今回の美瑛の丘をめぐる旅~2014早春編~は、4月18日~21日の3泊4日。

 この時期に美瑛に訪れた主な目的は、
  1. 1年中で最も観光客が少ない(と思われる)時期であるため、ゆったり丘めぐりができること。
  2. 1年中で最も十勝岳連峰が綺麗に見える確率が高い(と思われる)時期であること。
  3. 昨年9月末に閉店し、今月下旬オープン予定の純平さんに食べに行くこと。
 の3つです。

 2の「十勝岳連峰が綺麗に見える確率が高い」というのは、過去の気象統計上、4月中旬は日照率が最も高い時期であるとともに、真白な雪山と雪融けにより大地や秋蒔き小麦が顔を出した丘とのコントラストが映えて、山の白さがより一層引き立つ時期でもあるからです(あくまで個人的な意見ですが)。

 ベアドゥとともに北の大地へ(羊蹄山も見えてますよ!)。
AIR-DO

 旭川空港に着くと、雪がちらついていました。

 美瑛神社で旅の交通安全と綺麗な十勝岳が見えることを祈願した後、四季の情報館で情報収集に。

 青い池はまだ駐車場の雪割りを行っていなく、来週雪割りを行い、26日(土)から入れるようにしたいとのこと。
 純平さんについては、4月下旬にオープン予定らしいが、お店からはいつオープンするとの連絡がまだ来ていないとのこと。

 といった情報が得られました。

 そこで早速、純平さんがいつオープンするかを確かめに現地に行くと、お店の入口に以下の貼り紙が。
純平1

 するとそこに、お店のご主人と思わしき方が車で帰宅されたので、お話をさせて頂いたところ、4月25日(金)にオープンすることがわかりました。

 お店の外観はこんな感じで、お店の前にVWビートルが展示されてました(写真は4月19日に撮影)。
純平2

 場所は本町4丁目。町立病院と消防署の間にあり、小林歯科さんの隣になります(駅から徒歩10分程度と思われます)。

 ということで、「純平さんに食べに行く」という目的の一つが、早くも崩れ去ってしまいました(^-^;)

 その後は早速、丘めぐりへ。

 美瑛の根雪終了の平均は4月9日ですが、今年は4月上旬にまとまった降雪があったため、本日(4月18日)時点ではまた4cmの積雪がありました。

 それに加え、10時過ぎまで小雪が舞う天気でしたので、哲学の木もこんな感じでした。
哲学の木

 丘の南西斜面は、日当たりの関係上、大地が表われ、秋蒔き小麦が元気に顔を出しているところが多かったですが、北東斜面はこのように雪が残っている場所が多かったです。

 この木は、「ブロッコリーの木」と呼ばれることになったらしいです(笑)
ブロッコリーの木

 昼食は、味枡さんでハンバーグカレー。
味枡

 昼食後も天候がハッキリしなかったので、青い池を偵察することに。

 青い池に着くと、駐車場入り口から中に向かって、ちょうど車一台通れる程度の除雪はされていましたが、駐車場の中は全くの手つかず状態でした。
 中に1台車が止まっていて、青い池方面に歩いていく数名の人が見えましたが、どうせ白い池を見てガッカリするんだろうなと思い、引き返してきました。

 せっかく白金まできたので、白ひげの滝へ。
白髭の滝

 やはり雪融け水の影響でしょうか、美瑛川に本来の青さはありませんでした。

 その後、丘に戻ると、陽が射してきました。

 三愛の丘より。
三愛の丘1
三愛の丘2

 イチャイチャの木(笑)。
イチャイチャの木

 この木はやはり、大地を真白に覆い隠してくれる真冬が一番絵になりますね。

 その後、日が傾くにつれて風が強くなり、体感温度は凍れるような寒さになってきました。

 クリスマスツリーの木と夕焼け。
クリスマスツリーの木

 新栄の丘より、日の入り直前の輝き。
新栄の丘の夕陽

 夕焼けの写真を撮っている最中、メッチャ凍れて身体の芯から冷えてしまったので、夕食はラーメンにすることに。

 こぐまグループの旭川ラーメン美瑛店さんで、旭川ラーメン(味噌)を戴きました。
旭川ラーメン美瑛店

 チャーシューと野菜がタップリでスープもとても美味しく、凍れきった身体も芯からポカポカになり、お腹ははち切れんばかりに満腹になりました。

 最後に、これは後で判明したことですが、翌日の積雪深が0cmだったので、この日が美瑛の根雪最終日となりました(あくまで、アメダスが設置されている美瑛町原野5線での話ですが)。


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!