最終日の予報は晴のち曇

 午前4時のアメダスの気温を確認すると、氷点下24.1℃。

 期待に胸を膨らませて、丘に出陣です。

 夜明け前のブルーモーメント
P2270525@

 十勝岳連峰のシルエットがハッキリ見えます。

 この時、ちょうど今日の最低気温、氷点下25.7℃でした。

 夜明け前の静寂な時間
P2270532@

 そして、あの場所へ。

 まわりの樹木を見ると、霧氷の付きが今一つで、どうやら湿度不足の感じ。

 氷点下25℃で快晴、無風と他の条件が整ってたので、どこまで大きくなるでしょうか。

 理論上の日の出は6時11分でしたが、ここに陽が射し込みキラキラ輝きだしたのは、6時50分頃からでした。
 
P2270545@
P2270555@
P2270625a

 結局、湿度が不足していたようで、大きなサンピラーにはなりませんでしたが、キラキラと美しく輝くダイヤモンドダストを見ることができました。

 実は、我が愛機の「OM-D EM-1」

 先月に美瑛に来た時から、寒さでシャッターが閉じたままになる症状に悩まされており、昨日までは比較的暖かかったので問題なかったのですが、今朝この場で症状が頻発してしまいました(>_<)

 シャッターを押す⇒シャッターが閉じたままになる⇒ボディの底をトントンと叩く⇒シャッターが開く

 この操作を数十回繰り返しながらの撮影でしたので、残念ながら満足に撮影することができませんでした(^-^;)

 その後は、冬晴れの朝の丘めぐり
P2270697@
P2270704@
P2270710@

 宿に戻り、速攻で朝食を摂ってチェックアウト。

 再び丘に戻り、最後のひとときを楽しみます。

 芦別岳も良く見えます。
P2270736@

 何の足跡だろう?
P2270750@

 そして今回の最後はメルヘンの丘
P2270815@
P2270823@

 次回は、桜の季節にまた丘に戻ってきます!


↓↓ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けると嬉しいです!