとても綺麗。
IMG_4030@

 スイートやプレミアムには専用バルコニーが付いています。
IMG_4032@

 台風7号が温帯低気圧に変わりましたが、5日未明~午前中にかけて北海道を直撃する可能性大。

 船の揺れがとても心配です。

 定刻10分前に出航し、太平洋の海原へ。

 翌朝早朝、目が覚めると三陸・宮古市沖を航海中。
P7050022@
P7050025@

 快適な船旅はここで終了し、その後は強い雨や波風にさらされ、目眩を感じるほどの強い揺れが長時間続きました。
IMG_4035@

 苫小牧港に近づくと、ようやく揺れはおさまり、無事着岸。
IMG_4036@

 北の大地に上陸後も、雨が降り続いていたため、今日は撮影はあきらめて、道の駅スタンプラリーを行いながら、今宵の宿泊地である洞爺湖温泉を目指すことに。

 道の駅「みたら室蘭」から望む白鳥大橋も霞んで良く見えません。
IMG_4039@

 その後、道の駅「だて歴史の杜」「あぷた」「とようら」を経由して、洞爺湖温泉へ。

 夕食後は、洞爺湖ロングラン花火大会。
P7050067
P7050073
P7050074

 花火もBULB撮影も初挑戦でしたが、洞爺湖ロングランは花火の打ち上げ場所が船で移動するので、構図決めが難しいですね(^-^;)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

美瑛の丘をめぐる旅~2018初夏編~ 最終日

 昨夜は深夜までセネガル戦を見ており、天気予報も良くなかったので、朝活は止めてゆっくり起床。

 8時半頃に宿をチェックアウトして丘へ。

 今回の旅の目的の一つがジャガイモの花であったため、咲いている場所を回ります。
P6250954@
P6250962@
P6251038@

 ジャガイモやルピナス、マーガレット以外にも、この時期の丘には色々な花が咲いています。
P6250998@
P6250973@

 昼食は、道の駅びえい「丘のくら」香麦食堂さんで、びえい豚テキディッシュ
IMG_4010@

 天気予報では午後から晴れマークが出ていましたが、一向に晴れる気配がありません。

 そんな時は白金へ。

 青い池
P6251015@

 ちょうど無風の時に着いたため、わずか2分で撮影終了(笑)

 とても綺麗な美瑛ブルーでした。

 白ひげの滝
P6251025@

 ブルーリバー(美瑛川)
P6251031@

 丘に戻り、高台から見渡すと、前富良野岳方面の空が開いていたので、ベベルイ・麓郷方面に行ってみることに。

 ベベルイ本幸のポプラ並木
P6251054@

 薄っすらと陽射しが射し込んできました。

 北布礼別に入ると、綺麗な青空が広がっていました。
P6251061@

 開拓の木
P6251066@

 ドラマ「北の国から」の「2002遺言」で、五郎さんが遺言しながら歩いた雪原の中の一本木です。

 夕方、丘に戻ると、青空は見えないものの西の空が少し明るくなっていました。

 焼ける気配に後ろ髪を引かれながら、空港に向かいました。
P6251103@


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

美瑛の丘をめぐる旅~2018初夏編~ 3日日

 昨晩、宿のオーナーさんや役員さん、スタッフさん達と夜中まで飲んでいたため、目覚めたら何と8時40分(^-^;)

 曇一時雨の予報を覆して晴れているではありませんか。

 おまけにかなりの二日酔いです(^-^;)

 午前中は予定通り、美瑛周辺の道の駅として、ひがしかわ「道草館」 ⇒ とうま ⇒ あさひかわ の順にめぐります。

 その前に、6月11日より5年ぶりに遊歩道が再開となった天人峡へ。

 羽衣の滝
P6240709@

 落差270mの北海道最大の滝です(日本では称名滝に次ぐ第二位)。

 ひがしかわ「道草館」 を経由し、道の駅「とうま」へ。
IMG_4001@

 まだ6月なのに、でんすけスイカがもう売り出されていました。
 
 道の駅「あさひかわ」に行く前に、二日酔いには生姜が良いので、久しぶりにみづのさんの「生姜ラーメン」を食べに行くことに。

 常盤公共駐車場に車を置き、歩いて店の前まで行くと、何とお休み(^-^;)

 しかたなく、常盤公園を少し散策
P6240728@

 そして道の駅「あさひかわ」へ

 フードコートには梅光軒、よし乃などの旭川の有名店が入っていますが、よし乃さんで味噌ラーメンを戴くことに。
IMG_4002@

 よし乃さん、盛り過ぎです(笑)

 そして丘に戻ります。

 秋撒き小麦のカーブ
P6240750@

 手前が男爵薯、奥がトヨシロかな?
P6240765@

 丘の至る所でマーガレットが咲いています。
P6240775@

 フェルムラテール美瑛さんでお土産を購入
P6240790@

 定番の「カカオの花」に加え「Honey Bear」を買ってみました。
IMG_4008@

 赤い屋根の家とトラクター
P6240826@

 動画にも収めてみました。


 夕陽に輝く秋撒き小麦
P6240855@

 今日はここで夕焼け待ち
P6240898@

 しかし、時間がたつにつれて雲が厚くなっていき
P6240910@

 19時15分の日の入り時刻ではこんな感じ
P6240916@

 今宵は12時からセネガル戦、明日の天気予報は曇。

 どのように朝を迎えるか悩ましいです(笑)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

美瑛の丘をめぐる旅~2018初夏編~ 2日日

 今日は晴れの予報。

 朝3時半に出発してあたりを見渡すと、ガスってる様子がなかったので、丘に向かい、日の出を待ちます。

 朝焼けの丘
P6230430@

 その後、ここで日の出を待ちますが、残念ながら太陽は雲の中。

 雲を避けるために北方向に移動すると、すっかり陽が昇っていました。
P6230450@

 日の出の後は、空は急速に雲に覆われていきました。
P6230457@

 しかし、今朝は十勝岳連峰も見えています。
P6230465@
P6230467@

 5時を過ぎると、空の雲は一気になくなっていき、青空が広がり始めました。
P6230488@
P6230519@

 朝活を終えて宿に戻り、暫し休憩後に再び丘へ。

 フェルムラテール美瑛さんの新しくできた散策路に行ってきました。

 入り口は駐車場の向かい側にあります。
P6230526@

 散策路はウッドチップがひかれており柔らかい感触を感じながら散策でき、木漏れ日が射し込んできて、とても良い雰囲気です。
P6230530@

 出口に近づくと、「愛を積むひと」のロケ地が見えてきました。
P6230541@

 「愛を積むひと」ロケ地の石塀は、倒壊防止のためでしょうか、コンクリートで固められましたね。
P6230552@

 でもハートの石は健在です。
P6230557@

 その後、雲が少しずつ空を覆い始めたて風が吹き出してきたので、光と風の流れを動画に収めてみました。

 丘を流れる光と風


 昼食は、昨年に日の出橋の近くにオープンしたPEcoPEcoさんで、PecoPecoプレート
IMG_3991@
IMG_3987@
IMG_3993@

 やはり、美瑛豚はメチャうまです(๑´ڡ`๑)

 午後1時から2時半頃までは、雲がかなり広がってきたため、宿泊先に戻りひと休み。

 3時前には再び陽が差し込みだしたので、再び丘へ。

 新栄の丘のお店が開いていたので、ソフトクリームを戴くことに。
IMG_3996@

 今日はほぼ一日中、十勝岳連峰が見えていました。
P6230665@
P6230674@

 風にたなびく小麦畑と十勝岳連峰を動画に収めてみました。


 午後4時を過ぎると、急速に雲が多くなり、5時前には雨が降り出してきました。

 これはチャンスかと思い、雨が降る中、虹を待つこと1時間半。
P6230684@

 結局空振りに終わりました。

 夕食は、ごまそば鶴喜さんで天ぷら蕎麦
IMG_3999@

 明日は、少し雨が降りそうな予報なので、午前中は道の駅スタンプラリーに行こうと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

美瑛の丘をめぐる旅~2018初夏編~ 初日

 初夏の美瑛の旅

 今月は上旬こそ晴れて気温が高い日が続きましたが、中旬以降は気温が低くて大雨もあったため、農作物の成長が心配です。

 いつもの通り、美瑛神社で旅の安全祈願
IMG_3978@

 秋撒き小麦も穂が出てきて、初夏を感じさせる風景になってきました。
P6220024@

 午前中は残念ながら曇天
P6220060@

 早めの昼食はじゅんぺいさんで定番のトンカツ定食
IMG_3979@
IMG_3980@

 低温でじっくり時間をかけて揚げたトンカツは、とても柔らかくて甘味があってとても美味しいです(๑´ڡ`๑)

 10年くらい前は、トンカツと海老丼の2枚看板だったはずですが、移転とともにオーナーさんが変わり、メディア等で紹介されて超人気店になってからは、入荷量が少なく調理に時間がかかるトンカツは控えに回って海老丼中心のお店になっている感じですね(^-^;)
 
 でも私は今後もずっとトンカツ定食を戴くことでしょう。

 幾つかの丘では、ジャガイモの花が咲き始めましたね。
P6220080@

 山の雪渓も残り僅かになってきました。
P6220105@

 14時を過ぎると、少し晴れ間が見えるようになってきました。

 ルピナスの丘
P6220139@

 夕方になると、青空が広がり、陽射しが強くなってきました。

 陽が傾き始めると、夕陽に照らされた小麦畑が輝き始めます。
P6220221@
P6220233@

 日没間際、小麦畑が夕陽に染まります。
P6220338@
P6220346@

 そして日の入りへ
P6220360@

 日没後、赤く燃える空
P6220390@

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで辛味噌ラーメン
IMG_3981@

 見た目ほど辛さはなくて、とても美味しいですよ(๑´ڡ`๑)

 今回の宿泊先は、フォテージイン美瑛さん。

 先日、フォテージイン美瑛フォトコンテストが開催され、受賞作品が展示されています。
IMG_3983@

 実は、私の作品が、何と運良く入賞致しました!

 左から6番目の写真ですが、良く分かりませんよね(笑)

 是非、フォテージイン美瑛にお越しになってご覧ください。

 素敵な作品がたくさんありますよ!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道南めぐる旅~2018初夏編~ 最終日

 最終日の早朝、宿泊先より望む日の出 
P6141125@

 最上階の空中楼閣 「海峡の湯」で朝風呂に浸かった後、早朝散策へ。

 摩周丸
P6141133@

 ここからは、函館湾越しに函館山を一望できます。
P6141137@

 そして、待ちに待った朝食
IMG_3920@

 北海道産イクラとアラスカ産イクラの食べ比べを行っていましたが、迷うことなく北海道産イクラだけをご飯にたっぷりかけて戴きました(๑´ڡ`๑)

 宿をチェックアウトしスタンプラリーへ。

 今日は追分ソーランラインの道の駅をめぐります。

 道の駅「あっさぶ」に向かう途中、鶉ダムに立ち寄りました。
P6141146@

 「あっさぶ」から「ルート229元和台」に向かう途中、館の岬へ
P6141157@

 そして道南エリアの最北端の道の駅「てっくいランド大成」へ

 途中、せたな町大成区のシンボルである親子熊岩へ
P6141163@
P6141159@

 本当に「溺れそうな子熊を、親熊が救うように抱きかかえている」ように見えますね。

 その後は、追分ソーランラインを南下して「江差」「上ノ国もんじゅ」へ

 江差町から上ノ国町に入るとすぐに見えるこの看板。
P6141164@

 以前は「北海道発祥の地」という看板だったのですが、「北海道和人文化発祥の地」と、何が発祥なのか表現がより具体的になってますね。

 夷王山より望む鳥居越しの風景
P6141172@

 さらに南下して、道南エリア最南端の「北前船 松前」へ
P6141183@

 そして北海道最南端の白神岬
P6141203@

 「横綱の里ふくしま」では、隣接する「横綱千代の山・千代の富士記念館」に入ってみました。
IMG_3931@
IMG_3951@

 実物大のウルフ
IMG_3935@

 大相撲力士で国民栄誉賞を受賞したのは、大鵬と千代の富士の2人だけで、共に北海道出身ですね。
IMG_3946@

 その後は「しりうち」を経由して、今回最後の道の駅「みそぎの郷 きこない」へ
IMG_3955@

 これで、道南エリア全15箇所の道の駅を完全制覇です。

 名物の「男爵いもカレーパン」を戴くのも3年連続です。
IMG_3964@
IMG_3965@

 木古内駅にいくと、道南いさりび鉄道「ながまれ号」がちょうど発車するところでした。
IMG_3963@

 道南いさりび鉄道は、北海道新幹線開業時にJR北海道から経営分離された第三セクターで、旧江差線の五稜郭駅~木古内駅間を担っています(列車はJR北海道函館本線の函館駅まで乗り入れています)。

 旅の最後は、立待岬で青い海を満喫
P6141225@

 これで、北の道の駅スタンプラリー2018は37駅を制覇。

 しかし、まだ残り83駅も...

 まだまだ先は長いです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

道南めぐる旅~2018初夏編~ 初日

 今回の道南の旅は、北の道の駅スタンプラリー2018完全制覇を目指して、道南エリアの道の駅をめぐる旅。

 函館空港に到着すると、残念ながら小雨模様の天気。

 まずは、今年3月にオープンした「なないろ・ななえ」へ。
IMG_3876@

 七飯名物の山川牛熟成コロッケを戴きました。
IMG_3874@

 その後、「YOU・遊・もり」「つど~る・プラザ・さわら」とめぐり、「しかべ間歇泉公園」へ。

 しかし、まだ雨が降り続いていたので、間歇泉を見るのは止めて早めのランチ。

 浜のかあさん食堂で、噴火湾甘えび丼ぶり御前
IMG_3877@

 道の駅スタンプラリーの醍醐味の一つは、このような地の美味しいものをお手頃な価格で戴けることですね。

 その後は「縄文ロマン 南かやべ」へ。

 まだ雨が降り続いていたので、函館市縄文文化交流センターで縄文文化を鑑賞。

 スタンプブックを持参すると、団体料金で入場できる特典があります。

 まるで縄文時代にタイムスリップしたような光景
IMG_3883@

 これは写真を写したのではなく、ミニチュア模型をiPhoneで撮ったものです。

 数々の縄文土器
IMG_3884@

 国宝「中空土偶」
IMG_3905@

 そして今日の最後の道の駅は「なとわ・えさん」

 途中、尾札部あたりを走行中に、空から魚が目の前に降ってきました(◎o◎)

 噂のファフロツキーズ現象ではなくて、オジロワシのような大きな鳥が空を飛んでいる最中に誤ってエサを落としてしまっただけかと思うのですが...

 もし、フロントガラスに直撃していたらと想像すると、後から背筋がゾッとしてきました(^-^;)

 そして今日の宿泊先へ。
P6130887@

 雨もあがり、少し陽射しも見えてきました。
P6130911@

 日の入りまでまだ時間があったので、夜景に備えてラッピで腹ごしらえ
IMG_3913@

 そして函館山へ
P6130991@

 19時頃に到着しましたが、今日は風がメッチャ強くて体感温度は氷点下{{(+_+)}}

 暗くなるのを40分以上待ちましたが、これがガマンの限界
P6131077@

 夜の帳が完全に降りる前に、ブルブル震えながらロープウェイを降りてきました。

 八幡坂のライトアップ
P6131086@

 旧函館区公会堂のライトアップ
P6131094@

 そして今日の最後は、金森赤レンガ倉庫のライトアップ
P6131114@

 強風で凍れた身体を癒すため、あじさいさんで塩拉麺
IMG_3919@

 そして宿に戻り、最上階の空中楼閣 「海峡の湯」で身体の芯から暖まりました。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        
 

道東めぐる旅~2018春編~ 最終日

 最終日は晴れ予報

 初日に小雨でガスっていた十勝が丘展望台に再び行ってみることに。
P5280763@

 旧愛国駅
P5280780@

 「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズに従い、旧幸福駅に行ってみましたが、外国人観光客に占領されていたため、何も撮影せずにまわれ右(^-^;)

 十勝ヌップクガーデン
P5280789@

 初めて来ましたが、4haの広い敷地に洋風庭園、和風庭園、自然林など見どころ満載です。

 道の駅「なかさつない」で十勝野フロマージュのカマンベールチーズ
IMG_3847@

 札内川園地にあるピョウタンの滝
P5280836@

 そして、初めての場所への冒険。

 一本山展望タワー
P5280866@

 中札内村の道の駅から南西に約10km程度の場所にあり、看板も出ているので比較的分かりやすいですが、最後の約2kmがすれ違い困難な細い砂利道を走らなければならないのと、小高い山を登るために352段の階段を登らなければならないという2つのハードルをクリアする必要があります。

 タワーの頂上からの景観
P5280850@
P5280864@

 そして、今回の旅の最後は八千代牧場
P5280867@
P5280874@

 今回の「道東をめぐる旅」では、各地の風景を撮影しながら、以下20ヶ所の道の駅を制覇することができました。
さらべつ(更別村)
おとふけ(音更町)
ピア21しほろ(士幌町)
足寄湖(足寄町)
あしょろ銀河ホール21(足寄町)
オーロラタウン93りくべつ(陸別町)
あいおい(津別町)
摩周温泉(弟子屈町)
ぐるっとパノラマ美幌峠(美幌町)
ノンキーランド ひがしもこと(大空町)
メルヘンの丘めまんべつ(大空町)
流氷街道網走(網走市)
サロマ湖(佐呂間町)
愛ランド湧別(湧別町)
かみゆうべつ温泉チューリップの湯(湧別町)
おんねゆ温泉(北見市)
しほろ温泉(士幌町)
うりまく(鹿追町)
しかおい(鹿追町)
なかさつない(中札内村)

 既にクリアしている道の駅を差し引いても、完全制覇まであと98ヶ所。

 まだまだ先は長いです(^-^;)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
          

道東めぐる旅~2018春編~ 3日目

 3日目の朝は曇天

 晴れたら藻琴山にでも行こうかと思っていましたが、たぶん屈斜路湖も見えないと思い断念。

 ということで、道の駅をめぐりながら上湧別を目指すことに。

 卯原内交通公園の蒸気機関車
IMG_3827@

 その後、道の駅「サロマ湖」「愛ランド湧別」「かみゆうべつ温泉チューリップの湯」とめぐります。

 旧中湧別駅
P5270512@

 そして、今回のメインの1つ、かみゆうべつチューリップ公園
P5270571@
P5270615@
P5270610@

 一部摘花が始まっていましたが、まだまだ見頃です‼

 出来るだけ人が写らないように撮っていますが、気にせず撮るとこんな感じの人だかりです。
P5270632@

 チューリップの後は、トリトン遠軽店へ
IMG_3835@
IMG_3838@
IMG_3839@

 トリトンの美味さは全道共通ですね‼

 そして、道の駅「おんねゆ温泉」へ
P5270638@

 手前にあるトンガリ帽子の建物が、世界最大のからくりハト時計塔「果夢林」です。

 昨日から、オホーツク周辺の道の駅で「赤いサイロ」を探しているのですが見つかりません。
 カーリング娘のもぐもぐタイムの影響で、生産が追い付かないのかもしれませんね。

 道の駅の隣の北の大地の水族館(山の水族館)に初めて入ってみました。
P5270640@

 滝つぼから見上げる日本初の水槽
P5270655@

 幻の巨大淡水魚「イトウ」
P5270662@

 創造の森
P5270721@

 新緑の天然林を背景とした清流「シアレベツ川」が絵になります。

 おけと湖
P5270733@

 その後は、道道88号線をひたすら南下。

 北見市留辺蘂から足寄町芽登までの約60km間、信号・ガソリンスタンド・コンビニが全くないのに加え、何とSoftBankの電波は一切通じませんでした。

 その後、道の駅「しほろ温泉」「うりまく」「しかおい」とめぐった後、十勝牧場白樺並木へ。
P5270740@

 今日の宿泊先は帯広。

 夕食は何にしようかとブラブラしながら、混んでいないかな?
 とチョット覗いてみると、直ぐに座れそうだったので入店。

 3年ぶりのぱんちょうさんです。
IMG_3843@

 やはり北海道は、牛ではなくて豚です(笑)

 梅さん(女将さん)も、とても元気そうでしたよ。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東めぐる旅~2018春編~ 2日日

 3日目の天気予報は曇のち晴れ

 曇天の中、早朝の阿寒湖畔を散策
P5260233@

 早朝から観光船が出ていました。

 ボッケ散策路を10分ほど進み、ボッケへ
P5260256@

 ボッケとは、アイヌ語の「煮え立つ」という意味のボフケが訛ったもので泥火山のことをいいます。
 100℃ほどの熱せられた泥が地下から火山ガスとともにボコボコと音を立てて絶えず噴出しています。

 早朝から湖に入り、釣りをしている人がたくさんいました。
P5260261@

 宿をチェックアウトして、まずは道の駅「あいおい」へ
 
 白樺並木に囲まれた相生鉄道公園
P5260297@
P5260279@

 双岳台より望む雄阿寒岳
P5260301@

 雌阿寒岳は残念ながら雲の中でした。

 その後、道の駅「摩周温泉」を経由して、摩周湖へ。

 摩周湖第一展望台
P5260308@

 桜がまだ咲いていました。

 摩周湖第三展望台
P5260328@

 摩周ブルーは独特の濃いブルーですね。

 硫黄山
P5260354@

 硫黄が噴煙を上げながら黄色く輝いて独特の匂いを振りまいていました。

 美幌峠
P5260386@
P5260382@

 屈斜路ブルーと青空のコラボは、いつ見ても絶景です。

 昼食は、道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」で、しじみラーメン。
IMG_3806@

 AIRDO機内誌raporaの今月号で紹介されていたラーメンです。

 あっさりしていますが、大きなしじみが16個も入っており、しじみの旨味がたっぷりでした(๑´ڡ`๑)

 メルヘンの丘
P5260403@

 そして、能取岬へ。
P5260421@

 道内の岬は、どこに行っても風が強いですね。

 その後、道の駅「流氷街道網走」を経由して、今回の目的の1つの場所に。

 ひがしもこと芝桜公園
P5260459@

 満開の芝桜に、終始圧倒されっぱなしでした。
P5260442@
P5260453@

 今日の宿泊先は、ホテルひがしもこと。
IMG_3819@

 昨年オープンした、道の駅「ノンキーランド ひがしもこと」の2階にある宿泊施設です。

 真新しいホテルなので、内装はとても綺麗。

 近くに食事処があるか分からなかったので、夕食は1階のレストラン「くるりんく」で東藻琴産の長芋を使ったねぎとろ長芋丼。
IMG_3818

 メッチャ美味しかったですよ!

 今後、オホーツクエリアに来た際の定宿になる可能性大です。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東めぐる旅~2018春編~ 初日

 春の道東の旅

 今回は、芝桜とチューリップをメインに、十勝~オホーツクエリアをめぐる予定。

 そして今年は、7年ぶりに北の道の駅スタンプラリー完全制覇に挑戦しようと決めましたので、道の駅めぐりも併せて行う予定です。

 今回の起点は、十勝スピードウェイを右手に見下ろしながら着陸する空港。
IMG_3783T@

 まずは、上空から見たサーキットの隣にある道の駅「さらべつ」でスタンプ押下。
IMG_3786@

 生憎の小雨舞う空模様です。

 今日はここから北上していきます。

 十勝が丘公園のハナック
P5250021@

 十勝が丘展望台
P5250012@

 その後、道の駅「おとふけ」でモール温泉の入浴剤を購入。
IMG_3801@

 音更町に関するうんちくを1つ。

 音更町は北海道の町村の中で一番人口が多く、平成30年4月末時点で44,870人。

 これは、稚内市、網走市、根室市、富良野市といった道内の名立たる観光都市よりも人口が多く、音更町より人口の少ない市は18もあります。

 なぜ市に昇格しないのか不思議ですね。

 ちなみに、歌志内市の人口は、平成30年4月末時点で3,385人しかいません。

 天気予報では12時頃から晴れる予報でしたので、昼食は少し早めに場所を移転してリニュアル・オープンした道の駅「ピア21しほろ」で、しほろ牛の生姜焼き。
IMG_3789@
IMG_3788@

 食後は、久しぶりにナイタイ高原牧場へ。
P5250040@
P5250056@

 天気予報通り、ようやく青空が見えてきました。

 その後、道の駅「足寄湖」と「あしょろ銀河ホール21」を経由して、チー様所縁の場所へ。
P5250093@
P5250097@

 大規模草地育成牧場
P5250099@

 足寄にもミルクロードと呼ばれる場所があったのですね。

 道の駅「オーロラタウン93りくべつ」で、ふるさと銀河線りくべつ鉄道を撮影。
P5250115@
P5250114

 そしてオンネトーへ。
P5250130@
P5250192@

 風があったため、湖面は波立ってしまっていましたが、新緑と雌阿寒岳・雄阿寒岳が綺麗でした。

 そして、阿寒湖畔展望台
P5250204@

 今日の宿泊は、阿寒湖温泉。

 夕食は、おしながき+黒牛ステーキ。
IMG_3798@
IMG_E3800
IMG_3799@

 お腹いっぱいで大満足です(๑´ڡ`๑)

 食後に温泉に浸かった後、ブログを書きながら、井上尚弥選手の試合を見ていましたが、さすがモンスター、いや~強い‼

 3階級制覇おめでとうございます‼

 そして、WBSSでの圧倒的な優勝、期待してます‼


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

美瑛の丘をめぐる旅~2018春編~ 最終日

 最終日は曇りのち晴れの予報。

 このところ睡眠不足が続いていたので、朝活は遠慮することに。

 8時過ぎには薄く陽射しが差し込み始めましたので、青空を期待して行ってみましたが残念ながら、この木のバックは雲だらけ。
P5141572@

 それでも、エゾヤマザクラとスモモのカップルは、ひとときの春を謳歌しています。

 こちらの神社も、私が着いた途端、陽射しがなくなってしまいました。
P5141573@

 壊れたバスのある風景
P5141619@

 水辺の桜と新緑
P5141675@

 静かな湖面は、現実の世界そのまま映し出してくれます。

 丘の畝と新緑
P5141684@

 たんぽぽロードと新緑の丘
P5141711@

 田んぼの中にポツンと佇むこの神社の桜も見ごたえがあります。
P5141788@

 昼食は、道の駅「香麦食堂」で、びえい豚テキディッシュ
IMG_3763@

 美瑛豚は最高に美味しいですよ‼

 午後からは、青空が広がり、陽射しが強くなってきました。

 秋小と新緑の緑が眩しい丘
P5141831@

 芸術的な畝の曲線
P5141878@

 青空をバックに、俵真布神社の満開のエゾヤマザクラ
P5141912@

 青空をバックにした恋人の木
P5141935@

 秋小と白樺の緑輝く丘
P5141947@

 光芒降り注ぐ丘とブームスプレーヤ
P5142000@

 次回は、ジャガイモの花が咲き始める頃、また丘に戻ってきたいと思います!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

美瑛の丘をめぐる旅~2018春編~ 3日日

 今日の天気予報は曇のち雨。

 早朝は寝坊してしまい、5時過ぎに出発(^-^;)

 曇天でも、旭岳の上空は雲が薄く、空はほのかなピンク色に。
P5131482@
P5131494@

 青空はありませんが、十勝岳連峰も雄大な姿を見せてくれています。
P5131510@
P5131537@

 エゾヤマザクラと白樺
P5131451@

 ようやくスモモが咲き出し、恋人同士が再開できました。
P5131541@

 俵真布神社の桜は、まさに今が満開!
P5131546@

 この後、9時半頃から本格的に雨が降り出してきました。

 花散らしの雨にならないことを願います。

 昼食は、昨夜のリベンジ(笑)
IMG_3747@

 この肉厚と甘い脂身が最高です。
IMG_3750@

 午後は雨が降りやまないため、南富良野の道の駅にスタンプラリーに行ったり、お土産を買いに行ったり、フォテージイン美瑛さんに遊びに行ったりと、まったりと過ごしました。

 明日は午後から晴れてきそうな感じなので、ロケハンで目星をつけた場所を回ってみようと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

美瑛の丘をめぐる旅~2018春編~ 2日日

 2日目の天気予報は1日中晴れの予報。

 早朝、朝日に輝く桜を見に。
P5120760@

 朝霧の丘
P5120788@

 秋撒き小麦もスクスクと成長しています。
P5120798@

 白樺と桜のコラボを見に、白樺回廊へ。
P5120822@
P5120832@

 すると、エゾリスを発見‼
P5120838@
P5120841@

 暫くすると、キタキツネが近寄ってきました。
P5120882@

 憩ヶ森公園の桜
P5120931@
P5120953@
P5120947@

 明日の「びえい桜まつり」は無事迎えられそうですね。

 水沢ダム周辺の桜
P5120968@
P5120986@

 整然と並んだ桜は、植樹されたようで、苗木には植樹者と思われる名前が刻まれていました。

 千代田の丘キャンプ場の桜
P5120988@

 その後は、かしわ園、聖台ダムと桜めぐり。
P5121049@
P5121094@

 昼食は、すずらんさんでいろどりランチ
IMG_3702@

 とてもヘルシーで美味しいランチでした。

 食後は、本日オープン道の駅「白金ビルケ」に行ってみることに。
IMG_3724@

 今年は、スタンプラリー対象外なので、予備ページにスタンプ。
IMG_3733@

 道の駅に併設してできたハンバーガー屋さん
IMG_3720@

 ボリューム・値段とも目が飛び出そうです。

 白金模範牧場より望む十勝岳と美瑛岳
P5121114@

 15時頃からようやく十勝岳連峰が見えてきたので、桜とのコラボを撮りに。
P5121132@
P5121187@

 スモモは今日も咲きませんでした。
P5121227@

 十勝岳は、山頂部が噴煙と雲に隠れて、時々しか顔を見せてくれません。
P5121231@
P5121278@

 旭岳もようやく姿を現してくれました。
P5121248@

 17時を回ると、西の空には薄っすらとした雲がかかってきてしまいました。
P5121293@

 ということで、今日は優しい光をもくろんで、ここで撮ることに。
P5121316@
P5121328@

 駐車場に戻ろうとしたら、何と3頭のエゾシカを発見‼
P5121419

 丘では決して可愛い動物ではなく、この上ない招かれざる客です。

 夕食は、昨日まで臨時休業だったじゅんぺいさんへ。

 到着してお店に入ろうとすると、何とCLOSEDの看板が...(T_T)

 何と売り切れ完売で閉店したとのことです。

 日中、すずらんさんに向かい時に前を通りましたが、入店待ちの客で溢れかえっていたので、その影響かもしれません。

 そこで、明日行く予定にしていた鶴喜さんで、アスパラ天ぷら蕎麦を戴くことに。
IMG_3732@

 明日は曇のち雨の予報なので、とんかつ定食のリベンジに命を懸けたいと思います(笑)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

美瑛の丘をめぐる旅~2018春編~ 初日

 春の美瑛の旅

 いつもの如く、美瑛神社で旅の安全祈願
IMG_3676@

 まずは、憩ヶ森公園へ桜の状態を確認しに。
P5110030@

 年明け早々に、今年の桜の満開は例年通りと予想して、今回の日程を決めました。

 しかし、桜の開花が例年よりもかなり早かったため、今年はダメかと半分あきらめていましたが、GW後半から低温が続いたため、思いのほか長く咲き続けているようです。

 続いて、聖台ダムへ
P5110187@
P5110059@

 昼食は、bi.yell cafeさんでハンバーグセット
IMG_3683@

 いつもはスープカレーを戴いていましたが、「数量限定」の文字に惹かれてチョット浮気(笑)
 コーヒーを付けて900円なので、とてもリーズナブルです。

 午後に入ると青空が広がり始めました。
P5110227@

 かしわ園の桜
P5110273@

 桜の名所ではなくても、丘の所々で可憐な佇まいが見えます。
P5110270@

 晴れてきたので、再び聖台ダムへ
P5110342@
P5110410@

 雪融けの丘が乾き、トラクターが忙しく大地を耕しています。
P5110476@

 深山峠さくら園
P5110453@

 午後から綺麗な青空が広がりましたが、十勝岳連峰はガスっていて山頂部は雲の中
P5110426@
P5110518@

 エゾヤマザクラは満開ですが、スモモが...
P5110482@

 果たして今年は恋人同士の出逢いはあるのでしょうか?

 水沢ダム周辺の桜
P5110525@

 今日の夕暮れは、憩ヶ森公園で桜とともに迎えることに。
P5110615@
P5110637@
P5110707@

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで味噌野菜ラーメン
IMG_3694@

 いつもの如く、優しい味の美味しいラーメンに大満足。

 今日の夜遊びは、夜桜のライトアップ
P5110726@

 明日は1日中晴れの予報。

 久しぶりに、十勝岳の雄大な姿や美瑛岳の雪うさぎを見たいです。

 そして、スモモの花が早く咲きますように!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

山中湖・河口湖から望む富士山

 昨日・今日と両親を連れて、山中湖と河口湖をめぐってきました。

 両日とも、とても良い天気で富士山もバッチリ🗻

 まずは、水陸両用バスのKABAに乗るため、山中湖旭日丘のバスターミナルへ。

 こちらがKABA
P4212015@

 山中湖のKABAには1号車と2号車があり、1号車がアメリカ産、2号車が日本産とのことです。

 今回は予約なしの飛び込みで行ったので、11:30発の2号車に乗ることに。

 KABA乗船のキーワードは「赤牛は寝ている」

 その意味は、ぜひ乗船して確かめてみて下さい。

 まずは、陸上を暫し走行します。
P4211957@

 そして湖畔に入り、そのまま山中湖に突入。
P4211965@

 その瞬間、大きな水しぶきがあがりましたが、本能的にレンズを手で覆ってしまったため撮影できず(^-^;)

 こちらが先行して山中湖を航海する1号車
P4211988@

 ちなみに、この時車輪は陸上走行時のままの状態で水中に浸かっています。

 富士山が進行方向左側に見えてきました。
P4212008@

 山中湖のど真ん中より望む、富士山の絶景
P4212004@

 山中湖から望む富士山が男性的と言われる所以は、左右のでっぱりが男性が腕を組んでいるように見えるからだそうです。

 一方、河口湖から望む富士山は、裾野がなだらかに広がっていて、女性的と言われています。

 昼食は山中湖で「きのこほうとう」を戴いた後、河口湖へ。

 河口湖オルゴールの森
P4212019@
P4212061@

 その後は、鳴沢の「富士眺望の湯 ゆらり」で富士山を拝みながらの温泉三昧。

 今回の宿泊先は、河口湖大石にある「ペンションキャンドル」さん
P4222212@

 夕食も朝食も、とても美味しかったです。
IMG_3582@
IMG_3584@
IMG_3586@
IMG_3599@

 そして翌朝早朝に、河口湖畔へ。

 花小富士
P4222079@

 花街道
P4222087@

 そして湖面が綺麗に見えるポイントで逆さ富士を満喫
P4222155@

 裾野がなだらかに広がっていて、女性的な姿ですね。

 大石公園でも逆さ富士が見えました
P4222183@

 大石公園には「富士山の集いモニュメント」があり、全国252箇所の「富士」と名の付く石を集めて「石の富士山」を作り上げています。
P4222221@
P4222222@

 そして、今回の最後は富士山の南側にまわり「天空の花畑」へ。
P4222237@

 赤いチューリップは、まだ3分咲き程度でしたが、黄色のチューリップはほぼ満開でした。
P4222241@


富士と桜

 快晴の今日は富士山の絶景を見に行ってきました。

 山中湖パノラマ台より望む富士山
P4201622@

 山中湖親水公園より望む富士山
P4201630@

 山中湖畔では桜もまだ咲いていました。
P4201725@

 忍野八海
P4201777@

 新名荘川の桜と富士
P4201765@

 二十曲峠より望む富士山
P4201800@

 農村公園より望む富士山
P4201820@

 朝霧高原より望む富士山と桜
P4201837@

 朝霧さわやかパーキングより望む富士山
P4201870@

 白糸の滝
P4201899@

 SS1/2秒ですが、この程度なら勿論手持ち撮影。

 今回は富士山もバッチリ見えました
P4201925@

 田貫湖より望む富士山
P4201930@

 田貫湖は、4/20を中心に前後1週間は早朝にダイヤモンド富士が見えるという著名なスポットです。
IMG_3570@

 しかしながら、「撮影のために三脚などを固定する場所取りはやめましょう」と看板に記載されているにも関わらず、このありさま(T_T)
P4201941@

 展望デッキの柵にチェーンなどで固定されている三脚計15脚。

 この時の時刻は午後1時。

 翌朝の日の出まで16時間もあるのに、既にこの有様です。

 風景写真家達のマナーの悪さ、自己中心的な振る舞いはホント救いようがありませんね(-_-#)



美瑛の丘をめぐる旅~2018早春編~ 最終日

 最終日の朝

 昨夜降っていた雪は止み、澄み切った空模様。

 明け方に気温が氷点下まで冷え込んだため、道路はアイスバーン状態。

 日の出前に丘に出ると、そこは一面の銀世界。
P4161385@

 そして日の出
P4161395@

 陽が昇り雪原が光で照らされると、美しく輝きだしました。
P4161425@
P4161428@

 残念ながら、十勝岳連峰は雲の中。
P4161439@
P4161450@

 西の空は快晴
P4161458@

 秋撒き小麦の緑も、今朝は白銀に薄く覆われていました。
P4161480@

 著名なスポットも一面の雪
P4161504@
P4161515@
P4161526@
P4161530@
P4161545@

 福寿草も雪で寒そうに花びらを閉じています。
P4161520@

 宿泊先をチェックアウトし、9時を回ると冬から一気に早春の丘へ。
P4161549@
P4161559@
P4161563@

 10時半頃、まだ逆光ですが十勝岳連峰がその雄大な姿を現し始めました。
P4161575@

 しかし、その後急速に雲が空一面を覆い始めてしまいました。
P4161590@

 これで後ろ髪引かれることなく帰路に着けそうです(笑)

 十勝岳連峰の雄姿は次回の楽しみに取っておきます。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

美瑛の丘をめぐる旅~2018早春編~ 3日日

 3日目の朝は雪の予報。

 気温が0℃程度と高かったせいか、街中はみぞれ交じりの小雪といった感じでしたが、街中より250m標高の高い青い池では、しんしんと雪が降り積もっていることを期待して4時半頃に出発。

 残念ながら、青い池もあまり雪は降っていませんでしたが、それでも幻想的な青い早朝でした。
P4151222@
P4151225@
P4151221@

 白ひげの滝
P4151284@

 丘に戻ると、みぞれは雪に変わっており、早春の大地はかなり白くなっていました。
P4151287@
P4151300@
P4151301@

 朝活を終えて宿に戻りゆっくり朝食を摂った後、10時頃に丘に戻ると、既に雪は止んでいましたが、まだ残雪が至る所に残っていました。
P4151308@

 昼食は、リニューアル・オープンした道の駅レストラン「香麦食堂」で「びえい豚テキ
IMG_3565@

 去年の夏からこれで6回連続となりますので、これでレギュラー入りでしょう(笑)

 午後は一時、空から太陽の温もりを感じる時間もありました。
P4151335@

 しかし、その後はしとしとと雨が降ってきました。

 今日の福寿草は、陽射しがないためか花びらを半分閉じてしまっています。
P4151352@

 こちらの丘は、一昨日は融雪剤アートが残っていましたが、今朝の雪で午後になっても真っ白な丘。
P4151356@

 その後は、雨が強くなってきたので、拓真館や図書館でまったりと時間を過ごしました。

 夕食は、ごまそば鶴喜さんで、おろしそば+ミニいくら丼
IMG_3566@

 日が暮れて、気温も0℃近くまで下がり、雨がみぞれになってきました。

 明日の天気予報は、夜中には雪が止み朝から晴れる予報、明け方まで雪が残りお昼頃から晴れる予報など、予報サイトによってまちまちですが、果たしてどうなるでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
           

美瑛の丘をめぐる旅~2018早春編~ 2日目

 2日目の天気予報は曇。

 夜中に雪が少し降ったようで、車の上に薄っすらと積もっていました。

 丘に出ると、僅かな雲間から日の出が見えてきました。
P4140959@

 秋撒き小麦も薄っすらと雪化粧
P4140962@

 場所を移動すると、朝日は既に雲の中。
P4140970@

 東の空は一面の雲ですが、
P4140980@

 西の空は青空が見えます。
P4140987@

 柳川押し花学園さんは、未だ買い手がつかないようですね。
P4140995@

 その後は、青い池へ。

 駐車場は空っぽでしたので、青い池には人っ子一人いませんでした。
IMG_3553

 雪が降る量が少なかったようで、強風による波立ち以外は、昨日と変わりはありませんでした。
P4141012@
P4141005@

 薄っすらと雪をまとった早春の丘
P4141028@
P4141045@

 朝8時を過ぎると、薄っすらと積もった雪も融けてきました。
P4141048@
P4141051@

 薄日に照らされ秋撒き小麦の緑が映えます。
P4141054@
P4141058@
P4141067@

 エゾヤマザクラの蕾はまだ堅そうです。
P4141083@
P4141105@

 旭川の桜開花予想が、現時点では5月2日のようですが、次回の行程に合わせて個人的にはあと1週間遅く遅くなってほしいです。

 昼食は、bi.yell cafeさんで定番のスープカレー
IMG_3554

 最近のブログを振り返ると、同じお店で同じメニューの繰り返しですね(^-^;)

 午後に入り、昨日から探し続けていた福寿草をやっと見つけました。
P4141124@
P4141128@

 十勝岳連峰は白い空にカモフラージュされて、残念ながら稜線がハッキリ見えません。
P4141110@
P4141161@

 ということで、フェルムラテール美瑛さんでうゆっくりとお買い物
P4141143@

 その後も白く冴えない空が続きそうな感じだったので、早めに切り上げて夕食へ。

 銀座や築地の高級寿司店で食べるよりも、個人的にはトリトンの方が満足度がずっと高いです。
IMG_3559
IMG_3560
IMG_3561

 今夜から明日朝にかけては雪予報。

 今朝よりももう少し多く積もれば、初雪の青い池のような光景が見れるかもしれませんね。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
             

美瑛の丘をめぐる旅~2018早春編~ 初日

 早春の美瑛の旅。

 今回の目的は、真っ白な十勝岳連峰をバックに大地の目覚めを五感で感じ写し撮ること。

 いつもの如く、美瑛神社で旅の安全祈願
IMG_3548@

 丘に出ると、今日は陽射しはありますが、風が強くて雪が融けてしまったせいか、真冬よりも寒く感じます。

 雪融けの大地
P4130520@
P4130532@

 午前中は芦別岳の姿も見えました。
P4130513@

 秋撒き小麦の緑が大地を彩ります。
P4130526@

 ふきのとうも至る所で見かけます。
P4130577@

 気温は2~3℃しかありませんが、春がすぐそこまで来ていますね。

 昼食は定番のとんかつ定食
IMG_E3550@

 豚肉の入荷が月木なので、金曜の昼食なら売り切れの心配はありませんね。

 昼食後は青い池へ
P4130586@

 風が強かったため水面は波立っていましたが、雪融け水が流入するであろうこの時期にしては、思いのほか綺麗なブルーでした。
P4130621@
P4130637@

 融雪剤アートが残る丘
P4130664@
P4130667@

 作物の播種を待つ早春の大地
P4130702@

 秋撒き小麦の成長を待つ早春の丘
P4130688@
P4130715@

 今日は残念ながら、真っ白な旭岳や
P4130733@

 十勝岳連峰の雄大な姿を、見ることができませんでした。
P4130740@

 そして、今日の夕陽
P4130912@

 今日はメチャ寒かったので、夕食は美味しいラーメンで身体の芯から暖まりました。
IMG_3551@

 明日・明後日の天気予報は雪マークが付いていますが、果たして真っ白な十勝岳連峰は顔を出してくれるのでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
            

富士の絶景を求めて~2018春編~ 最終日

 早朝の新倉山浅間公園あらくらやまぜんげんこうえん
P4090384@

 宿泊先の富士山駅から始発電車で来て、まだ日の出直後の6時前にもかかわらず、展望デッキは黒山の人だかり。

 富士山をバックに満開の桜と五重塔「忠霊塔」の絶景を撮影するために、全国から多くのカメラマンが集まってきているようです。

 因みに、ここは三脚のみならず一脚も使用禁止。

 富士山の山頂部には笠雲がかかっていますが、形がいびつなのが少し残念。

 6時を過ぎて陽が少し高くなってくると、五重塔に陽が当たり始めました。
P4090471@

 それにしても今朝は寒く、後で調べたら、今朝の最低気温は山中湖が-4.7℃、河口湖が-2.2℃だったそうです。

 その後、徒歩30分弱で富士見孝徳公園へ
P4090488@

 その後、宿に戻ってチェックアウトし、山中湖に出てみると、かなりの雲が富士山にかかってしまいました。
P4090507@

 笠雲は、富士山の上空に湿った空気が存在し、上空の風が強い特に発生するそうです。

 上空に湿った空気が存在するということは、雲が発生する条件が整って下り坂の予兆ではないかと思い、そそくさと退散。

 家に帰ってネットで調べてみると、今日の笠雲は「つみ笠雲」と呼ばれるもので、冷え込みが厳しく快晴が続くとのことです。

 笠雲もその形によって、天気予測ができるようですね。


富士の絶景を求めて~2018春編~ 初日

 新倉山浅間公園の桜が満開とのニュースを見て、例年は4月20日頃に行く富士五湖周辺桜めぐりの予定を急遽変更して、1泊2日の旅に出ることに。

 初日は、富士市~富士宮市~本栖湖~精進湖をめぐる予定。

 新幹線と富士山
P4080053@

 手前に見えるのはレンゲ畑です。

 田子の浦港公園「富士山ドラゴンタワー」より望む、田子の浦越しの富士山
P4080098@

 富士川楽座より望む、富士川越しの富士山
P4080110@

 岩本山公園より望む富士山と桜
P4080145@
P4080178@

 大淵笹場より望む、茶畑越しの富士山
P4080203@

 山頂周辺に雲が纏わり付くようになってしまいました。

 富士山さくらの園
P4080221@

 残念ながら、山頂部分は雲に隠れてしまいました。

 白糸の滝
P4080263@
P4080278@

 滝越しの富士山は、山頂部分に雲が...(^-^;)

 そして、今日のメインスポットの本栖湖へ
P4080340@
P4080334@

 この写真は本栖湖畔からですが、ここから登山道に入り、中ノ倉峠展望地を目指します。

 登山靴に履き替えストックを持ち入山。

 行程は僅か680mですが、かなりの勾配があるため、展望地まで25分ほどかかりました。

 千円札のデザインにも使われている絶景
P4080312@

 風が少しあったため逆さ富士は見れませんでしたが、心地よい春風にプチ登山で疲れた身体を癒されながら、この絶景を暫し独り占めしてきました。

 下りは15分程度で本栖湖畔に到着。

 そして今日の最後は、精進湖畔へ
P4080361@

 ここは、大室山を抱えているように見える「子抱き富士」のビューポイントです。

 明日は、早朝に新倉山浅間公園に行く予定。

 晴れて富士山が綺麗に見えますように!



湘南から望む富士と桜

 今朝は「絶景くんの富士山中継」で富士山が綺麗に見えたので湘南海岸に行ってみることに。
 
 鎌倉で江ノ電に乗り換え、「稲村ジェーン」の舞台となった稲村ヶ崎へ。
P3251271@

 相模湾上に薄っすらとしたスモッグが漂っており、クッキリとは見えませんでしたが、相模湾上に霞んで浮かんで見える富士山も絵になります。

 その後、江ノ電で江ノ島へ。

 弁天橋より望む富士山。
P3251356@

 そして、江ノ島シーキャンドルへ。
P3251272@

 相模湾越しの富士山。
P3251307@

 江ノ島の桜もほぼ満開です。
P3251345@

 昼食は、知人のお勧めで石狩亭の豚汁白飯(トンジルライス)。
IMG_3493@

 北海道ラーメンを中心とした中華料理屋さんなのですが、豚汁ライスが美味しいということなので戴きました。
 スープは豚汁というよりも味噌ラーメンのような感じで、豚肉やきくらげがタップリ入っていて、とても美味しかったです。
 豚汁の卵とご飯の上の梅干しは、無料でサービスしてもらえます。

 お腹が満たされたので、浅草まで桜観賞へ。
P3251362@
P3251397@

 満開までもう一息と言った感じですが、お花見日和の天気とあって、隅田川沿いは大勢の人達で大混雑でした。


飛騨高山

 今日は、出張の谷間の休日を利用して、飛騨高山に行ってきました。

 名古屋から高山への公共交通手段によるアクセスは、汽車とバスの両方があり、バスの方がほぼ半額の値段で行けるのですが、汽車を選択。

 というのも、高山線は非電化区間なのでディーゼル特急に乗れるからです。

 ディーゼル特急に乗るのは、札幌~函館間の「スーパー北斗」以来の約10年ぶり。

 こちらが「ワイドビューひだ」
IMG_3356@

 名古屋を出発すると、なんと後ろ向きに走り出しました。

 というのも、岐阜駅で東海道線から高山線に切り替わる際、スイッチバックを行うからです。

 ということで、岐阜からは進行方向に向かってディーゼル車独特のエンジン音を響かせながら前進。

 途中、中山七里の絶景を見ながら2時間強、ようやく飛騨高山へ。

 高山駅に着くと、外はみぞれまじりの雪。

 まずは、高山陣屋へ
L1010349@
L1010341@
L1010347@

 三町伝統的建造物群保存地区
L1010360@

 古い町並
IMG_3363@

 歴史的情緒が漂う町並みです。

 昼食はみかどさんで飛騨牛の陶板焼き
IMG_3368
IMG_3370@

 脂がさっぱりしていて、とても美味しかったです。

 昼食後は、今回のメインスポット「高山昭和館
IMG_3473@

 高山昭和館の中は、まさしく昭和30~40年代の町並みでした。
IMG_3462@
IMG_3371@

 大村崑さんのオロナミンC
IMG_3383@

 ライオンの蚊取り線香
IMG_3385@

 数々の昭和家電
IMG_3392@

 乾電池とカセットテープの自動販売機
IMG_3404@

 昭和30~40年代の屋内
IMG_3395@

 昭和30~40年代の診察室
IMG_3406@

 水銀血圧計
IMG_3407@

 オート三輪「ダイハツ・ミゼット」
IMG_3412@
IMG_3414@

 車体に「鈴木オート」の文字が刻まれていたので、もしかしたら映画「三丁目の夕日」に登場したミゼットそのものでは?

 ちなみに、サザンのアルバム「稲村ジェーン」では、ミゼットの免許は4輪でも2輪でもなく、免許がないそうです(笑)


 郵便ポスト
IMG_3464@

 懐かしい銘柄が並ぶショーケース
IMG_3419@

 レコードのジャケット
IMG_3420@

 宇多田ヒカルのお母さんもいますね。

 地球儀
IMG_3429@

 昔はどの家庭にもありましたよね。

 山口百恵さん
IMG_3428@

 岡田奈々さん
IMG_3431@

 新日の闘魂スペシャル
IMG_3451@

 猪木とホーガン
IMG_3452@

 昔のパチンコ台
IMG_3470

 試しにやってみたら、かなり出ました(笑)
IMG_3472

 あまりに楽しくて、あっという間に帰りの汽車の時間に。

 昭和時代の展示ということで、ご年配の方々が多いと思いきや、20~30代くらいの若い方々もかなり楽しまれていました。

 タイムマシンがなくても、40~50年前の懐かしい日本を満喫できる、お勧めのスポットです。


 高山駅に戻る途中、自動販売機で80円の缶ジュースが。
IMG_3479

 ここも昭和の名残でしょうか?(笑)



プロフィール

丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。


QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード



北海道旅行 ブログランキングへ