丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。
※リンクフリーです。
※当ブログに掲載している写真や記事の無断引用は、固くお断りしております。

★★ Category ★★

美瑛の丘をめぐる旅~2019初夏編~ 2日日

 今朝は、昨日の夜更かしが響いて、1時間の寝坊(^-^;)

 速攻で丘に出てみると曇天。

 しかしながら、北西方向に朝霧の気配を感じたので、行ってみることに。
P6290192@

 ジャガイモ畑越しに、大量の牧草ロール。
P6290205@

 あまりに光がないので、車のライトで照らしてみました。
P6290209@

 朝活を早めに切り上げて、フォテージへ。

 朝風呂とバターロールパンと美瑛牛乳を頂き、再出発。

 早咲きラベンダーが見頃との情報を得たので、ファーム富田へ。

 彩りの畑のおかむらさき。
P6290231@

 見頃はもう少し先ですね。

 濃紫早咲は、まだ開花はしていませんでしたが、とても色濃くて見頃を迎えていました。
P6290268@

 その後、開花したラベンダーを探して放浪。

 途中、一輪の雛菊の花を発見。
P6290305@

 ようやく開花した濃紫早咲を見つけました。
P6290355@

 美瑛に戻る途中、一面にキガラシの丘を発見。
P6290383@

 美瑛に戻り、牧草ロールの丘へ。
P6290384@

 遠目よりジャガイモ畑越しに。
P6290439@

 昼食は、2年ぶりにイルコーヴォさんでアスパラのピザ。
IMG_6322

 ホワイトアスパラのブイヨンも入っているそうで、とても美味しかったです。

 昼食後は、ジャガイモの花めぐりへ。
P6290462@
P6290480@

 その後もずっと曇天であったため、混雑を承知の上で青い池へ。
P6290488@

 このところ雨が降らなかったためか、とても綺麗なブルーでした。

 その後も曇天であったため、おやつ休憩。

 パラディさんで洋梨のタルトを戴きました。
IMG_6337

 今日は光が射す可能性がないと判断し、ぐるっと丘をひと回りして早めにフォテージに戻ることに。
P6290500@
P6290502@

 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで味噌野菜ラーメン。
IMG_6339

 いつもの如く美味しいラーメン、ゴチでした!


 昨日締め切られた「美瑛畑看板プロジェクト」、何と達成率333.4%だそうです‼

 いよいよ来月からプロジェクトが始まるようですが、是非とも多くの観光客の方々の心に響いて、観光マナーの向上につながることを切に願うとともに、これからもこの活動を応援していきたいと思っています。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

美瑛の丘をめぐる旅~2019初夏編~ 初日

 今回は初夏の美瑛の旅

 令和初の台風の影響が心配されましたが、明け方に多少雨が降ったものの、大きな影響はなく、無事旭川空港に到着。

 天候は曇で気温は16℃。

 半袖だと少し寒いくらいです。

 美瑛に向かう途中、満開のジャガイモ畑を発見。
P6280003@

 どうやら今年は、ジャガイモの花の当たり年かもしれません。

 いつもの如く、丘の神様に旅の安全祈願。
IMG_6290@

 例年、この時期は、ルピナスやマーガレットの花が咲き誇り、早咲きラベンダーやジャガイモの花が開花し始める頃ですが、ロケハンを行っていると、ルピナスはほぼ終わり、ジャガイモの花の開花が結構進んでいるようですので、季節の進行が速いですね。

 そして今年最初の牧草の収穫が今まさに進行中で、所々に牧草ロールが見られました。
P6280015@
P6280021@

 昼食は、PEco PEco さんで、ペコペコプレート。
IMG_6299@

 養豚農家さんが営むレストランなので、とても美味しい美瑛豚を頂くことができますよ。

 午後に入っても、曇天状態。

 夕陽用のロケハンをしながら、ジャガイモの花を満喫。
P6280077@
P6280115@
P6280150@

 秋撒き小麦もかなり色付き始めました。
P6280158@

 夕方になっても、厚い雲に覆われていたため、早めにフォテージイン美瑛にチェックイン。

 夕食は、フォテージイン美瑛の社長さんのお誘いで、計6名で焼肉へ。

 とても楽しいひとときを過ごすことができました。


 ということで、今このブログを書いていますが、既に12時過ぎ(^-^;)

 明日は3時起きの予定ですが、果たして起きることはできるのでしょうか...


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
   

北の大地をめぐる旅~2019初夏編~ 最終日

 最終日の朝

 夜明け前のブルーモーメント
P6030612@

 日の出前の美幌峠
P6030614@

 美しいグラデーションです。

 そして3時50分頃、朝の光が見えてきました。
P6030629@

 微かに霧が見えます。
P6030631@

 しかし、一昨日のような雲海になることはありませんでした。
P6030663@

 屈斜路湖対岸のハイランド小清水725へ
P6030675@

 雲ひとつない快晴の朝です。


 宿に戻り、温泉と朝食を摂りチェックアウト。

 お昼にレンタカーを返さなければならないので、摩周湖を経由して女満別に向かうことにします。


 摩周ブルーの世界
P6030692@
P6030703@
P6030706@
P6030721@

 摩周湖には何度も来ていますが、実は霧の摩周湖は一度も見たことがありません(^-^;)

 いつか、摩周湖を覆う日の出の雲海を撮影してみたいです。


 摩周湖第1展望台の駐車利用券で硫黄山が無料で入れるので、行ってみることに。
P6030739@
P6030742@

 動画も撮影してみました。


 大地の鼓動がとても身近に感じられる場所です。


 その後は、一路女満別へ。

 旅の最後は、メルヘンの丘
P6030766@

 お昼は、女満別の道の駅でサクラ豚丼。
IMG_6233@

 今回の旅では、ラーメンと豚丼ばかり食べていますね(^-^;)

 女満別空港で、探し求めていた赤いサイロをGET‼
IMG_6234@

 平昌オリンピックでカーリング女子が「もぐもぐタイム」で食べていたアレですよ。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

北の大地をめぐる旅~2019初夏編~ 3日目

 3日目の朝

 部屋から屈斜路湖畔を見ると、霧は全くありませんでしたが、東の空に雲。

 日の出は期待できないと思い、少し遅めに出発。

 しかし、美幌峠に登る道中、山と雲の隙間から光が。

 駐車場に車を止め、慌てて展望台に登りました。
P6020390@

 しかし、すぐに上空の雲の中へ。
P6020398@

 その後は、屈斜路湖畔へ。
P6020415@
P6020434@

 多くの釣舟が湖に出ていました。

 その後、宿泊先に戻り、朝風呂と朝食を済ませて出発。

 一路、あの場所を目指します。

 旭川紋別自動車道を経由して3時間半、花人公園へ。
P6020442
P6020447
P6020464

 美瑛町の町花、すずらんです。

 先週の猛暑でかなりくすんでしまったようですが...

 3週間前に美瑛に来た時、ここ花人公園と美瑛神社、福美沢神社にすずらんがあることを確認していたので、期待していたのですが、悲しいことに美瑛神社(美瑛神社前の道路沿い)はほぼ土しかない状態、福美沢神社は全く見当たらない状態でした。

 誰かが摘み取ってしまったのでしょうか?

 お昼は、旭川ラーメン美瑛店さんで塩ラーメン。
IMG_6215@

 美味しいラーメンで、帰りの300kmの道のり克服のためのパワー充電完了です。

 帰り際にここで1枚
P6020537@

 今年は先週の猛暑の影響で、十勝岳連峰の雪融けが早いですね。

 例年であれば、美瑛岳の雪うさぎの雪渓が良く見える時期なのですが...

 道東自動車道を経由して3時間弱、足寄の道の駅で休憩。
IMG_6223@
IMG_6224@

 その後はオンネトーへ。
P6020555@
P6020574@
P6020580@

 今日は風がなく、湖面へのリフレクションがとても綺麗でした。

 今度は紅葉の季節に来てみたいですね。

 その後、阿寒湖を経由して弟子屈町へ。

 夕食は、昨日と同じ弟子屈ラーメン総本店さんで弟子屈味噌ラーメン。
IMG_6230@

 昨日の魚介しぼり醤油よりもこちらの方が私は好きです。

 一緒に食べた行者にんにく餃子も美味しかったですよ。

 そして宿泊先へ到着。

 朝活も含めると、今日は約600kmの行程でした。

 最後は、ブルーモーメントの屈斜路湖
P6020609@



↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

北の大地をめぐる旅~2019初夏編~ 2日目

 2日目の朝

 目覚ましをかけ忘れたため、起きたら3時25分。

 30分近い寝坊です(^-^;)

 速攻で着替えて、美幌峠へ。

 峠に登っていく道中、霧が出ていたので期待大。

 4時すぎに美幌峠の駐車場に到着すると、霧の真っ只中。

 それでも、数台の車が止まっていました。

 一路展望台へ。

 ここまで登ってきたら、ようやく霧があけてきました。
P6010103@

 一番高台まで登ると、眼下にモクモクとした雲海が。
P6010107@
P6010118@

 誰一人いない展望台で朝霧の絶景を数分間満喫していたら、その後急速に霧に包まれ始め、この写真を最後に展望台も白闇に包まれてしまいました。
P6010123@

 その後、屈斜路湖畔に行き、和琴半島へ。
P6010129@
P6010150@

 湖面に朝日が輝いていました。

 その後、屈斜路湖を挟んで和琴半島の反対側にあるハイランド小清水725へ。

 しかし、視界10mもないほどの強烈な霧に包まれており、全く撮影不能な状態。

 いったん宿に戻り、朝食を摂ってチェックアウトし、再びハイランド小清水725へ。
P6010158@
P6010169@

 まさに屈斜路ブルーの世界ですね。

 藻琴山展望駐車公園
P6010191@
P6010189@

 神の子池
P6010225@
P6010229@

 PLを使ってできるだけ反射を抑えていますが、陽射しが強いとどうしても湖面の反射が強いので、ここは曇りの日が良さそうですね。

 昼食は、食堂と喫茶 ポッポテイさんで、摩周の豚丼
IMG_6201@

 帯広の豚丼と比較すると、かなり甘めのタレなので、好みが分かれそうです。

 多和平
P6010252@
P6010264@

 初夏の暖かい陽射しと、爽やかな風がとても心地よく、暫しここで休息。

 久しぶりの津別峠
P6010301@

 今日はグランフォンド摩周というサイクリング大会が行われていて、急勾配の津別峠を多くのライダーが挑戦していました。

 再び美幌峠へ
P6010308@

 その後、和琴半島で屈斜路湖畔散策
P6010314@
P6010334@

 キラキラの彼方に、今日の宿泊先がかすかに見えます。

 この後、今日の宿泊先にチェックイン。

 夕食に出かける前に、今日3度目の美幌峠へ。
P6010368@

 中島が夕陽に照らされて、美しい夕景でした。

 夕食は、弟子屈総本店さんで魚介しぼり醤油ラーメン
IMG_6202@

 やはり本場の弟子屈ラーメンは美味しかったです。

 ホテルに戻り、夜の帳が完全に降り切ってから、屈斜路湖畔へ。

 超久しぶり(たぶん2年ぶりくらい?)の星空撮影。
P6010386@

 広角はF4しか持ってこなかった私が悪いのですが、やはり私にとって星空は超難関です(^-^;)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

北の大地をめぐる旅~2019初夏編~ 初日

 今回は、東藻琴と屈斜路湖を拠点とした、3泊4日の旅。

 芝桜満開の季節を狙って旅の予定を計画しましたが、先週の歴史的な高温により、既に満開後3分咲きの状態の様子。

 機内から望む屈斜路湖
IMG_6185@

 女満別空港に到着し、レンタカーの送迎車を待っている間、空港内をグルっと見回すと、何と美瑛の写真が‼
IMG_6187@

 自動車税の納期限は、今日5月31日までなので、明日から別の写真に変わるのかなぁ(笑)

 レンタカーを借り、まずはメルヘンの丘へ
P5310007@

 あいにくの曇天ですが、畑の畝がとても綺麗ですね。

 道の駅に行き、名物しじみラーメンで腹ごしらえ。
IMG_6189@

 大きめのしじみが20個近く入っており、最後の一滴まで飲み干せるような美味しい出汁のラーメンです。

 そして機内から見下ろしていた屈斜路湖へ。

 まずは名所の美幌峠。
P5310019@

 次は屈斜路湖をグルっと回ってハイランド小清水725
P5310036@

 展望台から望む屈斜路湖と雄阿寒岳
P5310028@

 そして、ひがしもこと芝桜公園へ
P5310042@
P5310069@

 満開後3分咲きという情報の通り、斜面部分はほぼ終わっている状態でした。
P5310050@

 チェックイン時刻まで、まだ少し時間があったので、再び女満別方面へ。

 朝日ヶ丘公園
P5310076@

 今日は南風のため、公園の近くは通らず、網走まで行って旋回して北から侵入するルート。

 なので、朝日ヶ丘公園からは遠目にしか見えませんでした。
P5310082

 そして最後はメルヘンの丘
P5310095@

 今日の宿泊先は、昨年もお世話になったホテルひがしもこと。
IMG_6193@
IMG_6192@

 昨年オープンした道の駅にあるホテルですが、とても清潔感があって心地よいホテルです。

 6時過ぎから、NHKとSTVで「美瑛畑看板プロジェクト」の放送を見た後、ホテル内のレストランで夕食。

 東藻琴名産の長芋をふんだんに使用した「長芋いろいろ定食」
IMG_6196@

 まさに長芋尽くし。健康的でとても美味しいですよ。


 明日は天気も回復しそうなので、朝活が期待できそうですね。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

美瑛の丘をめぐる旅~2019春編~ 最終日

 最終日の朝。

 今日は晴れ予報。

 3時半に丘に出ると、雲ひとつない空。

 0℃まで冷え込んだので、フロントガラスが少し凍っていました。

 薄手のダウンジャケット着用で朝活に臨みます。

 美しい夜明けのグラデーション。
P5132028@
P5132048@

 そして日の出。
P5132075@

 少し朝霧が出ていました。
P5132085@
P5132090@

 恋人の木
P5132106@

 スモモの開花が確認でき、1年ぶりに再会を果たすことができました。

 俵真布神社の桜は、鳥居の上の部分を除くと、ほぼ満開になってきました。
P5132154@
P5132155@

 早朝、陽が高くなっても、十勝岳連峰の稜線が綺麗に見えます。
P5132125@

 聖台ダムからも十勝岳が見えました。
P5132135@

 フォテージイン美瑛に戻り、バターロールパンと美瑛牛乳を戴き、暫し休息。

 チェックアウトして、再び丘へ。

 クリスマスツリーの木は、電線が移動されたので、構図の自由度が格段に高まりましたね。
P5132167@

 芦別岳を望む
P5132175@

 ハウスで育てたビートの苗を大地へ移植しています。
P5132191@

 新緑が眩しい季節になってきました。
P5132201@

 そして、今回の最後はダム越しのトムラウシ山
P5132214@
P5132222@


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

美瑛の丘をめぐる旅~2019春編~ 3日目

 3日目は曇のち晴れの予報。

 4時に丘に出ると、天気予報通りの空模様。
P5121708@

 日の出前から農家さんはプラウで畑を耕しています。
P5121711@

 朝日が望めないので、俵真布神社の桜を確認しに行ってきました。
P5121723@

 一昨日よりは開花が進んできました。

 これから晴れて気温が上がれば、一気に開花が進みそうです。
 
 フォテージイン美瑛に戻り、いつものバターロールと美瑛牛乳を戴きながら暫し休息。

 今日は、東川町文化ギャラリーで、ルークオザワさんのトークショー。

 14時開始の予定ですが、整理券を10時から配布するとのこと。

 早速、現地に向かいます。

 道中、横牛の八幡神社にて。
P5121732@

 9時過ぎから青空が広がり、陽射しが射し込むようになってきました。

 10時ちょうどに到着し、ルークさんのトークショー整理券を無事入手。


 昼食は、すずらんさんでいろどりランチのセット。
IMG_6097@
IMG_6098@

 健康的で美味しいランチでした。


 昼食後は東川方面に向けて移動開始。

 聖台ダムは少し風があったため、昨日のようなリフレクションは見れませんでした。
P5121771@
 
 そして東川町文化ギャラリーへ。
IMG_6099@

 開演45分前に入りましたが、既に多くの方々が待たれていました。
IMG_6100@

 開演30分前、整理券の番号順に講演会場に入っていき、着席。

 図々しくも、かぶりつきの座布団席をゲットしました。
IMG_6102@

 そしてルークさんが登場し、トークショーが始まりました。
IMG_6103@
IMG_6106@
IMG_6116@
IMG_6119@
IMG_6123@

 あっという間の2時間。

 とても面白くて有意義なトークショーで、神と呼ばれる所以の一部を垣間見ることができました。


 東川町文化ギャラリーを発ち、再び丘へ。

 俵真布神社の桜も見頃が近づいてきました。
P5121783@

 山を覆っていた雲も、だいぶ上がってきました。
P5121803@

 夕陽が聖台ダムの桜を輝かせます。
P5121808@
P5121816@

 年に1度のエゾヤマザクラとスモモの出会い。今年はまだ実現していないようです。
P5121833@

 夕暮れの桜
P5121859@
P5121868@

 気温が低い日が続くお陰で、憩ヶ森公園の桜もまだ残っています。

 夕暮れの丘
P5121906@


 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで味噌ラーメン。
IMG_6127@

 令和になって既に3回目。ゴチでした(๑´ڡ`๑)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

美瑛の丘をめぐる旅~2019春編~ 2日目

 2日目の朝、天気予報では曇の予報。

 丘に出ると、日の出の期待はできませんが、陽射しはありそうな空模様。
P5111255@

 拓真館の桜
P5111264@

 日の出時刻を過ぎると、西の空の雲は日に染まり始めました。
P5111274@

 5時頃には、光芒とともに陽射しが見えてきました。
P5111286@

 光が丘に降り注ぎ始めましたので、深山峠さくら園に行ってみることに。

 雲が多くてなかなか陽が射し込んできませんでしたが、6時近くになり、ようやく光が射し込み始めました。
P5111357@
P5111326@

 早朝から大地を耕すトラクター。
P5111372@

 桜にはやはり青空ですね。
P5111379@

 フォテージイン美瑛に戻り、朝食後に丘に出ると、青空がほとんどなくなってしまっていました。

 今日も聖台ダムへ。
P5111457@
P5111460@
P5111548@
P5111553@

 水辺の桜が湖面に映り込み、とても美しかったです。

 昼食は、久しぶりのパラディさん。
IMG_6065@
IMG_6067@
IMG_6069@

 メインディッシュの鶏肉、柔らかくてとても美味しかったです。

 この時期、ビート畑では農家さんが草むしりしている姿をよく見かけます。
P5111586@

 秋小には、いよいよ農薬散布を行う季節になってきました。
P5111589@

 この頃、小雨が舞っていましたが、丘では虹が出ていた場所もあるようですね。

 桜と美瑛神社
P5111621@

 今日は残念ながら、夕陽や夕焼けは期待できそうにありません。
P5111646@

 この時期は、丘のいたる所で土壌の耕起にトラクターが大活躍です。
P5111669@
 
 憩ヶ森公園では、昨日から夜桜のライトアップが行われています。
P5111675@
P5111700@

 かなり散ってきてしまいましたが、明日は「びえい桜まつり」が行われるとのことです。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

美瑛の丘をめぐる旅~2019春編~ 初日

 先日の美瑛は、桜開花予報を見て急遽日程を追加したものでしたが、今回は元々予定していた日程。

 桜が残っているか不安でしたが、GW明けから気温が下がってきたので一安心。

 旭川空港に到着後、さっそく聖台ダムへ。
P5101051@
P5101058@

 ちょうど見頃でした。

 次は、美瑛神社で旅の安全祈願
IMG_6037@

 美瑛神社の桜はかなり散ってしまいましたね。

 続いて、憩ヶ森公園へ
P5101099@

 今夜からライトアップが始まるようです。

 昼食は、じゅんぺいさんでトンカツ定食と思い、オープン時刻に行ってみたところ、あいにく今日はお休み。

 そこで昨年秋以来のトリトンへ。
IMG_6044@

 平日のお昼だからでしょうか、待たずにすぐ戴くことができました。
IMG_6041@
IMG_6043@

 昼食後は、ルークオザワさんの写真展を見に東川町文化ギャラリーへ。
IMG_6046@
IMG_6047@

 この感動をうまく表現できる言葉が見つからない...

 これが神業の世界なのですね‼

 丘に戻り、再び桜探し。
P5101124@
P5101209
P5101217@

 深山峠は終焉が近づいてきました。
P5101146@

 ビートの移植が終わった丘で雑草と闘う農家さん。
P5101139@

 かしわ園は満開でした。
P5101181@

 神社には桜が見れるところが多いですね。
P5101201@

 こちらの神社の桜はまだ開花したばかりで、例年の如く1週間くらい遅れて見頃がきそうです。
P5101184@

 水辺の桜
P5101231@
P5101226@

 夕食は、いつもの旭川ラーメン美瑛店さん。
IMG_6055

 味噌を戴くことが多いですが、塩もメチャ美味しいです。

 今回の宿泊先は、いつものフォテージイン美瑛さん。
IMG_6056@

 ポイントカードが昨年12月から始まりましたが、スタンプ十個、一番乗り達成です!
IMG_6059@
 

↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

北の大地をめぐる旅~2019春編~ 最終日

 今日は今回の旅の最終日。

 この季節、日の出がどんどん早くなってくるので、前夜の深酒は目覚めに直撃(^-^;)

 寝坊して4時に起きてしまい、慌てて丘に飛び出しました。

 日の出直前の丘
P5050720@

 そして日の出
P5050752@

 朝日が秋小の丘を輝かせ始めました。
P5050790@

 旭岳上空に輝く朝日
P5050817@

 播種を待つ大地
P5050808@

 水辺の朝
P5050828@

 芦別岳を望む
P5050842@

 遅ればせながら、美瑛神社で旅の安全祈願
IMG_5977@

 美瑛神社と憩ヶ森公園の桜も開花していました。

 フォテージイン美瑛に戻り、朝食を頂いてチェックアウト。

 春の暖かい日差しを受ける秋小
P5050865@

 オプタテシケ山上空で旋回しながら着陸態勢に入る飛行機
P5050871@

 ビエールのギャラリーでは、5月12日まで美瑛写真サークルの写真展が行われていますよ。
IMG_5988
IMG_5987

 昼食は、ビエールカフェさんでスープカレー
IMG_5986

 播種を待つ丘
P5050880@

 トラクターが大地を耕し、播種に向けての準備が着々と行われています。
P5050885@
P5050906@

 今日は昨日以上に山が綺麗に見えます。
P5050896@

 昨日と同じ場所、同じアングルで撮ってみると、山の雪融けが少しずつ進んでいることが分かります。
P5050949@

 十勝岳へと続く道
P5050958@

 午後3時をになったので、そろそろ新千歳空港に向けて南下を始めます。

 深山峠さくら園をそろそろ見頃が近づいてきました。
P5050965@

 旅の最後は、富良野上御料の一本桜
P5051039@

 この後、一路新千歳空港へ。

 道東道が渋滞していたら、桂沢湖~夕張国道でと思っていましたが、幸いにも渋滞が解消されたので、富良野からほぼ2時間で到着することがとができました。


 今週末、また美瑛に戻ってきますが、火曜日以降は気温が下がるので、何とか桜が持ちこたえてくれることを願っています。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

北の大地をめぐる旅~2019春編~ 4日目

 早朝の静内二十間道路の桜並木🌸
P5040481@
P5040454@
P5040494@

 花のトンネルも満開に近くなってきました🌸
P5040423@
P5040442@
P5040443@

 宿に戻り、朝風呂と朝食を頂き、チェックアウト。

 今日は美瑛に向けて北上します。

 道中、二風谷アイヌ文化に立ち寄りました。
P5040515@

 富良野に入り、東大演習林樹木園を通り過ぎましたが、まだ桜は蕾の様子。

 その後、上御料の一本桜の前を通りましたが、開花して間もないような感じ。

 そして、美瑛に到着。
P5040531@

 秋小の緑が眩しい季節になってきました。

 今日は山がクッキリ見えます。
P5040535@

 十勝岳へと続く道
P5040555@

 赤い屋根の家とともに。
P5040584@

 陽が傾いてきたので、富良野方面に桜探しへ。

 深山峠の桜はまだ蕾のように見えますが
P5040599@

 見下ろすと、ポツポツと開花した花を見ることができました。
P5040611@

 朝日が丘公園の桜
P5040614@

 上御料の一本桜
P5040646@

 お昼前に見た時よりも、かなり開花が進みました。

 この写真にはあえて写していませんが、手前にはここが農地であることを主張するように牧草ロールが山積みされていました。

 夕陽に照らされて
P5040664@

 そして、いつもお世話になっているフォテージイン美瑛にチェックイン。

 夕食は、いつもの旭川ラーメン美瑛店さんで味噌ラーメン。
IMG_5975

 いつもの美味しくて優しい味のラーメン、ゴチでした!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

北の大地をめぐる旅~2019春編~ 3日目

 3日目は、静内二十間道路の桜並木を中心に、庶野さくら公園など日高地方をめぐる予定。

 まずは、早朝に静内二十間道路の桜並木へ。
P5030128@
P5030134@
P5030143@

 まだ蕾の木も多いので、見頃はお天気に恵まれそうな明日か明後日でしょうね。

 この時は曇天でしたが、7時前くらいから青空が広がり始めました。

 宿に戻って、朝風呂と朝食を済ませて、襟裳方面に向けて出発。

 親子岩
P5030172@

 エンルム岬展望台
P5030189@

 展望台に登ると、もの凄い風。
P5030182@

 この後に行った襟裳岬よりも強烈な風が吹いていました。
 風の館の風体験並みの凄さでした(笑)

 そして、襟裳岬
P5030197@

 もちろん風体験もしてきましたよ(笑)
IMG_5967

 先程のエンルム岬展望台は、風速18mくらいかな?

 悲恋沼
P5030217@

 黄金道路
P5030232@

 そして、この旅2ヶ所目のエゾヤマザクラのスポット、庶野さくら公園へ。
P5030266@
P5030268@

 樹齢300年の「夫婦桜」
P5030261@
P5030248@

 そして再び一路、静内二十間道路の桜並木へ。
P5030294@
P5030306@

 早朝よりも少し開花が進んだようです。
P5030280@

 宿に戻る途中、静内二十間道路の桜並木を遠目から。
P5030317@

 判官岬に沈む夕陽
P5030336@
P5030354@
P5030372@


 明日の早朝、また静内二十間道路の桜並木に行き、美瑛を目指して北上します。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

北の大地をめぐる旅~2019春編~ 2日目

 今日のルートは、室蘭を出発してから、新しく道の駅ができた安平を経由し、新冠へ向かう予定。

 天気予報は、苫小牧周辺が晴れそうですが、それ以外は雨もありそうな予報。

 まずが昨日ガスって殆ど見えなかった地球岬へ。
P5020072@

 その後、崎守町の一本桜を見に行きましたが、全く咲く気配なし。

 思い起こせば、数年前に一本桜めぐりをした時、上御料の一本桜が散り去ってからこちらが満開になったので、室蘭市内の桜が開花したからといって、すぐに咲く訳ではありませんね。

 その後、白老町に入ると晴れてきたので、樽前ガローに行ってみることに。

 橋の上から見下ろすと、まだ新緑の季節にもなっていないので、スカスカの感じ。
P5020076@

 ロープ伝いに川原に降りてみると、木の葉がなく光が入り過ぎて、包まれた別世界間は全くありませんでした(^-^;)
P5020090@

 やはり新緑~紅葉の間でないと絵になりませんね。

 その後は、千歳市街に入り、柳ばしさんで昼食。
IMG_5917@

 GWのため激混みでしたが、生姜醤油で頂くメンチカツ定食は、いつ食べても美味しいです。

 昼食後、4月19日にオープンしたばかりの道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」へ。
124

 D51ステーションと名が付くだけにD51が来ているのかと思い、覗いてみると...
IMG_5920

 D51の姿はありませんでした...
IMG_5923
IMG_5924
IMG_5925
IMG_5926

 D51の方は、まだ安平町鉄道資料館の車庫の中にあるそうで、道の駅への移設が遅れているようです。

 D51が移設されたら、是非また来てみようと思います。


 今年は、スタンプラリーの完全制覇を目指す予定はありませんが、北の道の駅マニアとしては、新しくできた道の駅を放置しておくわけにはいきません(^-^;)。

 よって、今年のノルマは、昨日オープンした「北オホーツクはまとんべつ」を制覇することにしたいと思います‼


 その後は、一路新冠へ。

 今年も来ました、レ・コード館
IMG_5935@

 レとコの間が・で区切られているのは、「レ」はリラックス、リメンバー、リフレッシュなどの「Re(くつろぐ、再び、新たに)」からはじまる言葉を指し、「コード」はラテン語で「心」を意味しているそうです。

 つまり、レ・コードは「Reの心」であり、リラックスの心、リメンバーの心、リフレッシュの心などを意味し、レコード盤を単なる物としてではなく、人の心として意味するからだそうです。

 館内はこのようにレコードで埋め尽くされていますが...
IMG_5938
IMG_5937
IMG_5939
IMG_5944

 お勧めは、有料(大人300円)ですが、何と言っても「レ・コード館ミュージアム」
IMG_5964@

 館内は撮影禁止なので、ミュージアムパスポートを撮った写真を載せますが、数々の蓄音機が展示されていたり、邦楽・洋楽を問わず数々のLPジャケットが展示されています。

 特に「思い出の坂」には、1959(昭和34)年~1986(昭和61)年までの日本レコード大賞をはじめとする数々のヒット曲のジャケットが年代順に並んでおり、音楽ファンならずとも昭和育ちの人にとっては、深い郷愁に駆られるような気持になること間違いなしです。


 その後は、雨が降り出してきそうな空模様だったので、早めに宿泊先にチェックイン。

 夕食後、部屋に戻り窓から外を見ると、判官岬付近の空が、微かに見える夕陽とともに美しく輝いていました。
P5020122@


 明日は天気が良さそうなので、早朝に静内二十間道路桜並木の様子を見に行ってきます。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      

北の大地をめぐる旅~2019春編~ 初日

 10連休となった今年のゴールデンウイーク。

 北の大地への旅立ちは、令和の初日。

 旅の日程は、初日が室蘭泊、2日目と3日目が新冠泊、4日目が美瑛泊という日程で、静内二十間道路の桜並木をメインに、エゾヤマザクラを狙おうと思っています。

 午後3時前に新千歳空港空港に到着し、まずはスタンプラリーのスタンプブックを入手するためにウトナイ湖へ。

 スタンプブックを手にスタンプ台に行くも、ウトナイ湖のページがなかなか見つかりません(^-^;)

 そう、今年からスタンプブックの道の駅の並び順が全く変わってしまったのです。

 昨年までは、エリア別に道の駅番号順に並んでいましたので、ウトナイ湖なら道央の108番、丘のくらなら道北の97番、美幌峠ならオホーツクの76番というように、すぐに見つけることができたのですが、今年はスタンプラリー初心者に忖度したのか、エリアを関係なく50音順に掲載されるようになってしまいました。

 ウトナイ湖なら50音順でも容易に見つけられましたが、美幌峠のような場合、50音順だとスタンプ台の前に行列ができてしまうのではと懸念しています(ちなみに、美幌峠の正式名称は「ぐるっとパノラマ美幌峠」)。

 その後は、今宵の宿泊地へある室蘭まで一気に。

 地球岬は霧の真っ只中でした(^-^;)
P5010002@

 宿泊先にチェックインし、夕食は味の大王室蘭本店さんでカレーラーメン。
IMG_5916

 苫小牧の総本店よりもかなり辛かったので、額からの汗が止まりませんでしたが、コクがあってとても美味しく戴けました。

 夕食後は夜も更けてきたので、工場夜景を撮りに。

 しかし、懸念していたとおり、10連休のためかどこも工場はお休みのようで真っ暗。

 仕方なく、白鳥大橋のライトアップを撮ろうと祝津公園展望台に行くも、ガスっていて良く見えず。
P5010012@

 そこで白鳥大橋のすぐそばにある白鳥大橋展望台へ。
P5010047@


 室蘭市内の桜も開花したようなので、明日の朝、崎守町の一本桜の様子を見に行ってきます。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
     

みちのくひとり旅

 今回の旅は、カメラを持たずして青春18きっぷを片手に、ひとり東北へ。

 昨日は、列車に揺られること11時間、北上まで行き宿泊。

 そして今日は、北上を起点に三陸をまわり、仙台を目指します。

 まずは釜石線に乗るために、花巻へ。

 ここは、昨夜メジャーデビューを果たした菊池雄星選手、そして昨年メジャーデビューして二刀流で大活躍した大谷翔平選手の母校「花巻東高校」がある街です。

 花巻から快速はまゆり1号に乗って釜石を目指すところでしたが、強風により釜石線の遠野~釜石間が運転見合わせに。

 駅員さんに釜石までどうしたら行けるかと確認すると、代行バスについては遠野まで行って駅員さんに確認してくれということでしたので、はまゆり1号に乗って遠野へ。
IMG_5725

 この先どうなることかと思いましたが、車内放送で遠野~釜石間を代行バスが運転することになったとのアナウンスを流れ、ホッと一息。

 そして無事、釜石に到着。

 乗り換え時間があったので、新華園本店さんで釜石ラーメン。
IMG_5732

 昼食後は、三鉄の愛称で知られる三陸鉄道リアス線に乗ります。
IMG_5739

 あれから8年経ち、明日、全面開通します。
IMG_5737

 なので、今日は三鉄完全復興前の最終日ですね。

 吉浜湾
IMG_5752

 恋し浜
IMG_5770
IMG_5772

 そして終点の盛(大船渡)へ。

 盛からは、大船渡線BRTに乗り、気仙沼を目指します。

 BRTとは「バス高速輸送システム」のことで、大船渡線と気仙沼線は震災の後、迅速な復旧を目指して、線路を敷くのではなく、バス専用道路を整備するという選択を行い、現在に至っています。
IMG_5840

 盛を出てしばらくは、バス専用道路を走っていましたが、やがて一般道へ。

 陸前高田市に入ると、かさ上げ盛土工事が至る所で行われていました。
IMG_5799

 まだまだ復興道半ばですね。

 そして、テレビで何度も見たあの地へ。

 遺されたのは、伝えるため...

 奇跡の一本松
IMG_5826
IMG_5830

 奥に見えるのは、陸前高田ユースホステル。

 この陸前高田ユースホステルがあったおかげで、奇跡の一本松は津波から生き残ることができたとも言われています。

 そのような理由で、陸前高田ユースホステルは、奇跡の一本松と合わせて、震災遺構として遺されているらしいです。

 気仙中学校
IMG_5832
IMG_5834

 鉄筋コンクリート3階建の校舎は、津波で完全に水没。

 本来なら避難所としてあるべき学校を離れ、より高台へと避難するということが生き残る唯一の術である、そのことを伝えるために、この校舎は遺されているとのことです。

 このようなことは、決して忘れることなく、後世に伝えていかなくてはならないことですね。

 そして気仙沼に到着。
IMG_5837

 ここからは、気仙沼線BRTで前谷地へ。

 大船渡線・気仙沼線BRTはJR東日本なので、もちろん青春18きっぷで乗ることができます。

 青春18きっぷの旅ですが、今日はバスに乗っている時間が圧倒的に長かったです(^-^;)

 そして、夜7時頃に仙台に到着。

 当初は仙台名物牛タンを食す予定でしたが、三陸の状況を目の当たりにし、どうしても三陸を応援したくなったため、すし職人銀次郎さんへ。
IMG_5844
IMG_5845

 三陸を中心とした石巻直送の新鮮な旬魚を美味しく戴きました。

 

美瑛の丘をめぐる旅~2019冬編②~ 最終日

 最終日の朝。

 5時の気温は、何と0℃という暖かさ。

 東の空は雲に覆われ、山の稜線は全く見えませんでしたが、南の上空には月が見えていたので、朝活決行。

 半月と青い世界
P2251231@
P2251244@
P2251251@

 7時前、少し東の空が明るくなってきたので、日が射し込みそうな場所を目指します。

 淡い色の空に、一瞬の太陽が見えました。
P2251269@2
P2251298@

 そしてすぐに雲の中へ。
P2251305@

 宿に戻り、フォテージイン美瑛さんならではの朝食、バターロールパンと美瑛牛乳。
IMG_5644@
IMG_5646@

 バターロールパンは、美瑛選菓で毎日仕入れているもので、サクッとした食感と濃厚なバターの風味がクセになる逸品です。

 美瑛牛乳は「北海道プレミアム」という名の通り、とても美味しい牛乳で、あのルタオでは「美瑛ミルク」として販売されているようですよ。

 フォテージイン美瑛さんでは、丘のまち美瑛の宿泊施設ならではの、美味しい美瑛を味わうことができますよ。


 宿をチェックアウトし、再び丘へ。

 陽射しがほとんどなくなり、白い世界へ。
P2251323@

 いえ、別にキツネさんを撮ろうとしたわけではなく、真っ白な雪原を撮っていたら、偶然そこにキツネがいた訳で...(笑)
P2251332@

 タヌキらしき動物が道端にいたので、近づいて写真を撮ろうとしたら、何とアライグマ。
P2251345

 場所は、こんぺい草さんとnipekさんの間くらいで、金曜日にも見かけたので、この周辺に住み着いているのではないかと思います。

 春までに駆除しないと、周辺の畑に被害が出てしまうかもしれませんね。


 昼食は、すずらんさんでナポリタンとコーヒーのセット。
IMG_5658@
IMG_5659@

 ナポリタンは昔ながらの太麺で、懐かしい美味しさ。

 コーヒーカップには、店名であるとともに美瑛町の町花でもある「すずらん」が描かれています。

 ここは、温泉俳優・原田龍二さんのBS-TBS「路線バスの旅」に登場したお店で、テレビで見て以来、三代目の隠れファンになってしまいました(笑)


 次回は、桜の季節に戻ってくる予定です。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
    

美瑛の丘をめぐる旅~2019冬編②~ 3日目

 3日目の朝。

 キラキラの期待を胸に、4時半に起床。

 5時半に丘に出ると、山の稜線が綺麗に見えていましたので、予定していたポイントへ。

 明るくなるにつれて、山の後ろに薄い雲が見えてきましたので、まずは朝焼け狙い。

 見事に焼けてくれました。
P2240908@

 そして日の出へ。
P2240947@

 山の後ろの雲に遮られて、丘に強い光が届きません。

 日の出からしばらくたっても、ダイヤモンドダストやサンピラーを見ることはできませんでした。
P2240970@

 やはり、陽射しが弱かったのと、風が少し吹いていたためでしょうね。

 西の空は、綺麗な青空が広がっていました。
P2240987@
P2240996@

 8時近くになると、陽射しが強まってきたので、キラキラ探しへ。

 動画で微かに確認できる程度の、なけなしキラキラ。
P2241002@

 
 今日は、例の場所でも出なかったようですね。


 宿に戻り、朝食を摂って、再び丘へ。

 今日は山の日になりそうです。
P2241044@

 昼食は、bi.yell cafeさんで、スープカレー。
IMG_5633@

 午後に入っても、旭岳からトムラウシにかけて綺麗に見えていました。
P2241063@

 午後2時くらいになると、十勝岳連峰も写真映えするようになってきました。
P2241110@
P2241114@
P2241124@
P2241134@

 冬の丘めぐりのワンポイント。

 ここには公衆トイレがありますよ。
P2241149@

 午後3時を過ぎると、山に雲がかかるようになってきてしまいました。
P2241140@
P2241151@

 午後4時頃には、空全体に雲がかかってしまいましたので、夕陽はおあずけ。
P2241218@
P2241213

 
 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで塩ラーメン。
IMG_5641

 味噌を頂くことが多いですが、塩もメッチャ美味しいですよ(๑´ڡ`๑)

 
 いつもお世話になっているフォテージイン美瑛さんでは、今年もフォトコンテストが開催されます。
IMG_5639@
IMG_5640@

 詳しくは、こちらのブログをご参照の上、どしどしご応募下さいね‼


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
   

美瑛の丘をめぐる旅~2019冬編②~ 2日目

 2日目の朝。

 日の出前に丘に出ると、上空は開いていますが、山は雲の中。
P2230576@

 今日は、十勝岳連峰を背景にしたキラキラはないと思い、朝日狙いへ。

 雲間からの射し込みを期待して待ちましたが、空振りの様子。
P2230584@

 場所を大きく変えて、7時頃、ようやく光が射し込み始めました。
P2230590@

 青い世界
P2230608@
P2230613@
P2230617@

 結局、7時頃に‐12℃まで冷え込んだので、キラキラが出やすい場所では、恐らく出たのでしょうね。

 その後、宿(今回もフォテージイン美瑛さんです)に戻り、朝食を摂った後、再び丘へ。
P2230635@
P2230662@

 その後、徐々に雲が多くなってきました。

 昼食は、和風創作料理のなかむらさん
IMG_5598@
IMG_5602@
IMG_5605@

 このお店は、お勧めですよ‼

 アカゲラも来ていました。
IMG_5610@

 昼食後、丘に戻ると、残念ながら曇天。

 全日本スノーモービル選手権2019が、ウィズユー四季彩の丘特設コースで開催されていましたので、少し見てきました。
P2230724@

 動画も撮ってきました。


 雪も少し降ってきたので、ファーム富田さんのグリーンハウス(温室)へ。
P2230769@

 その後は、麓郷へ。

 グラス・フォレストin富良野
IMG_5621@

 富良野オルゴール堂
IMG_5622@

 「北の国から」のオルゴールを買ってきました。

 かなり日が傾いてきたので、丘に戻ります。

 春よ来いの木
P2230790@

 丘に到着すると、既に日没寸前。
P2230809@

 沈む夕陽のサンピラー
P2230820@

 山も綺麗なピンクに染まりましたが、ここに着いたときは既に紫色に。
P2230830@


 夕食は、ごまそば鶴喜さんで、野菜カレーそば。
IMG_5626@


 明日は、朝から晴れ予報。

 今日以上に、キラキラが期待できるかもしれませんが、大物狙いで決して当てにはいきませんよ(笑)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 

美瑛の丘をめぐる旅~2019冬編②~ 初日

 今シーズン2度目の美瑛。

 旭川空港に到着すると、いつもの冬とは違う空気感。

 レンタカーを借りて走り始めると、路面はまるで3月のような感じ。

 幹線道路はドライな路面ですが、交通量の少ない道は圧雪路が融けて、ガタガタ・ザクザクの道。

 最初は、いつもの如く、美瑛神社で旅の安全祈願。
IMG_5582@

 丘に出ると、天使の梯子が降り注いでいました。
P2220435@
P2220453@
P2220462@

 早春のような暖かさを感じる柔らかな陽射しが、丘に降り注ぎます。
P2220468@


 昼食は、じゅんぺいさんでトンカツ定食。
IMG_5585@

 日本人も少しはいましたが、まるでソウルの人混みの中。

 食事を終えて店を出ようとすると、店の出入り口は韓国人の黒山の人だかり(^-^;)

 駅方面に車を走らせていくと、韓国人らしき観光客が、続々とじゅんぺい方面に歩いて行くのが見えました。

 
 昼食を終えて外に出ると、陽射しがなくなってしまいましたので、陽射しを求めて南下。

 富良野まで来てしまったので、フラノマルシェでお買い物。
IMG_5587@

 午後2時をまわると、ようやく薄日が射し込んできました。
P2220482@

 優しい色の空
P2220489@
P2220514@
P2220534@

 日没前、雲の隙間から、綺麗な夕陽が見えてきました。
P2220551@
P2220564@

 5分後には、雲の中へと沈んでいってしまいました。
P2220572@


 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで、みそ野菜ラーメン。
IMG_5590@

 韓国人による冬の美瑛ブームは、果たしていつまで続くのでしょうね。


 明日と明後日は、一応晴れマークが付いていますが、気温は高め。

 キラキラのチャンスは、果たして到来するでしょうか?


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

道東をめぐる旅~2019冬編~ 最終日

 最終日の朝。

 6時に大津海岸に到着すると、海岸近くの駐車場は、既にほぼ満杯。

 海岸沿いもこのような感じで、大勢の方々が早朝から来られていました。
IMG_5560@

 私も、ジュエリーアイスの元となる氷を見つけてきては積み上げて、日の出を待ちます。

 そして、日の出へ。
P2170323@

 陽射しが強くなりはじめると、ジュエリーアイスが美しく輝き出します。
P2170379@
P2170398@
P2170410@

 別のジュエリーアイスでもう一枚。
P2170430@

 帰り間際に、振り返ってもう一枚。
P2170431@

 今回の旅の目的が達成できたので、ひとまずホッと一息。

 宿に戻って朝食を摂って、温泉で凍れた身体を暖めてきました。


 チェックアウト後、飛行機の時間までブラブラ。

 旧愛国駅に行ってみると、蒸気機関車にはブルーシートがかかっていました。
IMG_5562@
IMG_5561@


 昼食は、初のインディアンカレー。
IMG_5565@


 今週末は、また丘に戻ってきますよ!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2019冬編~ 2日目

 2日目の朝。

 4時半に起きて、空を見ると星が見えたので朝活決行。

 5時に宿を出発すると、外気温計は-15℃を指していました。

 大津海岸に到着。
P2160157@

 東南東から南にかけて、雲がかかっていましたが、微かに日の出が見えました。

 良く見ると、四角い太陽でした。
P2160163@

 波しぶきを浴びる太陽
P2160166@

 すると、陽射しは雲の中へと消えていってしまいました。
P2160189@

 海上からは、けあらしが立ち上がっていました。
P2160197@

 -15℃程度の気温は、冬の美瑛で慣れているつもりでいても、やはり海岸は風があるので、体感温度は-20℃以下に感じるほどの寒さでした。

 朝日に輝くジュエリーアイスは、明日の朝にリベンジしに来ます。


 宿に戻り、朝食を摂って、温泉でまったり。

 アメダスを見ると、9時半頃から陽射しが射し込むようになったようなので、午前中にもう一度行ってみました。
P2160230@
P2160260@

 日が射し込むと、まさしくジュエリーアイスですね。

 遅めの昼食は、帯広まで出て、ぱんちょうさんで元祖豚丼。
IMG_5549@

 7ヵ月ぶりに来ましたが、いつもの如く、とても混んでいました。


 帯広市街に来てビックリしたのが、道路の悪さ。

 十勝地方の幹線道路は、ほぼドライな路面で走りやすいのですが、帯広市街だけはデコボコ・ツルツルの別世界状態。

 きっと、道路脇に集められた除雪の山が、日中の陽射しで融けて道路に流れ出して、建物の日陰になると凍る。

 この繰り返しが、このような路面を作り出してしまったのでしょうね。


 昼食後は、旧幸福駅へ。
P2160285@


 今日は早めに宿に戻って、温泉に浸かり、明日の朝のリベンジに備えたいと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
         

道東をめぐる旅~2019冬編~ 初日

 今回は、冬の十勝の旅。

 今年こそは、ジュエリーアイスを見るために、この時期を選択。

 とかち帯広空港から、明日朝の下見を兼ねて、大津海岸へ直行。
P2150043@
P2150044@
P2150036@

 ホームページに掲載されていた今朝の状況では、もっと氷がたくさんあるように見えましたが、ほとんど氷がありませんでした。

 夕方だったためか、海水に流されてしまったのかもしれませんね。

 夜中に十勝川の氷がたくさん海岸に打ち上げられることを期待して、明日の朝にまた来ます。


 そして、夕陽ははるにれの木へ。

 到着すると、なんと観光バスが2台止まっており、残念ながらこの有様でした(^-^;)
P2150075@
P2150086@

 今宵の宿は、幕別温泉。
IMG_5530@

 ロビーには、1929年型A型フォード・カブリオレのレプリカが展示されています。

 早めに夕食を済ませ、十勝が丘公園で開催中の彩凛華へ。
P2150115@
P2150117@

 観光バスもたくさん来ており、かなりの賑わいでした。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
        

美瑛の丘をめぐる旅~2019冬編①~ 最終日

 最終日の朝。

 6時の気温は-5℃なので、アレは期待できず。

 6時半に出発するも、曇天の空。

 日の出時刻になると、雲に少し隙間がでてきたので、雪原が綺麗な場所で待機。

 雲間から朝日が射し込み、雪原を美しく染めてくれました。
P1280730@

 そして、天使の梯子が丘に輝きを与えてくれました。
P1280740@

 朝活を終え、フォテージイン美瑛に戻り、朝食を摂ってチェックアウト。

 丘に戻ると、雲間は消えてしまい、ヴェールのような半透明雲が、太陽の位置を示してくれていました。
P1280754@

 赤い屋根の小屋には、雪がたっぷり乗っていました。
P1280766@

 実は、赤い屋根の小屋には、冬でも雪が乗っていないことが結構あるのですよ。
P1120033@
 (2018年1月12日撮影) 

 もうひとつあった小屋は、昨年9月上旬の台風の影響で、悲しいことに倒壊してしまいました。

 空港に向かう前に、びえい「丘のくら」に行き、美瑛町写真映像協会の写真展示に癒されてきました。
IMG_5475@

 そして最後は、びえい豚テキディッシュ。
IMG_5478@


 次回は、2月下旬に戻ってくる予定です。

 目標は「十勝岳連峰を背景にしたサンピラーを撮る」こと。

 目標を現実のものにするため、美瑛神社で「丘の神様」にお参りしてから臨みたいと思います(笑)


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
       

美瑛の丘をめぐる旅~2019冬編①~ 3日日

 3日目の朝。

 5時の気温は-10.7℃。

 また天気予報に裏切られたような気温の高さでしたが、明け方にかけて、放射冷却で冷え込むことを期待して、朝活の準備。

 6時に出発した時の気温が-11.8℃。

 今シーズンは「十勝岳を背景にしたサンピラーを撮ること」を目標にしていましたので、まずは新栄の丘で状況確認。

 山の上空は抜けているものの、山には雲がかかっており、霧氷もいっさいない状態。

 この状況では、「十勝岳を背景にしたサンピラーを撮る」のは無理かもしれないと思ってしまい、気が付いたら、例の場所に来てしまっていました。


 案の定、日の出とともに放射冷却で急激に気温が下がり、出るには出ましたが、「十勝岳を背景にしたサンピラーを撮る」というチャレンジを避けて、安全パイを選択してしまった自分に、いささか後悔の念。
P1270392@

 フォテージに朝食を摂りに戻る途中、雲ひとつない青空のもと、十勝岳連峰が綺麗に見えている光景を見た瞬間、なぜチャレンジせずに安パイに逃げてしまったのか、その後悔の念がより一層強くなってきました。
 (もちろん、小さなサンピラーを撮れたこと自体は嬉しいのですが...)


 ここ最近、この橋の上の混在状況はかなり酷く、今日も日の出の時刻には、既に橋の両端からはみ出すほどの車が止まっていました。

 その上、この橋を通行する車が来ても、道路の真ん中からよけなかったり、撮影してる人の後ろに三脚置いて、道路にかなりはみ出して撮影するなど、とても公道で撮影しているとは思えないようなマナーの悪い人も見かけるようになってきました。

 この状況では、ここを生活道路として通行している人にとっては、迷惑以外の何物でもありませんよね。

 これ以上、迷惑を掛けないようにするためにも、そして安易に安パイに逃げないようにするためにも、もうここで撮影するのは止めようと思いました。


 今回の宿泊先である、フォテージイン美瑛さんでバターロールと美瑛牛乳を頂いた後、再び丘へ。
P1270507@

 2時間前に、ここで撮影していたら、たとえアレが出なかったとしても、後悔の念に駆られることは、きっとなかったのではないかと思いました。

 午前中は、旭岳もクッキリ。
P1270498@
P1270530@

 キタキツネの足跡と、真冬の青空
P1270518@

 お昼近くになっても、霧氷が残っている樹木がありました。
P1270544@

 午後に入ると、山に雲がかかってしまったため、一気にモチベーションが下がってしまいました。

 日没前、十勝岳連峰の一部に陽が射し込み、ピンクに染めました。
P1270627@


 夕食は、旭川ラーメン美瑛店さんで、豚丼。
IMG_5471@


 tenki.jpを今見たら、明日の朝に晴れマークが付きました。

 しかし、気温、湿度、風速とも今一つなので、過度の期待はせずに、朝活に臨もうと思います。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!
      
プロフィール

丘の旅人

『美瑛の丘をめぐる旅』 を中心に、北海道の旅行記や街めぐり&ドライブ日記を綴っています。


QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

北海道旅行 ブログランキングへ