昨年に続いて、冬の道東の旅。

今回の目的は、
 ① 幣舞橋の夕陽
 ② SL冬の湿原号
 ③ ダイヤモンドダスト in KAWAYU
 ④ 網走流氷観光砕氷船 おーろら
の4つ。

たんちょう釧路空港に到着後、まずは本場のザンギで腹ごしらえ。
IMG_7557@
IMG_7558@

ザンギは鶏の唐揚げとどう違うのか、なんてウンチクは決して述べません。道産子にとってザンギはザンギなのですから(笑)


食事中、中富良野小に通う兄弟がCOVID-19に感染したとのニュースが...

いったいどのような感染ルートなのでしょうか?

もう、いつ誰が感染しても不思議ではない状況になってきましたね。


その後は阿寒バスでフィッシャーマンズワーフMOOまで行き、幣舞橋に一番近い宿にチェックイン。

そして、今日のメインイベントへ。
P2210052@

 まだ日の入りまで30分くらいありますが、釧路川に反射する夕陽がとても綺麗です。

 その後、風が出てきて川面が波立ってきてしまいましたが、暫くするとサンピラーが出現。
P2210076@
P2210100@

 そしてクライマックスへ。
P2210119@
P2210135@
P2210146@

 やがて陽が沈み、夜の帳が静かに降りてきました。
P2210170@


 今宵の夕食は、宿近くの「港釧路の炉端焼き 虎や」さんへ
IMG_7561@
IMG_7562@
IMG_7563@

 メインは、柳葉魚、氷下魚、ホッケの半身の釧路港 丸ごと3点セット。

 内地の皆さん、柳葉魚、氷下魚は何て読むか分かりますよね?(笑)

 ちなみにマヨネーズが付いているのは、道産子が大好きなシシャモとコマイを美味しく戴くためですよ。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!