今回は美瑛で大雪になる確率が高い日について分析してみたいと思います。

 前回のブログで、「雪日数」「大雪日数」という話をしましたが、今回はそれを1日単位で見るために、以下の確率を日毎に分析してみました。

【雪日率】
その日に1cm以上の降雪があった確率

【大雪日率】
その日に10cm以上の降雪があった確率

※ 2つとも当ブログで勝手につけた名称であり、一般的な気象用語ではありません。


 まずは 『大雪になる確率が高い日』という観点で、1983年10月11日~昨日までの降雪量に関するデータを収集・分析し、大雪日率が25%以上の日をピックアップしてみました。

月日 雪日率 大雪日率
11月 15日 46.7% 26.7%
30日 75.9% 27.6%
12月 5日 75.0% 25.0%
11日 89.3% 28.6%
12日 100.0% 28.6%
16日 93.1% 37.9%
17日 89.7% 34.5%
18日 96.6% 37.9%
23日 96.6% 27.6%
26日 96.6% 44.8%
30日 100.0% 27.6%
31日 93.1% 34.5%
1月 4日 89.7% 27.6%
10日 93.1% 27.6%
20日 96.6% 27.6%
2月 - - -
3月 11日 86.2% 31.0%

 圧倒的に12月中旬~下旬に大雪日率の高い日が集中していますね。
 統計上、最も大雪になる確率の高い日は12月26日で、過去29年間のうち13回で1日10cm以上の降雪があったことになります。現時点での週間予報では、12月26日は吹雪の予報となっておりますので、やはり注意が必要な日と言えそうですね。

 次に『雪が降る確率が高い日』という観点で、雪日率が100%の日、つまり過去30年に近い統計の中で雪が降らなかったことがない日をピックアップしてみました。

月日 雪日率 大雪日率
12月 12日 100.0% 28.6%
14日 100.0% 20.7%
19日 100.0% 24.1%
22日 100.0% 10.3%
30日 100.0% 27.6%
1月 1日 100.0% 20.7%
13日 100.0% 17.2%
15日 100.0% 17.2%
26日 100.0% 6.9%
2月 5日 100.0% 6.9%
7日 100.0% 17.2%
10日 100.0% 13.8%
12日 100.0% 17.2%
14日 100.0% 6.9%
3月 26日 100.0% 0.0%

 こちらの方は、12月~2月にかけて、ほぼ均等に分布していることがわかりますね。
 以上のことから、前回も申し上げたように、冬期間はほぼ毎日降雪がありますが、大雪となる確率は12月中旬~下旬が最も高いということがわかります。

 最後に、『大雪になる確率が低い日』として、12月~3月の間で大雪日率が10%未満の日をピックアップしてみました。

月日 雪日率 大雪日率
12月 28日 79.3 6.9%
1月 12日 96.6% 6.9%
19日 96.6% 3.4%
26日 100.0% 6.9%
2月 5日 100.0% 6.9%
14日 100.0% 6.9%
21日 93.1% 6.9%
28日 82.8% 6.9%
29日 87.5% 0.0%
3月 5日 93.1% 3.4%
9日 86.2% 6.9%
14日 89.7% 6.9%
20日 82.8% 6.9%
21日 86.2% 3.4%
23日 86.2% 3.4%
24日 82.8% 6.9%
26日 100.0% 0.0%
28日 72.4% 0.0%
29日 79.3% 6.9%
30日 86.2% 6.9%

 大雪になる確率の低い日は、やはり12月が一番少なく、月を経過するごとに徐々に増えていく傾向が見事に出ていますね。
 冬の丘に行く時、できれば大雪や吹雪の日に出会いたくないという方は、是非参考にしてみは如何でしょうか?

クリスマスツリーの木3



↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!